部屋に足せば一気にオシャレ空間に!【ズボラでも育てやすい植物ベスト5】

セレクトショップなど雰囲気のある空間には必ず置かれているのが、ビジュアルが際立った観葉植物。自宅のインテリアに取り入れたいけれど、手がかかるプラントは現実的じゃない。そこで誰でも育てやすい植物5種類を、植物を駆使した空間ディレクションやプロデュースでも活躍するスタイリスト、石田有佑さんに教えてもらった。

雰囲気作りにひと役買う スタイリッシュなアロエ

縮1

アロエ・シリアス

「誰でも知っている観葉植物であり、万能薬としても知られるアロエ。中でも『アロエ・シリアス』は、ちょっと変わった形が面白くてオススメです。笹の葉のような細長い葉の形は、いつもの部屋をモダンな印象に変えてくれます」

[お手入れの方法]
窓辺など、日当たりと風通しのよい場所に置けば問題なく育つ。水やりは土が乾燥したらあげればOK。水やりが少なくてすむので、植物を枯らした経験のある人も安心!

個性的なビジュアルとお手入れの楽さで人気

2_1

チランジア

「原生地では樹木の幹や岩などに着生して生育している『チランジア』(エアープランツと呼ばれることも)。空気中の水分を吸い育つので、水やりの心配があまり無いのも人気の理由です。花瓶との組み合わせも楽しめます」

[お手入れの方法]
水分が貯まった状態だと腐るので、サンゴ石や軽石などをいれて瓶の中にある程度水分が保たれるままにしておく。乾燥と水分を極端に好むので、水やり後はしっかり乾燥させる。

見た目に反して、育てやすいのが嬉しい

縮3

トラフアナナス

「幅のある細長い葉に虎縞のような斑が入ったパイナップル科の『トラフアナナス』は、男性人気が高い植物のひとつに挙げられます。葉が放射線状に広がっているので部屋のアクセントとして置くのもイイですし、初心者でも育てやすい種類なんです」

[お手入れの方法]
葉が重なっている筒の中にも水をあげよう。この部分がタンクのようになっているため、水をあげるタイミングもわかりやすく、日光もそこまで必要としない。

盆栽のように自分好みの形に変えていける

4_1

ソフォラミクロフィラ・リトルベイビー

「マメ科の1種で、3mmほどの小さい葉と細長い小枝が可愛らしい印象。小枝を切ると真横に伸びていくので、自分の理想とするフォルムに育てることができるのが最大の特徴。安くて手軽にできる盆栽と思ってチャレンジしてみましょう」

[お手入れの方法]
日光が入らない暗い部屋に置いておくと、葉を落として枯れてしまうので注意。枯れたら水をたくさんあげること。耐寒性に優れていて、寒さには強し。

成長の度に根上がりしていく姿がクール

5_1

セローム

「成長する度に根上がりしていくビジュアルがカッコいい『セローム』。いつもの見慣れた部屋もセンスのいいショップのような雰囲気に変えてくれる力を持ちます。見た目に反して買いやすい値段と、枯らしにくいのでモノグサでも問題ありません」

[お手入れの方法]
光が必要な植物なので、窓の近くに置いてあげること。逆に冬は寒くなるので、夜は窓から離してあげて。冬は地面も寒くなるので、棚などの床ではない場所に置くのがベスト!

 

自分はズボラだから……と、これまでグリーンを置くのをあきらめていた人も、まだ早い。無理なくグリーンライフをスタートして、心地よくって自慢したくなるマイルームを手に入れよう!

教えてくれたのは……
○石田有佑さん
洋服のスタイリングだけでなく、
祐天寺の「SEIN」をはじめとする
植物を駆使した空間ディレクションや
プロデュースでも活躍中のスタイリスト。
代表をつとめるUI PRODUCTでは、
自身が仕入れた植物を販売している。
http://uiproduct.com

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

No more pages to load