BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

カジュアルからビジネスまでおすすめ! あこがれの革靴ブランド28選。

INDEX

一度に履けるのは一対だけだが、それでも次から次へと欲しくなるもの。それが名靴だ。勝手ながら雑誌「2nd」が28ブランドをピックアップ。各ブランドのおすすめの名靴も合わせてチェックして、ぜひ次の“相棒”選びの参考にしてほしい。

1.Paraboot(パラブーツ)|フランス|1908年創業

「パラブーツ」を運営するリシャール ポンヴェール社は1908年にフランス東部の町イゾーでレミー・リシャール・ポンヴェールが開いた小さな靴工房から始まった。機能性と堅牢性で世界を魅了するフレンチシューズの代表格として知られる。

写真はつまみモカタイプのUチップにボリュームのあるラウンドトゥ「シャンボード」。このモデルの登場以前にも同型のUチップは作られてきたが、ウェルトや素材のマイナーチェンジを経て、1987年に「シャンボード」として世に出た。現在、ブランドを代表するモデルとして君臨。

【問い合わせ】
パラブーツ青山店
☎03-5766-6688
http://boq.jp/paraboot/

▼詳しくはこちらの記事をチェック!

Paraboot(パラブーツ)の定番からレアものまで人気革靴13選。|名靴カタログ

Paraboot(パラブーツ)の定番からレアものまで人気革靴13選。|名靴カタログ

2020年05月15日

2.J.M. WESTON(ジェイエムウエストン)|フランス|1891年創業

1891年、革のなめしと加工の歴史が深いフランスのリモージュ地方でエドゥアール・ブランシャールが靴の工場を設立した。以来、フレンチエレガンスを体現する上流階級の顧客たちに愛されてきたのはもちろん、1960年代にはシャンゼリゼ大通りのドラッグストアにたむろする若者たちもこぞってジェイエムウエストンのローファーを履いた。父親の靴を拝借しながらジーンズに合わせて素足で履くスタイルは、彼らの既存の秩序に対する反抗を表現したものだった。

近年のジェイエムウエストンは、ブランドのアイコンモデルに再び注目しながら新商品を続々と発表している。写真は1946年に生まれてから、創業者によるデザインを継承し、1度もフォルムを変えることなく作り続けてきた。まさにブランドのシグニチャー的存在であり、フレンチエレガンスのアイコンとして愛されている「シグネチャーローファー180」。

【問い合わせ】
ジェイエムウエストン 青山店
☎ 03-6805-1691
https://jmweston.jp/

▼詳しくはこちらの記事をチェック!

J.M. WESTON(ジェイエムウエストン)の定番からレアものまで人気革靴15選。|名靴カタログ

J.M. WESTON(ジェイエムウエストン)の定番からレアものまで人気革靴15選。|名靴カタログ

2020年05月22日

3.Church’s(チャーチ)|イギリス|1873年創業

1873年、トーマス・チャーチと彼の3人の息子であるアルフレッド、ウィリアム、トーマスジュニアによってノーザンプトンのメープルストリート30番地に小さな工房が開かれた。1921年にロンドンで一号店がオープン。1929年になると海外初のショップがニューヨークに誕生した。エリザベス女王がチャーチの工場を視察した1965年には、その優れた輸出功績に対して英国女王賞が授与されている。

「ディプロマット」、「コンサル」、「チェットウィンド」という3大ドレスシューズで知られる「チャーチ」だが、度々新作を発表するなど、カジュアルに革靴を履きこなしたい人向けのアイテムも登場している。写真はチャーチのなかでも最も人気のモデルであり、ブランドを代表する1足と言っていい「SHANNON(シャノン)」。外羽根のプレーントゥスタイルで、ボリューム感のあるラスト103を使用している。

【問い合わせ】
チャーチ 表参道店
☎03-3486-1801

▼詳しくはこちらの記事をチェック!

