BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

情報求む! 青野菜、球根花、ハーブ……謎多き総柄Tシャツの正体が知りたい。

これです。ファッション誌「2nd」編集部で働く、私がずーーーと気になっているTシャツがこちら。見つけたらチョコチョコ買ってた総柄のT シャツなんですが、はじめて手に入れたのがこの農作業の道具が並んだ1枚だったかな。写実的に描かれた道具類が整然と並んだシュールなデザインに惹かれて、当時は詳細も気にせず着ていました。

そうこうしていると、また2枚、3枚と掘り当てるわけですよ。この不思議な総柄Tを。次第にその豊富な種類に気づかされ、他には何があるんだろうと興味が沸いてきちゃって、知り合いの古着屋に詳細を聞くわけですけど「詳細までは……」といった感じなわけです。ミシガンラグのように生地屋が作ったオリジナル? とか、プリント屋のサンプルかも? と憶測が飛びますが、いまだ決定的な証拠は掴めず……。

するとまた現れる謎T……。ツールから青野菜、球根にハーズなど、プリントのバリエーションは豊富で、ネットでは小鳥やゴルフ道具なども確認。そんなに需要があるのか? と思うのだが、まだまだ種類があるようで、比較的市場でも見つけやすいことから、それなりに普及していたのだと思われる。

タグには「rel・e・vant products」の文字。ネットで調べたところオクラホマにあるのプリントT ショップが出てきたが詳細は突き止めることができなかった……。

さて、探偵諸君(?)。調査に入る前に押さえておきたい手掛かりはこの3つ。正体を突き止めた者は「2nd」編集部の公式SNSにDMで連絡くれたし。

【手掛かり①】1990年代のコピーライト。

所有するすべてのTシャツには、’90年代製であることが判別できるコピーラ
イトが入れられている。そこまで旧くはないようだ。

【手掛かり②】製品刷りである。

ボディ脇や袖の内側などに余計なプリントがない。そのことから生地屋が作ったT シャツの線は薄いと考えられる。

【手掛かり③】バリエーションが豊富。

T シャツのほかにもクルーネックスウェットやヘンリーネックなど、いくつ
かのボディの種類を確認している。

SHARE

PROFILE

不気味くん

2nd(セカンド) / 編集者

不気味くん

仕事で毎日のように服と接してるのに、休日も古着探しに出かけるそう。他にすることないんかい(笑) ウディ・アレンに憧れダボダボヨレヨレの古着コーディネイトを貫いた結果、付いたあだ名は不気味くん

不気味くんの記事一覧

仕事で毎日のように服と接してるのに、休日も古着探しに出かけるそう。他にすることないんかい(笑) ウディ・アレンに憧れダボダボヨレヨレの古着コーディネイトを貫いた結果、付いたあだ名は不気味くん

不気味くんの記事一覧

No more pages to load