一瞬で印象を変える特効薬。アイウエアで男のカジュアルコーデを1UP!

アイウエアは、大人のカジュアルファッションにちょうどよいアクセサリー。装飾過多になることなくスタイリングの印象を劇的に変えてくれるのだから、これを取り入れない手はない。ポイントはトラディショナルな素材やデザインのフレームを選ぶこと。スタイルのお手本となるのは、アイウエアを象徴的に身につけた往年のファッションアイコンたちだ。彼らが愛した基本であり決定版でもある6つの型の中から、自分らしいスタイルを探してみよう。

トラッドの大定番。グレゴリー・ペックが愛した「ボストン」

20181128_3_01-1

逆おむすび型を基本とした縦長の丸みのあるフォルムが特徴の「ボストン」。テンプルがやや下の位置から出ており、上辺のラウンドが柔らかな印象を与える。名前の由来は、アメリカ東海岸のボストンにある名門校の学生たち、いわゆるアイビーリーガーが愛用したことにあるという説も。ハリウッド俳優のグレゴリー・ペックは、映画『アラバマ物語』の弁護士役でべっ甲柄のボストンを着用。メガネにシアサッカー素材のスリーピースという知的な装いは、正統派サマートラッドのお手本にもなった。

20181128_3_01-2

ボストン型の代表モデルとされるオリバーピープルズの「505」は、1987年の1stコレクションより登場したブランドの大定番。べっ甲柄フレームとメタルブリッジがクラシカルな名品。
●3万3480円(オリバーピープルズ 東京ギャラリー 03-5766-7426)

サングラスでもおなじみ。マイケル・ケインが愛した「ウェリントン」

20181128_3_02-1

「ウェリントン」は上辺より下辺が短い逆台形のシルエットで、テンプルは最上部から出ているのが一般的。レイバンをはじめとするサングラスでもおなじみの型だ。肉厚なプラスチック素材を使ったモデルが多く、凛々しさや知性の中に力強さも感じさせることから、スーツスタイルとの相性は抜群。カジュアルスタイルでは清潔感を演出してくれる。英国の名優マイケル・ケインは、映画『国際諜報局』で身につけていたオリバーゴールドスミスのウェリントン型[CONSUL-s]をプライベートでも愛用していたという。

20181128_3_02-2

「CONSUL-s」は英国の老舗ブランド・オリバーゴールドスミスが誇る名作。プラスチックフレームは8mmもの厚みがありながらすんなりと顔になじみ、スタイリッシュな印象に。
●3万4560円(コンティニュエ 03-3792-8978)

かける人を選ばない。ウディ・アレンが愛した「ボストンウェリントン」

20181128_3_03-1

近年分類された「ボストンウェリントン」は、ボストンとウェリントンの中間のようなシェイプが特徴。ウェリントンとは違い、やや下の位置からテンプルが出ているため印象がマイルドで、かける人を選ばない。どんなカジュアルスタイルにも合わせやすいが、生地が厚いものほどクラシックな印象が強まると心得よう。人気に火をつけたのはジョニー・デップであるものの、トラディショナル愛好家にはウディ・アレンの影響が圧倒的。

20181128_3_03-2

ウディ・アレンやジョニー・デップの愛用モデルは、米国アイウエアの名門ジュリアス・タート・オプティカルの「AR」。長らくブランドを休止していたが、昨年、待望の復活を遂げた。
●3万9960円(G.B.ガファス 03-6427-6989)

意志の強さを象徴する、マルコムXが愛した「サーモント」

20181128_3_04-1

フロント上部がプラスチック製、ブリッジと下リムがメタル製の「サーモント」。ブリッジがプラスチックでつながっているものはブロー型とも呼ばれる。眉のラインが強調され、知性や意志の強さを感じさせるスタイルは、政界や金融業界のエリートたちに持てはやされた。そんなサーモント型のアイコンといえば、黒人解放運動の指導者マルコムX。彼が好んで着用していたシューロン社製の一本は、米国アイウエアの名作とされる。

20181128_3_04-2

サーモント型の筆頭とされるレイバンの「CLUBMASTER」。1986年登場と歴史は浅いが、同ブランドの「ウェイファーラー」と並ぶ人気を誇る。
●2万3760円(ミラリ ジャパン 03-3514-2950)

ポップでチャーミング! デイビット・ホックニーが愛した「ラウンド」

20181128_3_05-1

正円か、それに限りなく近い丸型フレームの「ラウンド」。最もクラシックな型をルーツに持つがゆえの、時代やトレンドに左右されない確固たる存在感が魅力だ。ユーモラスな雰囲気もあわせ持つため、きれいめな着こなしのハズしアイテムにも最適。アメリカの喜劇役者ハロルド・ロイドがかけていたことに由来する「ロイド眼鏡」の別名でも知られるが、画家のデイビット・ホックニーもまた、ラウンド型を愛したアーティストのひとり。真ん丸眼鏡で独自のトラディショナルを作り上げた。

20181128_3_05-2

日本が誇るメガネ専門店、白山眼鏡店の「Round」は、1930年代のスタイルを想い起こさせるプラスチック製の正円型。明るい色味を選ぶとポップでチャーミングなアクセントに。
●3万1320円(白山眼鏡店ウォールズ 03-5468-0397)

他にはない造形美。ル・コルビュジエが愛した「クラウンパント」

20181128_3_06-1

「クラウンパント」は欧米では「パント」と呼ばれるボストン型やラウンド型をベースにしたもので、上部を角ばらせた形が王冠(クラウン)のように見えることから名付けられた。個性的な見た目に反してスタイリングの幅は広く、アメリカントラッドやアイビースタイルによく似合う。このシェイプはヨーロッパヴィンテージによく見られ、特にフランスで活躍した著名人に愛好者が多い。世界的な建築家ル・コルビュジエもその造形美に惚れ込み、パリの老舗べっ甲屋とレスカで同じタイプの眼鏡をあつらえていたという。

20181128_3_06-2

レスカ・ルネティエは、20世紀初頭からメガネの産地として知られるフランス南部ジュラ地方発のブランド。アーカイブを基に作られる「PICA」のフレームはクラウンパントの代表モデル。
●3万9960円(グローブスペックス エージェント 03-5459-8326)

お気に入りのアイウエアを、まるで体の一部のようにさりげなく、かつおしゃれに身につけているファッションアイコンたち。彼らのように「これぞ!」という一本にめぐり合うべく、まずは自分の顔立ちや雰囲気にしっくりとなじむ型を見つけることから始めてみよう。

(出典:『別冊2nd カジュアルファッションの教科書』
(エイサイト編集部・ヨシダ)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

2nd(セカンド) TOPへ

No more pages to load