Church’s(チャーチ)の定番からレアものまで人気革靴9選。|名靴カタログ

Church’s(チャーチ)の定番からレアものまで人気革靴9選。|名靴カタログ

2020年05月25日

4.F.LLI Giacometti(フラテッリジャコメッティ)|イタリア|1890年代創業

イタリア北部にあるベネト地方に残る職人メーカーのファクトリーブランドがフラテッリ ジャコメッティだ。ブランド名は創業者であるジャコメッティ兄弟の名前から取られている。イタリア靴ならではの男の色香を漂わすデザイン性の高さ、妥協のない靴作りにファンも多く、本格志向の玄人たちを唸らせる完成度を誇る。

他ブランドでは見ることのない豊富なバリエーションをもつエキゾチックレザー、同ブランドの名作として知られる「グルカサンダル」など、個性的かつ独創性の高いモデルが多く揃うのも、ファクトリーブランド由来の魅力であろう。写真はグルカサンダルと並び代表する革靴であるモンクストラップシューズ。ほどよいフィット感は病みつきになる。

【問い合わせ】
ウィリー
☎ 03-5458-7200
http://wheelieltd.jp/shoes/#

▼詳しくはこちらの記事をチェック!

F.LLI Giacometti(フラテッリジャコメッティ)の定番からレアものまで人気革靴7選。|名靴カタログ

F.LLI Giacometti(フラテッリジャコメッティ)の定番からレアものまで人気革靴7選。|名靴カタログ

2020年05月27日

5.JOSEPH CHEANEY(ジョセフ チーニー)|イギリス|1886年創業

ジョセフ チーニーは英国靴の生産地として名高いノーザンプトンの郊外、デスバラーで1886年にジョセフ・チーニーによって設立され、1896年に現在の場所に工場を移転して以来、レザーのカッティングからファイナルポリッシュまで、すべての工程を一貫して同じ工場で行ってきた。

同ブランドを代表するミリタリーシューズが「ケンゴン Ⅱ R」。ウェルトとアッパーレザーの隙間をなくして雨の侵入を防ぐヴェルトショーン仕様になっている。ジョセフ チーニーは英国軍に靴を供給していたこともあり、こちらのモデルに使われるラスト4436はミリタリーラストとも呼ばれている。

【問い合わせ】
ブリティッシュメイド 青山店
☎03-5466-3445
http://cheaney.jp/

▼詳しくはこちらの記事をチェック!

JOSEPH CHEANEY(ジョセフ チーニー)の定番からレアものまで人気革靴12選。|名靴カタログ

JOSEPH CHEANEY(ジョセフ チーニー)の定番からレアものまで人気革靴12選。|名靴カタログ

2020年05月29日

6.Allen Edmonds(アレン エドモンズ)|アメリカ|1922年創業

「世界で一番豪華で履き心地の良い、手作りの靴を作りたい」という夢を抱いたひとりの靴職人によって、ウィスコンシン州のベルギーという小さな町で創業。その靴職人が作り出した靴は、釘も硬い鉄のシャンクも使わず、歩くたびに屈曲する足に合わせてフレキシブルに曲がる履き心地の良い靴となり、瞬く間に評判を集め広く知れ渡ることとなる。

100年近くに渡って同じ場所で同じ工程を踏んだモノ作りを行うことに誇りを持っており、そうした品質の高さは、バラク・オバマをはじめとするアメリカの名だたる歴代大統領も愛用していることがその証となっているだろう。

写真はブランドを代表するロングウィングチップ。他のアメリカンシューズブランドに比べて少し細みのラストを採用しているのが特徴だ。トゥのウィングがヒールまで伸びていることから通称“ロングウィング” と呼ばれ。アメリカ靴ならではのデザインとなっている。

【問い合わせ】
GMT
☎03-5453-0033
https://www.allenedmonds.com/

▼詳しくはこちらの記事をチェック!

Allen Edmonds(アレン エドモンズ)の定番からレアものまで人気革靴6選。|名靴カタログ

Allen Edmonds(アレン エドモンズ)の定番からレアものまで人気革靴6選。|名靴カタログ

2020年06月01日

7.ALDEN(オールデン)|アメリカ|1884年創業

マサチューセッツ州ミドルボロウでオールデンが創業したのは、1884年のこと。初期の製品は、カスタムメイドのブーツや受注生産による紳士靴であった。1970年代には、トラディショナルなグッドイヤーウェルテッド靴の生産に加えて、足に問題を抱えた人でも快適に履くことのできる医療用矯正靴の分野を開拓。それ以降、すばらしい履き心地の追求はオールデンのアイデンティティそのものとなった。

いまや米国の靴文化を象徴するシューメーカーであり、アメリカのトラッドファッションを語るうえで欠かかせないブランドだ。選りすぐられた素材を用い、コンフォータブルなフィット感を備えた名作の数々は、ボタンダウンシャツやデニムパンツといったアメリカ生まれのアイテムを取り入れたカジュアルスタイルにおいての活躍でも他を圧倒する。

写真は通称、Vチップ。オールデンの定番モデルだ。モディファイドラストを使用しているため、長時間歩いても疲れにくい。快適な歩行を繰り返すうちに、ホーウィン社のシェルコードバンにアジのあるシワが刻まれる。

【問い合わせ】
ラコタハウス青山店
☎ 03-5778-2010
https://www.lakotahouse.com/brand/category/3

▼詳しくはこちらの記事をチェック!

