スウェードシューズ

スウェードのことを正しく知っていますか?

ベルベットのような柔らかな質感が魅力のスウェード。
革靴を愛する人ならば愛用の一足が必ずあるはずだ。
しかしそもそもスウェードとはどういう革素材なのか、「ヌバック」「ベロア」と何が違うのか、ということを正しく理解している人は少ないかもしれない。
スウェードの特徴を押さえておこう。

スウェードとは

子牛皮、ブタ及びヒツジやヤギなどの小動物の皮革の裏面(肉面の表面)をサンドペーパーでバフがけし、細かく起毛させたもの。靴のアッパー部分に使われることが多い。

ベロア、ヌバック、バックスキンとの違い

スウェード スウェードはベロアよりも毛羽が繊細で短くなめらかな質感が特徴で、さらに毛足が短いものはヌバックと呼ばれる。なお、バックスキンはスウェードと混同されがちだが、本来は牡鹿(buck)の皮の銀面を除去し、その面を起毛して作った革のこと。起毛している面は全く逆だ。

ヌバック 上はヌバック。革の銀面を大きく削り、その後、毛先がほどけないようにフィルムなどで補強を加えている。コストパフォーマンスに優れていて、カラーバリエーションも豊富に用意されているのが特徴だ。

スウェードの魅力と手入れのポイント

起毛革特有の柔らかな見た目に反して堅牢性には優れているものの、雨に弱く、シミができやすいといった弱点も持っている。汚れが定着しやすいので、防水スプレーなどのプレケアでダメージを未然に防ぐことが長く愛用するためには最重要だ。ふっくらと美しい毛並みをキープするためにはスウェード専用ブラシでのブラッシングも欠かせない。

オシャレ上級者たちの相棒スウェードシューズたち

編集部が厳選したファッション業界の洒落者たち愛用スウェードシューズたちを紹介しよう。靴自体の美しさはもちろん、手入れが行き届き、なめらかでふっくらとしたスウェード独特の質感をキープしていることにも注目だ。

柳雅幸さんのパラブーツ スニーカー一辺倒から最近、レザーシューズを履く機会が増えてきたというメイデン・カンパニー プレスの柳雅幸さん。「初パラブーツにチョイスしたのは、シャンボードとは仕様が少し異なったドレスラインのモデル。グッドイヤーウェルト製法のおかげで面構えがとても上品。これから育てていきたい1足です」

 

コダンさんのグッチ スタイリスト コダンさんは、グッチの名品ビットローファーから黒スウェードをチョイス。「ちょっとラグジュアリーな靴が気になっている頃に手に入れました。あえてワークパンツやデニムに合わせて履いています」

 

KUSANOさんのケネスフィールド ケネス フィールド デザイナーのKENICHI KENNY KUSANOさんは自身のブランド、ケネス フィールドのダブルモンクストラップを愛用中。「遊びの1足ということと同時に、新しく提案したいのが、あえて冬に履くホワイトスウェードのシューズです」

 

赤坂佳高さんのオールデン アウトランディッシュ トレーディング代表取締役の赤坂佳高さんが愛用するのはオールデンのウイングチップ。「大好きなスウェードアッパーにフレックスソールなので、長時間歩いていてもまったく疲れないところがポイントですね」

 

三好良さんのクラークス 現在まだ下ろしていないものを含め30足近くのクラークスを所有するのは、ライフスタイルショップ「1LDK」のバイヤー三好良さん。「俗にウルフスウェードと呼ばれる好みのカラーリング。サンドよりもややコシがあるのも特徴です」

 

業界人の中でも、スニーカー派からスウェードシューズの魅力に目覚めた人が多い様子。ほどよいカジュアル感で古着との相性も抜群だ。
ただ、いつまでもきれいに履くには、手入れが不可欠。以下の記事を参考に、相棒を大事に育てあげていこう。

プロに教わる革靴の手入れ&靴磨き(ドレスシューズ編)

(出典:『別冊2nd 革靴自慢。』/『今さら聞けない靴磨きの基本』)

SHARE

PROFILE

ゲンキ

FUNQ編集部

ゲンキ

新元号とともにファッション誌『2nd』編集部より、『FUNQ』に電撃移籍してきた新米Webクリエイターなのにディレクター。アイコニックな眼鏡は、買ったばかりのブルーライトカット仕様だ。

新元号とともにファッション誌『2nd』編集部より、『FUNQ』に電撃移籍してきた新米Webクリエイターなのにディレクター。アイコニックな眼鏡は、買ったばかりのブルーライトカット仕様だ。

2nd(セカンド) TOPへ

No more pages to load