スニーカーが新品のように蘇るメンテナンス術。洗い方もレクチャーします

誰もが一度は履いたことがあるであろう、コンバースのオールスター。カジュアルで、履き心地も良いので、つい履きつぶしてしまう人も多いのでは? だけどお気に入りの一足だからこそ、しっかりケアして長く愛用したいところだ。

お気に入り故に汚れも蓄積……

そこで、ブーツのカスタム&リペアを手掛けるシューズボックスの山梨真裕さんに、お手入れ方法を伝授してもらうことに。キャンバス生地の繊維に汚れが溜まり、ゴムソールにも汚れが付着……。薄汚れてしまったオールスターは、果たして蘇るのか!?

20190131_08

頑固な汚れは浮かせて取り除く

【1】今回使用するのは、布製品にも使えるサフィール社の革靴クリーナー。水を混ぜて、ブラシでゴシゴシと汚れを浮かしていく。紐穴の金属と擦れてできた汚れが目立つタン部分も念入りに。
20190131_01

【2】ウエスを水に濡らし、キャンバス生地に付いたクリーナー液を薄めつつ取り除く。
20190131_02

【3】キャンバス生地を乾かす。年月が経った汚れは落ちにくいので、乾かしながら汚れの落ち具合を見極める。落ちていない箇所は【1】~【2】を繰り返す。
20190131_03

【4】次はゴムの部分の汚れを落とす。乾いたウエスをしっかりと2本指に巻きつけると力が入って◎
20190131_04

【5】ゴムソールには、サフィール社製の皮革用クリーナーを使用。ウエスに塗布して使う。
20190131_05

【6】ゴシゴシ擦れば、元の白いゴム面が! このときキャンバス生地に付かないように注意する。
20190131_06

【7】シューレースは手洗いで洗ってもいいが、せっかくなら新品を用意しよう。これでよりフレッシュな印象に。
20190131_07

見よ!まるで新品のように蘇ったスニーカー

まるで新品のようにきれいになったオールスターに思わず感動。履き口のインディゴデニムの染み汚れは漂白剤で落ちるので気になる人はこちらもケアを。お気に入れの一足だからこそ、履きつぶしてしまうなんてもったいない。普段の洗濯に加えて、汚れが気になってきたら念入りメンテナンスをして、長く愛用していきたい。

20190131_09

(出典:『別冊2nd こだわる大人のお手入れマニュアル』

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

2nd(セカンド) TOPへ

No more pages to load