ALDEN(オールデン)の定番からレアものまで人気革靴12選。|名靴カタログ

ALDEN(オールデン)の定番からレアものまで人気革靴12選。|名靴カタログ

2020年06月03日

8.Alfred Sargent(アルフレッド サージェント)|イギリス|1889年創業

1889年に英国ノーザンプトンにて創業。「人が手にしやすい価格で最高品質の靴を」という理念の下、英国靴の入門に最適なブランドのひとつに数えられている。工房ではクオリティの高い手仕事が行われ、機械化の波を受け入れながらも丁寧にプロダクトが製作される。

一流ブランドからの依頼も多く、「裏方」としてもその名を世界に轟かせてており、日本からも多くのセレクトショップが別注をかけている。定番的な人気を誇るセミブローグは、エレガントなラスト「AS24」を採用し、ソールはシームレスな仕上げを求めてヒドゥンチャネルステッチが施される。上品な雰囲気の漂うパーフォレーションや型紙のバランスの良さなどが、特に際立つデザインとなっている。

【問い合わせ】
GMT
☎ 03-5453-0033
https://www.alfredsargent.co.uk/

▼詳しくはこちらの記事をチェック!

Alfred Sargent(アルフレッド サージェント)の定番からレアものまで人気革靴6選。|名靴カタログ

Alfred Sargent(アルフレッド サージェント)の定番からレアものまで人気革靴6選。|名靴カタログ

2020年06月05日

9.EDWARD GREEN(エドワード グリーン)|イギリス|1890年創業

1890年に紳士靴を手作りするノーザンプトンの小さな工場からスタート。瞬く間にその才能を開花させ、多くの靴好きから高い評価を得ることとなったエドワード グリーン。「でき得る限りの上質を求める」というブランドの哲学は、英国で本物のクラフトマンシップを育て上げ、職人による伝統的な手法でのモノ作りに価値をもたらした。

特に史上最も完成された木型と讃えられた名作ラスト「202」は、高い人気を得ている。ひと目見ただけで見分けがつく、それがエドワード グリーンの目指す世界観といえる。

写真はスキンステッチが施されたモカ部分に特徴を持つ「DOVER(ドーヴァー)」。このディテールは良質なレザーを使用し、難易度の高い縫製技術を持つ熟練の技が生かされた証といえる。ブランドのクラフツマンシップを存分に感じられるモデルだ。

【問い合わせ】
エドワード グリーン 銀座店
☎03-3573-6055
http://www.edwardgreen.jp/

▼詳しくはこちらの記事をチェック!

EDWARD GREEN(エドワード グリーン)の定番からレアものまで人気革靴8選。|名靴カタログ

EDWARD GREEN(エドワード グリーン)の定番からレアものまで人気革靴8選。|名靴カタログ

2020年06月08日

10.JOHN LOBB(ジョン ロブ)|イギリス|1866年創業

ロンドンでは1866年から、パリでは1902年から紳士用の高級ブーツと靴を作り続けているのがジョン ロブだ。創業者のジョン・ロブは1829年にイングランド南西部のコーンウォールに生まれ、若い頃から靴職人見習いとしてロンドンで修行した。

ゴールドラッシュに沸いていたオーストラリアにおいて鉱夫用のブーツ作りに成功した後、ロンドンに戻ったのが1866年。リージェントストリートに第一号店をオープンさせ、政治家や財界のエリートといった上流階級に向けたビスポークシューズの受注を開始。ロンドンでの成功を受け、1902年にパリへ進出を果たした。

写真はジョン ロブのなかでも名作中の名作とされるキャップトゥ「CITY 2(シティ2)」。初代はややボリューム感のある8695ラストだったが、2007年に登場した2代目には700ラストが使われ、スタイリッシュでノーブルな印象が極まっている。

【問い合わせ】
ジョン ロブ ジャパン
☎03-6267-6010
https://www.johnlobb.com/ja_jp/

▼詳しくはこちらの記事をチェック!

