BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

ガレージアイテムで人気の「GORDON MILLER」から、待望のカスタム車両が誕生!

「心踊るガレージライフ」をテーマに、使い勝手がいいのはもちろん、見た目のカッコ良さにもこだわったガレージアイテムをプロデュースしている「GORDON MILLER(ゴードンミラー)」。そんなゴードンミラーの世界観をギュッと詰め込んだクルマが発売されることとなった。こだわりのガレージの雰囲気そのままにロードトリップに出ることができる、そんなコンセプトで誕生したのが、「ゴードンミラーモータース」だ。

個性的なカスタムバンでアウトドアに出かけよう!

そんな「ゴードンミラーモータース」からふたつのモデルが早速ラインナップされた。それぞれトヨタ・ハイエースと、日産NV200の新車をベースにしたカスタマイズ車両で、ゴードンミラーの世界観を表現したオリジナリティあふれる外装と、天然木を贅沢に使用したカスタム内装を組み合わせることで“人とは違う一台”となっている。

またセカンドシートに各方面のアウトドアビークルで人気のREVOシートを採用。このシートは、前向きのベンチシートはもちろん、後ろ向きベンチシート、フルフラットとアレンジの幅がありさらに操作も非常に簡単なのが特徴。これによって、車中泊も可能な広大なフラットスペスを生み出しつつ、通常の車両同様の乗車定員となっているのも嬉しい。

ゴードンミラーモータースが販売する車両は、新車がベースとなるため、メーカー保証が備わるだけでなく、メインテナンスも各ディーラーでも対応が可能なのも嬉しいポイントなのだ。早速、注目の2台を見ていこう!

NISSAN NV200【GMLVAN C-01】

NISSAN NV200【GMLVAN C-01】オリーブドラブ

C-01は日産のNV200をベースとした車両。「GORDON MILLER」の専用色として用意されたコヨーテとオリーブドラブの2色は、日産の協力で日産の工場で塗装されるこのモデルだけのスペシャルカラー。さらに専用のエンブレムを装着した外観は、ミリタリーテイストのカラーと相まって、シンプルながら、個性的外観となっている。

NISSAN NV200【GMLVAN C-01】コヨーテ

アレンジ豊富なREVO シートとアカシア材を使った明るい天然木を組み合わせた内装は、フルフラットはもちろん、ダイニングテーブル&チェア、セカンドシート&ラゲッジスペースと色々な使い方に対応。レジャーはもちろん、デイリーユースもこなすマルチな一台だ。¥3,229,000

内部をチェック!

車中泊やキャンプの際に便利なカーテンは標準装備。シートとコーディネイトしたグレーカラーとすることで、違和感なくマッチする。

フロアボードやテーブルなどをきれいに収納できるように設計されているため、すべてを収納すればラゲッジスペースが確保できる。

フロアボードの一枚はテーブルとして活用可能。REVOシートを後ろ向きにすることで、対面のダイニングテーブル&チェアにアレンジ可能。

側面だけでなく、天井も天然木を贅沢に使った内装となっている。また天井には暖色系のLEDのシーリングライトを設置し車内を均等に照らす。

TOYOTA HI-ACE【GMLVAN V-01】

TOYOTA HI-ACE【GMLVAN V-01】

V-01はトヨタ・ハイエースの標準ボディがベースとなる丸目四灯が特徴的な「GORDON MILLER」オリジナルのフロントデザインを纏い個性を強めた仕様だ。NV200よりもひと回り大きな車両を目一杯活用することで、フルフラットにすると、ダブルベッドよりも広い空間を作り出すことができるのだ。

アカシアの天然木を天井や側面にまで贅沢に使用し、ウッドフローリング風のフロアは塩ビ製のクッションフロアとすることで、サーフボードやスキーなど、濡れたものもそのまま搭載できるのが嬉しい。カーテンも標準で装備されているので購入後に装備を買い足す必要もなく、すぐに車中泊が可能だ。¥4,290,000~

内部をチェック!

REVOシートは通常のセカンドシートとしても使えるため、普段は6人乗車可能。床はウッド風の樹脂製クッションフロアを採用。

REVO シートをフラットにし、フロアボードをセットすることで、ダブルベッド以上の広いフラットスペースが誕生。使い方は貴方次第!

