いままたアメトラが熱い! 若きトラッドマン6人の“いまどき”ブレザーコーデに注目

アメリカントラッドやアイビースタイルに欠かせないブレザーを、いままた街中でも見かけるようになった。

今回は、20代にしてアメリカントラッドをこよなく愛する将来有望な6人に注目。伝統のブレザースタイルから、“いまどきトラッド”といえる新鮮なエッセンスを垣間見る。

早熟らしい肩の力が抜けたブレザーのカジュアル使い

2018080118
フリークス ストアのメンズバイヤー・森畑優太さん(24)は18 歳から某トラッドショップにて知識と経験を蓄え、すでにオールデンを15足所有するというアメトラ狂。「自分のなかで定番スタイルは一旦やり尽くした感があるので、いまはど真ん中じゃないアメリカらしさを意識しています。例えばプリントTをインナーに着てみるとか、新鮮な気持ちでトライしたいですね」

正統派アメトラスタイルに色・柄のチョイスで若さをアピール

2018080117
ビームス 新宿のショップスタッフ・清野拳さん(27)は学生時代に留学先のアメリカでレガッタやアメフトの本場アイビースタイルに触れ、その世界にのめり込んだと語る。「ベースはB.D.やチノ、ローファーを取り入れた正統派ですが、鮮やかなブルーベースのストライプシャツや星条旗風の柄でハズしたタイのVゾーンがポイントです」

肩の力を抜いた、ブルゾン感覚で羽織りたい

2018080115
ワイルド ライフ テーラー 恵比寿で働く宍戸佑輔さん(28)は、学生時代に留学先だったニューヨークでは本場のトラッドショップに感激しこの世界へ足を踏み入れた。「ブレザーはあくまでブルゾン感覚。伝統的なディテールは自然とそんな着方にハマるんです。インナーのTシャツは白だとつまらないので、カーキカラーを。これは『アニーホール』のウディ・アレンがお手本ですね」

3枚目なキャラクターに隠れた、高度な着こなし

2018080114
20代の前半からホームディクトのディレクターを務めるNAOさん(28)は、ヨーロッパを中心に、時にはラグジュアリーブランドまでもバイイングする敏腕。「いつも目指しているのは、“ナシをアリにしちゃう” そんな着こなし。普通は手に取らないようなアクの強いアイテムも強引に合わせることで、馴染んできたらこっちのものです!(笑)」

アイビー文化を地で行く、生粋のトラッドマン

2018080112
ユーソニアングッズストアのスタッフ・早野海さん(24)は丁寧にグルーミングされたヘアスタイルにダブルブレストのブレザースタイルで雰囲気十分。「とくに1950年代以前のアメリカンクロージングが好きで、ヴィンテージアイテムとのミックスを楽しんでいます。パンツはトロピカルウール、シューズはレザーとメッシュのコンビで随所にサマートラッドアイテムを取り入れました」

若さ故のクラシックなもの選びが新鮮さを強調させる

2018080111
フリーマンズ スポーティング クラブの店長・古茂田貴洋さん(29)はヴィンテージの軍パンツを選んで、よりカジュアルダウン。腰回りはベルトレスで軽妙に、サスペンダーがクラシカルだが新鮮さを醸している。「ロウアーイーストサイドを歩くニューヨーカーがスタイルサンプルです。B.D.シャツにはオックスではなく上質なシャンブレー生地を選ぶなど現代紳士的な“男らしさ” を盛り込みました」

(出典:『2nd(セカンド)2018年9月号vol.138』)
(ライター:河西みのり)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

2nd(セカンド) TOPへ

No more pages to load