JOHN LOBB(ジョン ロブ)の定番からレアものまで人気革靴15選。|名靴カタログ

JOHN LOBB(ジョン ロブ)の定番からレアものまで人気革靴15選。|名靴カタログ

2020年06月10日

11.Tricker’s(トリッカーズ)|イギリス|1829年創業

1829年にジョセフ・トリッカーが創業。英国靴の聖地、ノーザンプトンに現存する最古のシューメーカーである。ベンチメイドシューメーカーとして古くから職人の手仕事を大切にし、靴作りに確固たる信念を持ち続けてきたことが、時を超えて愛されている所以だ。

英国王室御用達の栄誉を授かることもブランドの価値を高めている。いまは亡き、ダイアナ元皇太子妃がトリッカーズのルームシューズをチャールズ皇太子に薦めたことがきっかけとなって、1982年にはロイヤルワラントを賜った。ダイアナ元皇太子妃の故郷はノーザンプトンであり、昔から慣れ親しんだルームシューズを自信を持って薦めたのだという。

トリッカーズと聞いて、最初に思い浮かぶ定番中の定番モデルであるカントリーブーツ。一般的に「モールトン」という名称で知られているが、実際はシーシェイドカラーのものだけを「モールトン」と呼ぶ。写真は近年精力的に行っている定番「M5633」のコラボモデル。こういったレアものも注目だ。

【問い合わせ】
GMT ☎03-5453-0033
http://www.trickers-store.jp/

▼詳しくはこちらの記事をチェック!

Tricker’s(トリッカーズ)の定番からレアものまで人気革靴13選。|名靴カタログ

Tricker’s(トリッカーズ)の定番からレアものまで人気革靴13選。|名靴カタログ

2020年06月12日

12.SANDERS(サンダース)|イギリス|1873年創業

1873年にウィリアム・サンダースとトーマス・サンダースの兄弟によって設立されたサンダース&サンダース社は、英国靴の聖地ノーサンプトンで100年以上の歴史を持つ実力派メーカー。現在では、生産性の向上のために、生産機械と高度なコンピュータ制御システムに補足されることで、多くの工程を職人の手に委ねながらも、クオリティの高い靴を広く提供出来ることもあり、様々な制服用の靴としても採用されている。

また、伝統と格式を備えた錚々たるブランドのプロダクトを手掛けてきた実績も品質と技術力の高さの裏付け。軍用靴として生産されたミリタリーラインをはじめ、数多くの名作たちは、どのモデルも実直なモノ作りの息吹を感じさせてくれる。

写真の1137(ミリタリーブロードアロー・エプロンダービー)は、1930~50年代に政府から軍への支給品に用いていたモチーフ「ブロードアロー」を甲の部分に縫い込んでいて、陸海空の三軍が一体となって敵を倒すというイメージが表現されている。インソールのロゴは20年ほど前まで英国国防省向けに使用していたものを特別に復刻したもの。

【問い合わせ】
グラストンベリーショールーム
☎03-6231-0213
http://www.sanders.jp/

▼詳しくはこちらの記事をチェック!

SANDERS(サンダース)の定番からレアものまで人気革靴6選。|名靴カタログ

SANDERS(サンダース)の定番からレアものまで人気革靴6選。|名靴カタログ

2020年06月15日

13.HEINRICH DINKELACKER(ハインリッヒ ディンケラッカー)|ドイツ|1879年創業

1879年の創業以来、約30名のマイスターが靴一足につき約300という工程をオールハンドメイドで丁寧に作り上げている。年間生産数はわずか8000足で、この靴のオーナーになれるのは世界でも極少数と言える。「前進する1mごとに心からの享楽を提供する」という精神を持ち続けて130年以上。“靴のロールス・ロイス”と称される最高傑作を知らずして、靴好きを自認することなかれ。名品中の名品として知られる。

写真の3087(リオ ウイングチップシューズ)はブランドのアイコン的ラスト、リオで作られた定番のウイングチップ。手前からイタリアでアンティーク調に仕上げたカーフ、仏国・デュプイ社のボックスカーフ、米国・ホーウィン社のシェルコードバンと最高級革がラインナップ。

【問い合わせ】
アイダス
☎06-6245-5076

▼詳しくはこちらの記事をチェック!