フロアボードの一枚は、テーブルにアレンジできるようにフロアにマウントするための支柱などが付属。裏側にコンパクトに固定されている。

REVOシートを後ろ向きベンチとして、フロアボードをテーブルとして使用することで、車内で食事やミーティング可能なスペースが作れる。

ゴードンミラーはクルマだけにあらず。装備品だって魅力満点!

ガレージグッズとしてだけでなく、クルマに搭載しても便利なアイテムばかり。ここでは「GORDON MILLER」の豊富なアイテムの一部を紹介しよう。

1.自分好みの仕様が楽しめるタクティカルパックに大注目!

シートに被せることで、汚れや濡れから純正シートを守るX-PAC 素材を使ったシートカバーに、CORDURA 素材のシートオーガナイザーを装着。ここにアンブレラホルダーやドリンクホルダーといったさまざまなパーツを装着可能なタクティカルパックというシリーズ。このほかにも豊富なアイテムが用意され、自分の用途にあったシステムアップが可能なのだ。アウトドアシーンでも大活躍すること間違いなしのアイテムといっていいだろう。

▲シートバックオーガナイザー ¥8,800

▲X-PACシートカバー ¥18,700

▲アンブレラケース ¥6,050/ドリンクホルダー ¥2,750/ウェットティッシュカバー ¥4,620/
ティッシュカバー ¥5,280

2.ルーフボックスで荷物の積載量を格段に増加できる!

市販のキャリアや各自動車メーカーの純正キャリアに幅広く対応するルーフボックス。コンテナをモチーフとしたオリジナルデザインとベージュカラーがアウトドアにマッチ。装着も工具不要で非常に簡単、それでいて320リットルの大容積を追加できるのだ。全長200㎜、全幅83㎜なので、コンパクトカーにもフィットする。

▲ルーフコンテナボックス ¥58,300

3.ペールバケツはアウトドアで使いこなせ!

ガレージではよく見かけるペールバケツだが、実はクルマに積んでおくことで、釣った魚を入れたり、濡れた遊び道具を入れたりとアウトドアシーン驚くほど重宝する。容量は17リットルで、蓋やスティール製の持ち手が付属。カラーはホワイト、ブルー、イエローの3種類を用意。

▲ペールバケツ ¥1,648

4.整備からアウトドアクッキングまで使える万能ペーパータオル。

吸水性や吸油性に優れ、破れにくい肉厚のペーパータオルは、クルマの整備からアウトドアクッキングまであらゆるシーンで活躍する。一箱に100枚入りなので、ガレージや車内にティッシュがわりに気軽に置いて置けて便利。「GORDON MILLER」ではこのほかにもさまざまなガレージアイテムが用意されている。

▲マルチペーパータオル ¥768

ゴードンミラーのオープンショールームへ行こう!

「ゴードンミラー」のショールームは、普段はアポイントオンリーとなっている。しかし2020年2月29日(土)・3月1日(日)の2日間限定でアポイントなしで開放されるため誰でも気軽に立ち寄れる。今回紹介した2台も展示され、各種プロダクツも展示されているため、それぞれの機能やデザインをチェック出来るというわけだ。もちろんその場で商談会することだって可能なので、このチャンスを見逃すな!

【DATA】
GORDON MILLER LAB.
場所/東京都世田谷区駒沢3-1-15
期間/2月29日(土)・3月1日(日) 10:00-19:00

【お問い合わせ】
ゴードンミラー http://www.gordonmillerpro.com

(出典/「別冊2nd 愛車自慢」)

SHARE

PROFILE

不気味くん

2nd編集部

不気味くん

仕事で毎日のように服と接してるのに、休日も古着探しに出かけるそう。他にすることないんかい(笑) ウディ・アレンに憧れダボダボヨレヨレの古着コーディネイトを貫いた結果、付いたあだ名は不気味くん

不気味くんの記事一覧

仕事で毎日のように服と接してるのに、休日も古着探しに出かけるそう。他にすることないんかい(笑) ウディ・アレンに憧れダボダボヨレヨレの古着コーディネイトを貫いた結果、付いたあだ名は不気味くん

不気味くんの記事一覧

No more pages to load