一度で二度オイシイ。進化する『2WAYバッグ』がこんなに便利

スタイリングによって持ち方を変える。その日の行動パターンに合わせてトランスフォームさせてみる。ひとつの様式だけで終わることのない2WAYバッグの傑作をピックアップ。今やクラッチバッグだって、『手ブラ』仕様の2WAYに進化してるんです!

いまどきクラッチは、『手ブラ』で持つ

春の着こなしを軽妙洒脱に演出してくれるのが、レザー素材のクラッチバッグ。クラッチバッグとは、肩紐の付いていない小型のハンドバッグのことだが、いまどきのモデルは違うんです! 脱着式のショルダーストラップが付いているので、手持ちから肩掛けのスタイルにスイッチできる2WAY仕様。これならより軽やかに手ブラで動けること間違いなし!
01-アニアリのメッセンジャー
▲『クラッチ』⇔『ショルダー』の2WAY。
背面にもポケットを設けたり、クロシェットが付属していたりと使い勝手抜群。(メッセンジャー/アニアリ)

やっぱり気になる、トートバックの新定番

最も人気を集めているのが、定番カバンの2大勢力であるトートバックとバックパックがひとつになったタイプ。気負わずデイリーに使えるバッグの新定番として、一つは持っておきたいアイテムだ。
02マスターピースのトート
▲『トートバッグ』⇔『バックパック』の2WAY。
トートバックとして使用する場面では、ショルダーストラップが邪魔にならないように留めておくことができる。(No.02452/マスターピース)

『手持ち』でも『肩掛け』でも決まるナイロンブリーフ

決してお堅く見せたいわけではない、ちょっと上品にアピールしたい。そんなジャケパンルックの日は、ナイロンブリーフを手持ちする。休日をアクティブに楽しみたい時は、肩に掛けてスマートなメッセンジャースタイルで。装いに合わせて2WAYで使いこなすのが賢い大人の在り方なのだ。

main03
04 使用画像01マンハッタンポーテージ
▲『ブリーフケース』⇔『メッセンジャーバッグ』の2WAY。
アクティブ顔も上品顔もこなす黒がおしゃれ!ブリーフケースとして手持ちする際は、ショルダーストラップを本体背面に収納。PCスリーブも完備している。(ディエス メッセンジャー ブリーフケース/マンハッタン ポーテ―ジ ブラック レーベル)

ダッフルこそ『背負える』タイプで快適に

容量がたっぷりめのダッフルバッグは、街での普段使いから旅行まで対応してくれる万能プレーヤー。でも、荷物が多めになるとハンドルを握る手がシビレてくるのは当然。そこで、ウレシイのが、ショルダーストラップを装備していて背負えるタイプ。
05

▲『ダッフルバッグ』⇔『バックパック』の2WAY。
スイスのローザンヌでデザインされ、南米コロンビアのボコタで生産するブランド。15インチのラップトップが収まるルームを内部に設置。両サイドのメッシュポケットとウェビングテープも便利。(ブロック/クラフテッドグッズ)

『キャスター付き』で大荷物でもラクに持ち運ぶ

バックパックなのに、トロリーバッグとしても使えるから、どんなに重い荷物だって大丈夫。独自のスペックの変形モノだって、その利便性から一度使ったらもう手放せなくなることウケアイだ!
06
▲『バックパック』⇔『トロリーバッグ』の2WAY。
キャスター付きラゲージとして使えて、バックパックにもなる。背負う際にキャスターが背中に当たって服を汚さないように、フラップを引き出してカバーすることが可能。(「ピーターソン」ウィールド・バックパック/トゥミ)

いま最も注目度の高い2WAY仕様のバッグ。どれも機能的で、使い勝手のいいものばかり。暖かい日も多くなり春めいてきた今日この頃、そろそろ服装に合わせてバッグも衣替えしてみては? その利便性が日常をアップデートすることは間違いない。

(I)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

2nd(セカンド) TOPへ

No more pages to load