情報求む! 青野菜、球根花、ハーブ……謎多き総柄Tシャツの正体が知りたい。

正体不明の総柄Tシャツを知っていますか?

これです。ファッション誌「2nd」編集部で働く、私がずーーーと気になっているTシャツがこちら。見つけたらチョコチョコ買ってた総柄のT シャツなんですが、はじめて手に入れたのがこの農作業の道具が並んだ1枚だったかな。写実的に描かれた道具類が整然と並んだシュールなデザインに惹かれて、当時は詳細も気にせず着ていました。

そうこうしていると、また2枚、3枚と掘り当てるわけですよ。この不思議な総柄Tを。次第にその豊富な種類に気づかされ、他には何があるんだろうと興味が沸いてきちゃって、知り合いの古着屋に詳細を聞くわけですけど「詳細までは……」といった感じなわけです。ミシガンラグのように生地屋が作ったオリジナル? とか、プリント屋のサンプルかも? と憶測が飛びますが、いまだ決定的な証拠は掴めず……。

するとまた現れる謎T……。ツールから青野菜、球根にハーズなど、プリントのバリエーションは豊富で、ネットでは小鳥やゴルフ道具なども確認。そんなに需要があるのか? と思うのだが、まだまだ種類があるようで、比較的市場でも見つけやすいことから、それなりに普及していたのだと思われる。

タグには「rel・e・vant products」の文字。ネットで調べたところオクラホマにあるのプリントT ショップが出てきたが詳細は突き止めることができなかった……。

さて、探偵諸君(?)。調査に入る前に押さえておきたい手掛かりはこの3つ。正体を突き止めた者は「2nd」編集部の公式SNSにDMで連絡くれたし。

【手掛かり①】1990年代のコピーライト。

所有するすべてのTシャツには、’90年代製であることが判別できるコピーラ
イトが入れられている。そこまで旧くはないようだ。

【手掛かり②】製品刷りである。

ボディ脇や袖の内側などに余計なプリントがない。そのことから生地屋が作ったT シャツの線は薄いと考えられる。

【手掛かり③】バリエーションが豊富。

T シャツのほかにもクルーネックスウェットやヘンリーネックなど、いくつ
かのボディの種類を確認している。

(出典:『2nd 2019年9月号』)

SHARE

PROFILE

2nd 編集部

2nd 編集部

もっと休日服を楽しみたい! そんなコンセプトをもとに身近でリアルなオトナのファッションを提案しています。トラッド、アイビー、アメカジ、ミリタリー、古着にアウトドア、カジュアルスタイルの楽しみ方をウンチクたっぷりにお届けします。

もっと休日服を楽しみたい! そんなコンセプトをもとに身近でリアルなオトナのファッションを提案しています。トラッド、アイビー、アメカジ、ミリタリー、古着にアウトドア、カジュアルスタイルの楽しみ方をウンチクたっぷりにお届けします。

2nd(セカンド) TOPへ

No more pages to load