125周年を迎えた「バブアー」特集! 2nd(セカンド)2019年12月号 Vol.153本日発売!

英国王室御用達であり、アメトラの永久定番である、「バブアー」が今年創業125周年を迎えた。イングランド北西部の港町で水夫や漁師たちの防水服として誕生したワックスドジャケットは、近年、“バブアー女子”などのキーワードでSNSを賑わせるなど、幅広い層から愛される国民的ブランドへと成長。本誌では、ファッション業界人の愛用品や旬な着こなしをじっくり紹介。そして本社工場のある英国サウスシールズの取材も敢行! いまも丁寧に作られるバブアーをその目で見てきました。本邦初公開のアーカイブピースはマニア垂涎&必見です。定番から新作、コラボまで、今季のアイテムも網羅した、完全保存版の一冊が完成しました!

特集内コンテンツはこちら!

125th Anniversary Special Issue. Barbour
いつもそばにバブアーがあった。
アニバーサリーを記念したスペシャルモデル。
これが私のバブアー。
バブアー女子はお好きですか?
今季も充実の、コラボ&別注。
やっぱり直営は格別だ!
やっぱりバブアーは偉大だ!
クラシックにもカジュアルにも振れる
バブアーのリプルーフ術。
ショップスタッフ直伝!

そのほか、第2特集では「秋の色気ブーツカタログ。」と題し、この秋冬大活躍間違いなしの色気感じるブーツをご紹介。そのほか、連載企画も大充実!

書店のほか、Amazonなどネット書店でもご購入いただけます。バブアー好きなら持っておきたい一冊です!

 
購入はこちらから

※データは取材時のものになります。

(出典:2nd(セカンド) 2019年12月号 )

SHARE

PROFILE

不気味くん

2nd編集部

不気味くん

仕事で毎日のように服と接してるのに、休日も古着探しに出かけるそう。他にすることないんかい(笑) ウディ・アレンに憧れダボダボヨレヨレの古着コーディネイトを貫いた結果、付いたあだ名は不気味くん

不気味くんの記事一覧

仕事で毎日のように服と接してるのに、休日も古着探しに出かけるそう。他にすることないんかい(笑) ウディ・アレンに憧れダボダボヨレヨレの古着コーディネイトを貫いた結果、付いたあだ名は不気味くん

不気味くんの記事一覧

2nd(セカンド) TOPへ

No more pages to load