おしゃれな人ほど古着を活用! いま買いたい『ダウンベスト』に『カウチンニット』

コレクションではなく、日常着として楽しむ古着

ちょっと昔のヴィンテージデニムブームとは違うぐあいで、今やおしゃれな人ほど古着を活用し始めている。古着ならではのアジやヤレ感が服を着こなしている上級者に見えたり、お目当てのアイテムがリーズナブルに手に入ったりと、日常着としての古着(=レギュラー古着)はイイコト尽くめ。この秋冬はお得におしゃれに古着スタイル、楽しみませんか?

装いにヘビーデューティをプラス【ダウンベスト】

まずはアウトドア古着の定番のひとつ、ダウンベスト。古着で購入する最大の魅力はやはりプライス。新品よりは大幅なロープライスで購入することができるはずだ。なかでも狙い目は、いままた新鮮に映るヘビーデューティな1970年代~’80年代のアウトドアブランド。ザ・ノース・フェイスの通称「茶タグ」やウールリッチのウエスタンスタイルなどが、その代表例。またマテリアルでいえば、高機能ファブリックが登場する以前のいわゆるロクヨンクロス(コットン60%×ナイロン40%の混紡生地)を採用したモデルが多数。ダウンの量をはじめとするコンディションに差があるので、なるべく良好なものを選びたい。

イケてるレギュラー古着『ダウンベスト』3選

ダウン01紺色 1
【1】
ダウンアイテムも得意とした「ウールリッチ」。ヨーク切り替えとパールドットスナップボタンがウエスタンスタイル。7452円(CA./03-3313-1710)

ダウン02赤
【2】
コロラドはボルダーのブランド「アルトラ」の’80s。ボルドー寄りのレッドカラーが上品。4212円(デザートスノー 下北沢/03-5790-9601)

ダウン03モデル着用
【3】
ザ・ノース・フェイスの「茶タグ」が付く’80s初期頃のダウンベスト。リップストップナイロン地に羽毛がまだ十分に詰まる良好コンディション。1万2700円(ロコ/03-5708-5398)

ユニークなモチーフが特徴【カウチンニット】

続いては「カウチンニット」。カナダのカウチン族が作ったセーターが発祥だが、いま買うべきは、そこから派生して作られた1950年代~’60年代のアメリカ製ハンドメイド品だ。この頃のモデルの特徴はユニークなモチーフ。鷲や杉といった伝統的な柄を多用していたカウチン族とは異なり、ボーリングやスポーツカーなど旧き良きアメリカを象徴するデザインが多い。ゆえに昨今のトレンドでもあるスカジャンともリンクする。’90年代の古着ブーム時に一世風靡したが、以来大きな人気を集めることはなかったため、当時と比べるとかなり安価で手にいれることができる。

イケてるレギュラー古着『カウチンニット』3選

クルマ04
【1】
V型に色を切り替えるデザインは’50sから’60sに掛けてスポーツウエアによく取り入れられた。1万3824円(ピグスティ 渋谷神宮前店/03-6427-3392)

ゴルフ05
【2】
意外と多いゴルフモチーフ。他にも野球やフットボールなど様々なスポーツがカウチンの柄となっている。1万3932円(CA./03-3313-1710)

モデル着用06
【3】
ベージュとブラウンの杢をベースに幾何学柄がさり気なく入る。同系色の大人しいデザインがB.D.シャツにも合わせ易い。7020円(サントラップ/03-5378-3260)

いかがでしたか? 90年代のレギュラー古着やいち早く手を出したいリバイバルなどを筆頭に、まだまだ良質な古着がロープライスで手に入るから、本当にお得。今年は日常着としての古着を取り入れて、人とはちょっと違ったこなれファッションでまとめてみては?

(出典:『2nd(セカンド)2017年10月号 Vol.127』)

(S)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

2nd(セカンド) TOPへ

No more pages to load