BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

春夏短期連載★「DENHAM(デンハム)の裏番長」第1回ジャケット編

今年で10周年を迎えたオランダ・アムステルダム発の「デンハム」。そのアイコンは、何と言ってもデニムパンツ。素材から製法、デザインの細部にまでこだわった1本はファッションフリークならもう周知のことでしょう。
そんなデンハムの魅力を、「2nd 」はちょっとだけ視点を変えて……。“デニムパンツだけじゃないデンハムの裏定番”を3ヶ月に渡ってご紹介。第1回目は、春夏にも活躍する3者3様のジャケットにフォーカスします。

1.REGIMENT JACKET SSC

 

ミリタリー好きにはお馴染みの「M-65ジャケット」からインスパイアされた1着。ストレッチの効いたイタリア製の素材を使用し、程よくシェイプされたモダンシルエット。ライナー生地の肌触りも良く、極上の着心地を約束します。

そして、今シーズン幾つかのアイテムで登場しているこの柄は、伝統的なカモフラージュ柄と日本のヴィンテージ着物の柄“カタガミ”からインスピレーションを受けたオリジナルパターン。“カモガミ”と名付けられた柄です。

Item:REGIMENT JACKET SSC
Color: Khaki Camo
Price: 49,680

2.CONVOY JACKET CD

今季イチ押しのデニムジャケットが、この新作[CONVOY JACKET]。ヴィンテージからインスパイアされたディテールがふんだんに盛り込まれており、ミニマルながらアクセントのある仕上がりです。右胸に施された内ポケットのステッチがなんともニクいデザインで1枚で羽織ってもサマになるデニムジャケットです。

素材は肌触りの滑らかなイタリア・カンディアーニ社のストレッチデニム。ヴィンテージウォッシュの淡いインディゴトーンは、これから夏の時期に向けてにぴったり合うような⾊落ち。これまでデンハムが定番でリリースしていたデニムジャケットと違い、肩周りがゆったりし、少しテーパードのきいた袖になっています。これは日本の着物のシルエットからインスパイアされ、仕上がった新しい形です。

Item:CONVOY JACKET CD
Color: indigo
Price: 42,120

3.BALLASTIC TYPE G BLAZER CPR

そして今回、最後にご紹介するジャケットがこちら。コットンジャージー素材を採用したリラックス感のあるテーラードジャケットです。比較的タイトなシルエットながら、裏地のない1枚仕立てで、ノンストレスな着⼼地。春から初夏にかけてのカジュアルスタイルに取り入れやすく、タイドアップしても硬くなり過ぎないトラッドスタイルに仕上がります。

このジャージー素材のテーラードはデンハムでは定番人気。ですが、毎シーズンわずかに形を変えて進化させています。今季はすべてをワンカラーに統一させて、背中の裾にはデンハムのアイコンであるシザーのピスネームが施されています。

Item:BALLASTIC TYPE G BLAZER CPR
Color: Dark Navy
Price: 38,880

【問い合わせ】
デンハム・ジャパン
TEL03-3496-1086
www.denhamjapan.jp/
facebook:@DENHAM.JAPAN
Instagram:@denham_japan_by_aki_negishi
YouTube:DENHAM the Jeanmaker

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

▼第2回目はこちらの記事をチェック!

春夏短期連載★「DENHAMの(デンハム)の裏番長」第2回シャツ編

春夏短期連載★「DENHAMの(デンハム)の裏番長」第2回シャツ編

SPONSORED

SHARE

PROFILE

不気味くん

2nd(セカンド) / 編集者

不気味くん

仕事で毎日のように服と接してるのに、休日も古着探しに出かけるそう。他にすることないんかい(笑) ウディ・アレンに憧れダボダボヨレヨレの古着コーディネイトを貫いた結果、付いたあだ名は不気味くん

不気味くんの記事一覧

仕事で毎日のように服と接してるのに、休日も古着探しに出かけるそう。他にすることないんかい(笑) ウディ・アレンに憧れダボダボヨレヨレの古着コーディネイトを貫いた結果、付いたあだ名は不気味くん

不気味くんの記事一覧

No more pages to load