HEINRICH DINKELACKER(ハインリッヒ ディンケラッカー)の定番からレアものまで人気革靴13選。|名靴カタログ

HEINRICH DINKELACKER(ハインリッヒ ディンケラッカー)の定番からレアものまで人気革靴13選。|名靴カタログ

2020年06月17日

14.Dr.Martens(ドクターマーチン)|ドイツ|1947年創業

英国生まれと思われがちだが、有名なこのブランドのソールを発明したのは、ドイツ人の医師、クラウス・マルチン博士だ。スキー事故で足を痛めた彼がリハビリのために古いタイヤを加工してクッション性のあるソールを考案、研究と改良を重ね、ラバーのような特殊素材にエアを封じ込めたソールを見い出す。

そして英国のノーザンプトンで、1960年4月1日に記念すべきフォーストモデルが完成する。誕生の日に由来するコードネーム「1460Z8eye」と呼ばれるブーツは、同ブランドの象徴としていまでも人気が高い。実用性を徹底的に追求したこの靴は、労働者だけでなく、警察官やポストマンからミュージシャンまで広く愛用される。モッズやパンクファッションのアイコンとして認知され、ファッションアイテムとしてのポジションを確固たるものにしている。写真は「MIE1461 3EYEシューズ」。ブランドを象徴するクラシックなフォルムとイエローステッチを継承している。

【問い合わせ】
ドクターマーチン・エアウエア ジャパン
☎03-5428-4981
https://jp.drmartens.com/

▼詳しくはこちらの記事をチェック!

Dr.Martens(ドクターマーチン)の定番からレアものまで人気革靴7選。|名靴カタログ

Dr.Martens(ドクターマーチン)の定番からレアものまで人気革靴7選。|名靴カタログ

2020年06月19日

15.Jalan Sriwijaya(ジャラン スリウァヤ)|インドネシア|1919年創業

1919年にテデ・チャンドラによってインドネシアで創業したジャラン スリウァヤは、当時インドネシアがオランダの植民地であったことから外国人向けにミリタリーブーツを製作していたことで知られている。その後、経営者の息子であるルディ・スパーマンが「これからは平和の時代になる」との想いから、靴の聖地であるノーザンプトンで修行を積み、フランスで皮革の生産を学んだことでハンドソンウェルテッド製法での靴作りを可能にした。その後、2003年にはオリジナルブランドを誕生させるにまで至っている。

写真はボリュームのある木型を採用することで、シックな雰囲気を醸し出しているプレーントゥ「98348」。ストームウェルトやダブルレザーソールといった武骨な作りもいっそう存在感を増す。アッパーにはフランスのデュプイ社のカーフレザーを採用するなど、素材選びにも妥協がない。

【問い合わせ】
GMT
☎03-5453-0033
http://www.jalansriwijaya.com/

▼詳しくはこちらの記事をチェック!

Jalan Sriwijaya(ジャラン スリウァヤ)の定番からレアものまで人気革靴6選。|名靴カタログ

Jalan Sriwijaya(ジャラン スリウァヤ)の定番からレアものまで人気革靴6選。|名靴カタログ

2020年06月22日

16.GRENSON(グレンソン)|イギリス|1866年創業

1866年創設者ウィリアム・グリーンがラシュデンという街で、両親の家の一間を借りて靴製造の工房をスタート。現在では英国靴の聖地、ノーザンプトンに本社を構える老舗シューメーカー。

「時代の流れに埋もれることなく、輝き続けること」。彼が掲げた靴作りのコンセプトがこれだ。高い志を持つ彼の元に、熟練した靴職人が集まり、200の工程と8週間もの時間をかけた靴は作られ、その存在がたちまち英国紳士たちに広まったと言われる。オーセンティクなそのデザインは、時代や流行を超えて“一生モノ”の輝きを放つ。いまだに英国で製品作りを行う、英国のクラフツマンシップの象徴とも言えるシューズブランドだ。

写真はACCRINGTON(アクリントン)。英国靴らしいスウェードのストレートチップは、内羽根式なので、ドレスアップした雰囲気。使用している木型「103」は、セミロングノーズで、カカトが小さく、ウエストの絞りが強いデザインだ。

【問い合わせ】
大塚製靴
☎03-5413-0766
http://www.shoe-collection.jp/fs/shoe/c/grenson

▼詳しくはこちらの記事をチェック!

