モカ縫いじゃなければ、 足元が決まらない! ヘビーデューティなモカシンシューズ5選

「ネイティブアメリカンが履いてた靴」だからと言って、決して牧歌的とは限らないモカシンシューズ。U チップの伝統的なモカ縫いはアメトラの定番であるペニーローファーやワークブーツにも用いられる意匠であり、その用途の幅は広い。しかし、共通して言えるのはどんなレザーシューズであっても程よいカジュアルさと上品さを付与してくれること。休日のコーディネイトならなおさら、そのポテンシャルは発揮されることだろう。とりわけ、ここに並べた5足はそれぞれ別の個性をもつ、ヘビーデューティな良靴だ。

1.SEIL MARSCHALL サイルマーシャル

アッパーにフルベジタブルタンニンなめしの天然レザー、内側に本物の羊毛を使用したアンクルカットのブーツスタイルモカシン。合わせやすいデザインで、履き心地も快適。5万8000円+税(マッハ55 リミテッド☎03-5413-5530)

2.Paraboot パラブーツ

幅のあるラストだが、踵と甲のバランスが良く、フィット感が高い。パラブーツには珍しいバランス。カジュアルなチノパンのみならず、スラックスなど綺麗めパンツとも好相性。4万4000円+税(パラブーツ青山店☎03-5766-6688)

3.CLARKS ORIGINALS for UNITED ARROWS クラークス オリジナルズ フォー ユナイテッドアローズ

昨年クラークスとUA の共同開発により、ディテールを現代風にアレンジして復刻を遂げた[ワラビーモンク]。今回は新しくブラックのスムースレザーを別注。2万3000円+税(ユナイテッドアローズ 原宿本店☎03-3479-8180)

4.G.H.BASS ジーエイチバス

オイルを多く含んだプルアップレザーを使用したモデル。4アイレット仕様を採用したクラシカルな雰囲気が魅力。返りの良いアウトソールで実用性抜群だ。様々なシーンに幅広くマッチする一足。2万8000円+税(GMT☎03-5453-0033)

5.WAKOUWA by QUODDY ワクワ バイ クォディ

実直にモカ縫いを続けるアメリカの老舗ブランドと、アナトミカがデザインするワクワのコラボ。ウィズを選ぶこともできるため、ぴったりのサイズ感で履くことができる一生モノだ。4万5000円+税(アナトミカ 東京☎03-5823-6186)

※データは取材時のものになります。

(出典:2nd(セカンド) 2019年11月号 )

SHARE

PROFILE

不気味くん

2nd編集部

不気味くん

仕事で毎日のように服と接してるのに、休日も古着探しに出かけるそう。他にすることないんかい(笑) ウディ・アレンに憧れダボダボヨレヨレの古着コーディネイトを貫いた結果、付いたあだ名は不気味くん

不気味くんの記事一覧

仕事で毎日のように服と接してるのに、休日も古着探しに出かけるそう。他にすることないんかい(笑) ウディ・アレンに憧れダボダボヨレヨレの古着コーディネイトを貫いた結果、付いたあだ名は不気味くん

不気味くんの記事一覧

2nd(セカンド) TOPへ

No more pages to load