BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

初夏のおしゃれスナップ!「旧くて新しいセンタークリース」がおすすめ!

いよいよ夏の到来! 夏のお洒落は最小限のアイテムでどう組み合わせていくかが実はいちばん問われるもの。そこで、業界のおしゃれマスターによるコーデ見本をご紹介。今回は、中央に折り目の入った『センタークリース』。復権してにわかに注目されているこのパンツをいかにうまく取り入れるか。元々、スーツやドレスパンツに用いるディテールのため、カジュアル服とのアンバランス感を上手くモノにしたいものだ。

1.マリンをテーマにさわやかさと上品さを演出。|エディフィス/プレス|高津戸真吾さん

01

センタークリースの入った細身のスラックスと、さわやかな色のオープンカラーを合わせた、キレイめで夏らしいスタイリング。「色を拾うとカジュアル感が出すぎてしまうので、あえてネイビーで締め、品の良さを出しました」

01寄り

  • アウター/ポータークラシック
  • パンツ/ヒロシツボウチ × エディフィス
  • シューズ/エディフィス
  • アクセサリー/フランクリンテーラード(ハット)、アイバン(サングラス)

2.パンツ選びと色使いで旬のユルさも大人顔に。|ストラト/スタッフ|大西恒志さん

02

シックなパンツにゆったりしたトップスを合わせ、上質なリラックススタイルをイメージ。肩掛けしたニットは暑苦しくならないペールカラーを選んだ。「カジュアルですが、色使いとプリーツパンツで品よくまとめてみました」

02寄り

  • アウター/オーラリー
  • インナー/オーラリー
  • パンツ/ア ボンタージ
  • シューズ/ユッタニューマン
  • アクセサリー/オオニシカ(ビーニー)、Vintage(バングル)

3.トップスで遊んでも威厳を損なわない美シルエット。|聖林公司/プレス|神成竜太さん

03

パジャマ風の独特なジャケットやダブル仕立ての小紋柄シャツと、よく見ればかなり上級な組み合わせのトップス。「異彩を放つアイテムで個性を表現していますが、その分、端正なルックスのタキシードパンツでバランスを取っています」

03寄り

  • アウター/サンフランシスコ
  • インナー/サンフランシスコ
  • パンツ/ニールアリーン
  • シューズ/ウッディ

4.パンツを中心にトレンドもきっちり取り入れる。|セプティス/ウェブデザイナー|大津寿成さん

04

正面から見たカタチがきれいなセンタークリースに、トレンドのビッグシルエットのTシャツを合わせている。「土臭いイメージの色のパンツを、あえて上品に着こなしました。レザーサンダルを合わせたのもポイント」

04寄り

  • アウター/グラソン × セプティス
  • パンツ/バーンストーマー
  • シューズ/フラテッリ ジャコメッティ
  • アクセサリー/アイバン(メガネ)、トムホーク(バングル、リング)、サンシャインリーブス(リング)、エルメス(リグ)、シーマ(時計)、バロンズハンター(ベルト)、ペデメイア(ソックス)

夏のコーデのポイントは「さわやかさ」。トップスのサイズ感や小物使いなどでトレンド感をプラスし、そこに色使いなどを加味して全体をさわやかにまとめる。ちょとしたアイデアこそがおしゃれ達者たちが実践しているワザなのだ。

出典

SHARE

PROFILE

2nd 編集部

2nd 編集部

もっと休日服を楽しみたい! そんなコンセプトをもとに身近でリアルなオトナのファッションを提案しています。トラッド、アイビー、アメカジ、ミリタリー、古着にアウトドア、カジュアルスタイルの楽しみ方をウンチクたっぷりにお届けします。

2nd 編集部の記事一覧

もっと休日服を楽しみたい! そんなコンセプトをもとに身近でリアルなオトナのファッションを提案しています。トラッド、アイビー、アメカジ、ミリタリー、古着にアウトドア、カジュアルスタイルの楽しみ方をウンチクたっぷりにお届けします。

2nd 編集部の記事一覧

No more pages to load