アイロンがけは、スチームを使いこなせるかがカギを握る。今どき男子の必須スキル! 

アイロンがけのなかでも、テクニックを要するのがスラックスパンツ。実際にアイロンをかけてみると、非常にディテールが細かく、複雑な形状をしていることがわかる。アイロンがけの際には全体のバランスを崩すことなく、美しいシルエットに仕上げたいが、これがなかなか難しい。毎回クリーニングに出すのは経済的に厳しいけど、ヨレヨレのパンツでは社会人として失格だ。

スチームとドライの使い分けがキモ

アイロンがけで、スチーム機能をきちんと使いこなせている人はどのくらいいるだろうか? 実はアイロンがけできれいに仕上がるかどうかは、スチームとドライの使い分けがキモ。そこで、主にイタリアブランドの代理店業務を行うエスディーアイの営業担当・大橋崇弘さんに、アイロンがけの基本を教えてもらった。

大橋さんいわく、アイロンがけの基本は「アイロンを浮かせた状態でしっかりスチーム。その後、ドライで無駄な力を加えずアイロンを滑らせる」。これを念頭に入れて、スラックパンツのアイロンのかけ方をご紹介しよう。

20190129_2_09

スラックパンツのアイロンがけでおさえるのはこの4つ

20190129_2_00

【A】マーベルト
腰裏の布地。捻じれてシワになりやすく、汗も多く含む場所なのでアイロンかけは必要不可欠。
【B】ヒップ
パンツの中でもっとも負担のかかる部分であり、シルエットの要でもある。
【C】クリース
前後のセンターの入る折り目は、精悍な印象を与えるスーツには欠かない意匠だ。
【D】裾
シングルやダブルと仕上げ方は様々だが、しっかり折り目が入っていることが美しいシルエットを作り出す。

シンプルなようで構造は複雑。おさえるべきポイントを頭に入れて、いざスタート!

【1】まずは内側のマーベルトから。腰の動きに合わせて捻じれやすい部分なので、まずは手でシワを伸ばす。
20190129_2_01

【2】縫い目や布の重なりを手で確認しながらシワにならないようにアイロンをかけていく。スチームをあてた後に、ドライで水分を飛ばす。
20190129_2_02

【3】レッグ部分のアイロンかけは内側のみ。前後のクリースがしっかり折り目にくるよう整えてアイロン台へセット。
20190129_2_03

【4】まずは裾から。折り目がずれないように手をあてながら、気持ちしっかり目にアイロンをかける。ダブル仕様の場合は生地が重なっているので、やや力をいれて。
20190129_2_04

【5】ひざ部分は動きが多いのでクリースが薄くなりやすい。クリースの位置を確かめながら慎重に。
20190129_2_05

【6】シワの原因となる裏のポケットスレーキは外に引っ張り出しておく。腰周りはプリーツやフロントジップなどのディテールが多いので、気をつけながらベルト部分までしっかりとアイロンがけする。
20190129_2_06

【7】パンツのアイロンがけで一番テクニックを要するのがヒップ周りだ。まずはヒップの膨らみに合わせて生地が斜めに走っているのを確認。空いた手で生地を斜め外側に引っ張りながらアイロンをかけていく。
20190129_2_07

【8】最後は股下のクロッチ部分。蒸気を多めにあてて、プレスせずにアイロンを軽くあてる程度で水気を飛ばして仕上げる。
20190129_2_08

パリッとアイロンがけされた洋服は、気持ちもシャキッとさせる。シャツの襟や、パンツの裾など、案外他人は見ているもの。面倒だと思っているアイロンがけも、きれいに仕上げることを喜びに変えれば、やりがいのあるものになってくるだろう。

(出典:『別冊2nd こだわる大人のお手入れマニュアル』
(K)

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

2nd(セカンド) TOPへ

No more pages to load