BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

秋冬短期連載★「帰ってきた!DENHAM(デンハム)の裏番長」第1回コンバース別注編

今年で10周年を迎えたオランダ・アムステルダム発の「デンハム」。そのアイコンは、何と言ってもデニムパンツ。素材から製法、デザインの細部にまでこだわった1本はファッションフリークならもう周知のことでしょう。
そんなデンハムの魅力を、「2nd 」ではちょっとだけ視点を変えて……。“デニムパンツだけじゃないデンハムの裏定番”を紹介する本連載。

春夏シーズンにも行った全3回の短期連載でしたが、ご好評をいただき秋冬も継続が決定!そんな仕切り直しの1回目は、なんとコンバースとの別注企画。アニーバーサリーに華を添える1足が生まれた、その経緯を両ブランドの企画担当に伺いました。

(左から)デンハム・ジャパン 商品企画室/石井拓史さん、デンハム・ジャパン 商品企画室/小川浩希さん、コンバース 企画部/志村友秀さん

まずは今回、このコラボレーションが実現した経緯を教えてください。

小川さん:今年でデンハムは10周年になるのですが、そのタイミングで何か話題性のあるアイテムを作りたいと考えていました。実は、本社やショップを含めて、デンハムスタッフのオールスター着用率はすごく高んです。

石井さん:店頭のマネキンにも履かせてますしね(笑)。それだけ僕らにとって欠かせないアイテムなので、いつかはコラボしたいと思っていました。その熱意を感じてか、コンバースさんには快くこのコラボを受けていただけました。

昨年、オールスターの100周年を記念してアップデートがされた[オールスター 100 ハイ]がベース。「クッション性が格段に向上した“REACT”と呼ばれる、インソールにもしっかりブランドロゴをプリントしてもらっています」(小川さん)

実際にはどういったポイントに別注をしたのですか?

小川さん:まずベースとして考えたのが1950年代のモデルです。この時代のものは経年変化によりトゥのラバー部分に光沢が出てくるのが特徴で、その風合いを初めから味わえるように、ツヤ出し加工をお願いしました。

石井さん:実際ツヤなしの試作品もあったんですが、だいぶ印象は異なりましたね。

小川さん:あとはシューレースも細めのコットン素材を採用したり、タン裏にはプレイヤーズネームを入れるなど、よりヴィンテージ感を強調させてます。

志村さん:ヒールパッチも赤に変更して、昔のチャックテイラーを意識。どちらも定番にはない仕様ですね。

ヒールパッチや履き口に施されたプルタブなど、随所にレッドがデザインとして効いている。

そして、何より目を引くのがサイドに走るジッパーだと思うのですが。

小川さん:そうですね。この企画を進める上で、社内で各々のコンバース談義をしたのですが、皆が唯一ネックと感じていたのが脱ぎ履きの大変さでした。

石井さん:座敷のある居酒屋に行くと、大体渋滞が起きるんですよね(笑)。

小川さん:そんな問題を解消してくれたこのディテールには、愛用してるからこそのリアルなこだわりが表れてると思います。

着脱を楽にしたサイドジッパーは、オールスターLOVERの多いデンハムならではのこだわりポイント。

確かに、居酒屋での渋滞はオールスター好きにとって、“あるある”みたいな光景ですよね(笑)。さらにデンハムを象徴するシザースロゴが印象的です。

志村さん: ラインテープにロゴを入れることは定番や過去のコラボアイテムを見返しても、ほぼ前例がないと思います。しかも、ハサミのロゴ部分だけラインが切れているというのも、デンハムさんらしいウィットに富んだデザインで新鮮でした。

ブランドを象徴するハサミロゴがこんなところにも。デニムの裾からチラリと覗く、ニクいデザイン!

誰もが知るマスターピースに、これだけ手を加えるというのもかなり異例なことなのでは無いですか?

志村さん: 確かに、他の別注と比較してもかなり手を加えた一足だと思います。デンハムさんのオーダーもかなりハードルが高く、苦労も多かったのですが……。最終的にとても完成度の高いオールスターに仕上がりました。コンバース社内での評判も上々でしたね!

石井さん: 本当にコンバース様様です! お陰様で細部まで妥協せずに作り込むことができました。シューズに刻んだブランドスローガン“THE TRUTH IS IN THE DETAILS(ディテールに見出される真実)”をしっかり体現できたと思います!

小川さん:すでにスタッフの間でもかなり話題になってます(笑)。もちろん僕らだけでなく、より多くのデニムLOVERに履いてほしいですね。

ヒールに刻まれたブランドスローガンに今回の自信が伺える

ALL STAR 100 HI / DH

ITEM: ALL STAR 100 HI / DH
PRICE: ¥16,200 円
COLOR: WHITE
SIZE: 22.5〜28.0、29.0、30.0cm (3.5〜9.5、10.5、11.5inch)

【問い合わせ】
デンハム・ジャパン
☎03-3496-1086
www.denhamjapan.jp/

▼第2回はこちらの記事をチェック!

秋冬短期連載★「帰ってきた!DENHAMの(デンハム)の裏番長」第2回はバブアー別注編

秋冬短期連載★「帰ってきた!DENHAMの(デンハム)の裏番長」第2回はバブアー別注編

SPONSORED

SHARE

PROFILE

不気味くん

2nd(セカンド) / 編集者

不気味くん

仕事で毎日のように服と接してるのに、休日も古着探しに出かけるそう。他にすることないんかい(笑) ウディ・アレンに憧れダボダボヨレヨレの古着コーディネイトを貫いた結果、付いたあだ名は不気味くん

不気味くんの記事一覧

仕事で毎日のように服と接してるのに、休日も古着探しに出かけるそう。他にすることないんかい(笑) ウディ・アレンに憧れダボダボヨレヨレの古着コーディネイトを貫いた結果、付いたあだ名は不気味くん

不気味くんの記事一覧

No more pages to load