おすすめのメガネショップを厳選リコメンド。[東京]

いまやメガネショップといえど国内外から選りすぐりのブランドが並び、専門的な知識と経験を持ったスタッフが対応するのは当たり前の時代だ。流行やスタイルにも敏感な専業ショップこそが、服やカルチャーが大好きな僕らの頼るべき存在なのである。2nd編集部が自信をもっておすすめする、注目メガネショップを厳選してご紹介したい。

G.B.Gafas SHIBUYA[G.B.ガファス 渋谷]

流行を的確に捉えたセレクトで幅広い世代から人気を獲得する「G.B. ガファス」。渋谷と原宿を結ぶキャットストリートに位置する好立地で、毎日多くの服好きが訪れている。次世代をリードする新進気鋭のデザイナーズコレクションをメインに、話題のブレイクブランドのアイウェアを紹介するなど、先行くトレンドを見据えたラインナップが魅力だ。

トラッドな装いに身を包んだスタッフたちは2ndでもたびたび取材をさせてもらうほどのおしゃれ上級者ばかり。アメトラやアイビー熱の再燃からか、よりクラシックなモデルを求める方が多い訪れている。

アメリカの名だたるトラッドアイコンたちがこよなく愛した名門「ジュリアス・タート・オプティカル」。長らくブランドは消滅状態だったが昨年、悲願の復活を果たした。1950~70年代にかけての傑作を復刻するコレクションの中でも、最もフレーム両側が張り出し、テンプルも太い主張あるモデルがこの[FDR]。

海外でも高い評価を受ける国産ブランドの筆頭であるイエローズプラスとのコラボ。人気のボストン型[エンジェル]をベースにしたフルメタルは、本磨きの後にアンティーク加工を施し、メタル特有のギラギラ感を抑えたビギナーも手に取りやすい1本。

[shop data]
G.B.ガファス 渋谷
東京都渋谷区神宮前6-18-2
TEL/03-6427-6989
営業時間/11:00~20:00
火曜定休(祝日の場合は翌日休業)
https://gbgafas-co.jp/

Contiuner[コンティニュエ]

恵比寿駅の南口を出て、長い登り坂の中腹に位置するセレクトショップが、エッジの効いた東京カルチャーをベースとする「コンティニュエ」だ。まるでサロンのような洗練されたスペースは決して広くはないが、国内外問わずセレクトされたハイエンドなブランドが並んでいる。

旧きよきクラシカルなフォルムに、いまのトレンドや気分がミックスされたモダンなラインナップは、感度の高いファンを集めている。

写真上/オリバー・ゴールドスミスの子息であるニック・ゴールドスミスが手掛けるブランド「オージー・バイ・オリバーゴールド・スミス」。天地が浅いクールなシェイプがいち推し。 写真中/緻密な設計をもとに、10個の特別なパーツで形成される「10アイヴァン」。 写真下/「ハフマンス&ノイマイスター」は元マイキータのデザイナーによる注目株。シートメタルの質感をモード感も醸す。

ショップの隣にはエクストラ・スペースが新設され、メガネだけでないカルチャーとしてのファッションを提案している。カルティエやチュードル、オメガ、IWC などのコンディション良好なヴィンテージウォッチや、人気パンツブランド「ニート」などのウエアを厳選してラインナップ。

[shop data]
コンティニュエ
東京都渋谷区恵比寿南2-9-2 Calm恵比寿1F
TEL/03-3792-8978
営業時間/12:00~21:00
水曜定休
www.continuer.jp/

The PARKSIDE ROOM[ザ・パークサイド・ルーム]

名のあるビッグブランドからなかなかお目にかかれないインディペンデントなブランドまで、作り手の意図を感じるアイウエアが揃うセレクトショップ。吉祥寺の井の頭公園のすぐそばにあることが、店名の由来だ。そんな公園ののんびりとした空気感によりそうかのように、アットホームな空間づくりがなされている。

クラフトマンシップを感じられるブランドが多く取り扱われており、ローカルなコミュニケーションを大切にするショップのコンセプトとあいまって、確かな価値のある一本に出会えることだろう。

写真上&中上/ルノアの創業者であるゲルノット・リンドナーによる新コレクション。シルバー925を美しく仕上げたメタルパーツは、美術品とも呼べる完成度を誇る。 写真中下&下/ドイツの伝説的ブランド、ルノアは希少なデットストックから定番、名品まで幅広くラインナップされている。スティーブ・ジョブズが愛用したラウンド型など、本物の風格が漂う。

[shop data]
ザ・パークサイド・ルーム
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-17-1 バイオスフィア2F
TEL/0422-41-8978
営業時間/12:00~21:00
水曜定休
www.tpr.jp/

SPEAKEASY[スピークイージー]

阪急メンズ東京の7階、その中心に位置するバーカウンターが目印のショップが「スピークイージー」だ。40~50年代のフレンチヴィンテージを中心に、「スピークイージー」のオーナーである山村さん自身のブランド、ギュパールのメガネも販売している。

知識豊富かつメガネ愛に溢れるスタッフが丁寧に説明してくれ、旧さを全く感じさせないフレンチヴィンテージの美しいデザインや魅力を感じられること間違いなしだ。知る人ぞ知る注目のフレンチヴィンテージで、一歩先のお洒落を取り入れよう。

ヴィンテージらしいクラシカルなフォルムでありながらも、それぞれにさりげない個性をもつのがフレンチヴィンテージ。写真右上の黒いフレームは、フレンチヴィンテージの雰囲気を再現しつつ、日本人の顔にもフィットするようつくられた、ギュパールのもの。

[shop data]
スピークイージー 阪急メンズ東京店
東京都千代田区有楽町2-5-1
阪急メンズ東京7階
TEL/03-6252-5490
営業時間/11:00~20:00

※情報は取材当時のものです
出典「2nd Vol.139」、「2nd Vol.148

SHARE

PROFILE

2nd 編集部

2nd 編集部

もっと休日服を楽しみたい! そんなコンセプトをもとに身近でリアルなオトナのファッションを提案しています。トラッド、アイビー、アメカジ、ミリタリー、古着にアウトドア、カジュアルスタイルの楽しみ方をウンチクたっぷりにお届けします。

2nd 編集部の記事一覧

もっと休日服を楽しみたい! そんなコンセプトをもとに身近でリアルなオトナのファッションを提案しています。トラッド、アイビー、アメカジ、ミリタリー、古着にアウトドア、カジュアルスタイルの楽しみ方をウンチクたっぷりにお届けします。

2nd 編集部の記事一覧

2nd(セカンド) TOPへ

No more pages to load