コードバンシューズの磨き方【ラコタハウス直伝!】 

日々のメンテナンス次第で極上の光沢と唯一無二のエイジングを手に入れられるコードバン。オールデン製品を取りそろえるだけでなく、リペアサービスも行っている「ラコタハウス」の熟練シューフィッターに、その手入れ方法とコツを聞いてみよう。

まずは道具を用意しよう

2nd_2018070413
ブラシは馬毛とナイロン製のダストブラシ、2種を用意。クリームやワックス、撥水スプレーなどはなるべくオールデン純正のものを選ぶことをオススメする。

1 ダストブラシで大きな汚れやホコリを取る

2nd_2018070412
まずは細かい箇所まで手が届くように靴紐を抜き、柔らかいナイロン製のダストブラシで大きな汚れやホコリを除去。ウェルト部分は特に汚れがたまりやすいので念入りにブラッシングする。

2 レザーローションでこびりついた汚れや古いクリームを取る

2nd_2018070411
表面が綺麗になったらレザーローションで古いクリームなどを落とす作業。ラコタハウスはサフィール「レザーバームローション」を使用している。布に少量とり円を描くように薄くのばす。

3 「ファインブーツクリーム」で栄養を与える

2nd_2018070410
2nd_2018070406
今回使用した靴は#8と呼ばれるバーガンディカラー。オールデン「ファインブーツクリーム」にはそれ専用の色が用意されている。こちらも布に少々取り薄くのばしていく。クリームを塗ったら馬毛ブラシで軽くならすのもポイント。

4 「ファインペーストワックス」で艶を出す

2nd_2018070409
2nd_2018070405
ここまででも十分に光沢が出るが、さらに上質な輝きを与えるためオールデン「ファインペーストワックス」を3)と同じ要領で使用。くれぐれも厚く塗りすぎないよう気をつけること。綺麗な布に水を少量染み込ませワックスをのばすのもコツのひとつ。

5 「レザーディフェンダー」で撥水性、防汚性をプラス

2nd_2018070408
2nd_2018070414
仕上げにオールデンが開発したコードバンにも使える撥水スプレーを布に取り薄くのばす。これにより表面に膜が張られて防汚効果も。この工程を2、3度繰り返すとよりコーティング力が増すのでお試しあれ。スプレーは軽く振ってから使用すること。

これがプロの磨きにより仕上げられたピカピカのコードバンシューズ。1日履いた靴は想像以上に負荷がかかり、傷みが生じており、日々のメンテナンスは必須。お手入れの目安は3~4回着用ごと。コツをいくつか押さえれば、誰でも立派なシューシャイナーになれる!

(出典:『2nd(セカンド)2018年8月号 Vol.137』)

(ライター:河西みのり)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

2nd(セカンド) TOPへ

No more pages to load