秋冬トレンド「コーデュロイ」どう着こなす? 参考にしたいコーディネイト5選。

肌寒くなってくると、恋しくなるのがコーデュロイ。パンツ、シャツ、ベストにいたるまで、様々なアイテムで取り入れることができる、秋冬ファッションになくてはならない存在だろう。今季トライしてみたい、おすすめコーデュロイコーデを厳選して紹介します!

1.コーデュロイの上品さを味方に。いつもより、ちょっとルーズに。

パーカ1 万8000 円+税/トゥモローラ ンド トリコ、スニーカー5 万5000 円+ 税/コモン プロジェクト(ともにトゥモ ローランド70120-983-522)、チェッ クパンツ3 万9000 円+税/マッキント ッシュ(マッキントッシュ青山店☎03- 6418-5711)、ベレー帽1 万8000 円+ 税/マニュファクチュール デュ ベレー (グラストンベリー ショールーム☎03- 6231-0213)、ソックス2800 円+税/ ヤエカ(ヤエカ アパートメント ストア ☎03-5708-5586)

珍しいサックスブルーの太畝が印象的な一枚は、毛羽立ちのある生地特有の美しい光沢でカジュアルながらエレガント。スウェットパーカをインナー使いしたルーズなスタイルを崩さず、嫌味のない上品さを醸し出すのは、コーデュロイの魅力そのものだ。トラディショナルな生地だけにチェックパンツとの相性もまた格別。シャツ2万4000円+税/トラディショナル ウェザーウェア(トラディショナルウェザーウェア 青山メンズ店☎03-6418-5712)

2.コーデュロイだから気負いはない、ゴールドのパンツ。

チルデンニット2 万3000 円+税 /トラディショナル ウェザーウ ェア(トラディショナル ウェザー ウェア 青山メンズ店☎ 03-6418- 5712)、ヘンリーネックカットソ ー1 万6000 円+税/ナイジェル ・ケーボン(アウターリミッツ☎ 03-5413-6957)、コーデュロイ キャップ9200 円+税/カムズア ンドゴーズ(アルファ PR☎03- 5413-3546)

コーデュロイアイテムのなかでも、中太畝のタック入りパンツはマストアイテムとして心得たい。ルーズシルエットだが生地の畝が生み出すエレガントな光沢感で決して野暮にはならず、着回しの良さから何かと手に取ってしまう、秋冬のワードローブには欠かせない新定番だ。もちろん今季も数多くのブランドからリリースされたコーデュロイパンツ。なかでも印象的なのは英国で100年以上ワークウエアを作り続けているファクトリーブランド、ヤーモの一本。ベージュともブラウンとも異なる、ゴールドの輝きが他にはない存在感がある。パンツ3万9000円+税/ヤーモ(グラストンベリー ショールーム☎03-6231-0213)

3.原料からこだわったオリジナルのコーデュロイセットアップ。

チェックシャツ4 万9000 円+税 /サイ(マスターピースショール ーム☎03-5414-3531)、シュー ズ7 万1000 円+税/ジョゼフ チ ーニー(ブリティッシュメイド 銀 座店☎03-6263-9955)、メガネ 3 万9000 円+税/ジュリアス・ タート・オプティカル(G.B ガフ ァス☎03-6427-6989)、ベルト 1 万円+税/エムエフ サドリー、 ソックス2700円+税/ヤーモ(と もにグラストンベリー ショール ーム☎03-6231-0213)

アメリカで栽培されたオーガニックスーピマコットンを日本で紡績、国内でも数少ないシャトル織機を使って丁寧に織り上げられたセルビッジ付きのオリジナルコーデュロイは、今季のマーカウェア渾身のファブリック。超長綿を原料とした上品な光沢と、打ち込みの数を微妙に調整することにより生まれるドレープ感で、三つボタン段返りのデイリーな米国スタイルながら優美なセットアップに仕上げられた。合わせられるパンツも裾にかけてテーパードする定番人気の型を踏襲。あえて気をてらわず、クラシックに楽しみたい。ジャケット5万9000円+税、パンツ3万2000円+税/マーカウェア(パーキング☎03-6412-8217)

4.細畝コーデュロイのシャツをシンプル&クリーンに着る。

タートルネックニット2 万4000 円+税/ルトロワ(八木通商☎0 3-6809-2183)、デニムパンツ2 万3000 円+税/ザ ナーディーズ (ビン☎03-6416-0634)

細かい調整を繰り返しながら、さらなる着心地の良さを追求しているヤエカの定番[コンフォートシャツ]にも薄手のコーデュロイ生地がラインナップされている。タックアウトして着ても綺麗なシルエットを崩さないスクエアな裾とフロントのスナップボタン仕様は、薄手ニットの上から軽く羽織れるライトアウターとしても活躍してくれそうだ。太畝のコーデュロイが全盛のなか、クリーンな印象を与えるピンウェールコール(細畝)のアイテムも今年の秋冬は見直したい。シャツ2万3000円+税/ヤエカ(ヤエカ アパートメントストア☎03-5708-5586)

5.2019年のトラッド好きに捧げる“アニー・ホール・ルック”。

B.D. シャツ2 万4000 円+税/イン ディビジュアライズド シャツ(メイ デン・カンパニー☎03-5410-977 7)、タック入りパンツ2 万8000 円 +税/ザ ナーディーズ(ビン☎ 03- 6416-0634)、シューズ1 万4000 円+税/カットワース、ソックス27 00 円+税/ヤーモ(ともにグラス トンベリー ショールーム☎ 03-623 1-0213)、タイ2 万2000 円+税/ ドレイクス(ドレイクス 銀座店☎ 03-6263-9955)

1977年に公開された映画『アニー・ホール』は当時、主演のウディ・アレン以上に男物のアメトラアイテムを纏った女優ダイアン・キートンに皆が目を奪われたという。ベストにタイドアップ、ワイドシルエットのチノーズを合わせ、かつて“アニー・ホール・ルック” と呼ばれたスタイリングは、時を経て2019年のトラッド男子が取り入れるのも悪くない。ナイジェル・ケーボンのコーデュロイベストは1940年代の医療施設で傷病兵に貸与されたものを参考に作られたというヴィンテージ好きにも響くストーリー。シルエットはあくまでルーズに着こなせば、古臭さはまったくない。ベスト3万2000円+税/ナイジェル・ケーボン(アウターリミッツ☎03-5413-6957)

(出典:2nd(セカンド) 2019年11月号 )

SHARE

PROFILE

不気味くん

2nd編集部

不気味くん

仕事で毎日のように服と接してるのに、休日も古着探しに出かけるそう。他にすることないんかい(笑) ウディ・アレンに憧れダボダボヨレヨレの古着コーディネイトを貫いた結果、付いたあだ名は不気味くん

不気味くんの記事一覧

仕事で毎日のように服と接してるのに、休日も古着探しに出かけるそう。他にすることないんかい(笑) ウディ・アレンに憧れダボダボヨレヨレの古着コーディネイトを貫いた結果、付いたあだ名は不気味くん

不気味くんの記事一覧

No more pages to load