BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

今度のコラボは完全受注生産! VANS×雑誌「2nd(セカンド)」コードバン ローファー登場!

昨年、弊誌10周年を記念してVANSと展開したコラボレーションは、まさかの革製ローファーでした。おかげさまで即完売。特に贅沢にコードバンレザーを採用したモデルはわずか10足限定で、10倍近くの倍率の抽選販売となってしまい、ご迷惑を多くの皆さまにお掛けしました。しかも販売終了後も再販のお問い合わせも数多くいただく展開に……。

そこで! 再度VANSと交渉し、ローファーの王道たるブラックのコードバンレザー製モデルを仕立ててもらえることになりました。しかも今回はご応募いただいた方は必ず購入できる受注発注方式で、ちょっとだけお待ちいただきますが、確実にコードバンVANSが手に入ります。いよいよ2019年12月25日〜予約開始!

これが「VANS×2nd ブラックコードバン・ローファー」だ!

VANS×2nd ブラックコードバン・ローファー
¥100,000(税込) ※注文可能サイズ 24.5~29㎝(0.5㎝刻み)

>>>クレジットカード決済でご購入のお客様はこちら

>>>銀行振り込みによるご決済のお客様はこちら

ビジュアルは、革靴ローファー。このコードバンならではの質感……たまりませんね。改めて細部もチェックしていきましょう。

インナーも当然レザーです!

高級感ある佇まいは細部にまで行き渡らせたい。よって、インナーもしっかりとレザー製で仕上げました。ソール部分には型押しで、VANSのロゴが入っています。通常のスリップオンとはまるで違うゴージャス仕様です。

「OFF THE WALL」ロゴもしっかり。

VANSシューズのお約束たる、カカト部分に配されている「OFF THE WALL」のスケートロゴもしっかり装備されています。それもブラックカラーを邪魔しない同色であしらいました。

サイドのタグもコードバン製です。

馬の臀部からしか取れない希少性と、この革でしか味わえない重厚な光沢感を携えているのがコードバンレザーです。高級革靴メーカーの間でも取り合いになっているこの革を贅沢に採用しました。また、VANSのシューズならばお約束のサイドのタグもこの別注ならではのコードバン製!

オリジナルシューツリー

長く丁寧に愛用していただきたいので、今回も「2nd」オリジナルのシューツリーを付属してのデリバリーとなります。ただし写真のものはサンプルです。形状やデザインなど仕様は変更になることをご了承ください。

購入応募期間は2019年12月25日~2020年1月31日まで!

購入応募期間は、2020年1月末まで。それ以降の再販は一切ナシ(ご用意している革の在庫がなくなった場合早期終了する場合もあることをご了承ください)。

スリップオンのラストをベースにしつつ、正統派ローファーのデザインで仕上げ、トラッドな装いにもカジュアル
なコーディネイトにもマッチするシューズとなりました。「2nd」でしか、そしていましか手に入らないVANSで、ぜひ2020年の足下を飾って下さい!

■完全受注発注・ご購入スケジュール

ご購入応募開始 2019年12月25日

ご購入応募終了 2020年1月31日

ご配送     2020年4月予定

※ 革の在庫数を超えたご応募数になった場合、ご応募期間を早期終了する場合があります。また、制作都合によりお届けが遅れる場合があることをご了承ください。

>>>クレジットカード決済でご購入のお客様はこちら

>>>銀行振り込みによるご決済のお客様はこちら

お問合せ/枻出版社 2nd 営業部 03-3708-6053

SHARE

PROFILE

不気味くん

2nd編集部

不気味くん

仕事で毎日のように服と接してるのに、休日も古着探しに出かけるそう。他にすることないんかい(笑) ウディ・アレンに憧れダボダボヨレヨレの古着コーディネイトを貫いた結果、付いたあだ名は不気味くん

不気味くんの記事一覧

仕事で毎日のように服と接してるのに、休日も古着探しに出かけるそう。他にすることないんかい(笑) ウディ・アレンに憧れダボダボヨレヨレの古着コーディネイトを貫いた結果、付いたあだ名は不気味くん

不気味くんの記事一覧

No more pages to load