GRENSON(グレンソン)の定番からレアものまで人気革靴5選。|名靴カタログ

GRENSON(グレンソン)の定番からレアものまで人気革靴5選。|名靴カタログ

2020年06月24日

17.REGAL Shoe&Co.(リーガル シュー&カンパニー)|日本|1902年創業

軍靴製造にルーツを持ち、タフで壊れにくいグッドイヤーウェルテッド製法を日本に持ち込んだと言っても過言ではないリーガルのシューズ。アメリカントラッドのデザインを日本にもたらしたのも同ブランドで、1960年代にはアイビーファッションの象徴として愛され、それ以降も日本の革靴のスタンダード的な役割を担ってきたブランドだ。

近年ほかのブランドとのコラボレーションにも積極的で、伝統とモダンをキーワードにした老舗のチャレンジに大きな注目が集まっている。

写真の802S スタンダードサドルシューズはフルタンニン鞣しのエンボス革と、英国のCFステッド社製のスーパーバック素材とのコンビネーション。甲部をサドルで包んだようなこのモデルは、1960年代にアメリカのアイビーリーガーに履かれた靴で、同ブランドの代表作といえる。

【問い合わせ】
リーガル シュー& カンパニー
☎03-5459-3135
https://www.regalshoes.jp/

▼詳しくはこちらの記事をチェック!

REGAL Shoe&Co.(リーガル シュー&カンパニー)の定番からレアものまで人気革靴5選。|名靴カタログ

REGAL Shoe&Co.(リーガル シュー&カンパニー)の定番からレアものまで人気革靴5選。|名靴カタログ

2020年06月24日

18.三陽山長(サンヨウヤマチョウ|日本|2000年創業

2000年10月に山長印靴本舗に高級紳士靴として産声を上げ、翌年10月には、現在の三陽山長としてリスタート。“品質本位”を念頭に、世界最良の素材を駆使し、日本の伝統職人の匠の技による物づくりで、高級靴、鞄、革小物、雑貨からウエア類に至るまで、日本のオリジナリティあふれる世界観を発信するトータルブランドだ。

ブランドの要はブランド設立時から展開されているストレートチップの「友二郎」。設立10周年となる2010年には木型をR201からR2010へと変更して、さらなる進化を遂げている。また、2011年にはドレススニーカーでグッドデザイン賞を受賞。前出した「友二郎」をはじめ、「弥三郎」や「友之介」といった各モデルに日本人の名前を付けているのも特徴的だ。写真は2014年秋冬シーズンに登場したロングノーズのタッセルローファー「鹿三郎」。

【問い合わせ】
三陽山長 銀座店
☎03-3563-7841
http://www.sanyoyamacho.com/

▼詳しくはこちらの記事をチェック!

三陽山長(サンヨウヤマチョウ)の定番からレアものまで人気革靴6選。|名靴カタログ

三陽山長(サンヨウヤマチョウ)の定番からレアものまで人気革靴6選。|名靴カタログ

2020年06月26日

19.SEBAGO(セバゴ)|アメリカ|1946年創業

 

1946年にアメリカはメイン州で誕生したセバゴ。ニューイングランド出身の3人よって設立されたセバゴが最初に手がけた靴が、ハンドソーン(手縫い)のペニーローファー。ネイティブアメリカンのモカシンから着想を得てつくられた、その構造は特許を取得しており、今日まで変わらぬ製法として伝わる。

1970年には、ボートシューズの代名詞であるロングセラーモデル「ドックサイド」を、’81年にはモカシンシリーズの代表作のひとつ「キャンプサイド」をそれぞれ発表。特にドックサイドは、’80年代にファッションアイコンとして世界中の若者たちから人気を集め、セバゴはライフスタイルシューズとしての地位を不動のものとした。

写真は記念すべきブランド初のローファー「クラシック」。1946年の創業以来、いまもなお同じ製法でつくられ、アイコンであるビーフロールとともに、長年世界中から愛され続けているマスターピース。マッケイ製法に近い独自のウェルトを使用した優れたフィット感と耐久性が秀逸。

【問い合わせ】
ワイエスインターナショナル
☎03-6418-9339

▼詳しくはこちらの記事をチェック!

SEBAGO(セバゴ)の定番からレアものまで人気革靴6選。|名靴カタログ

SEBAGO(セバゴ)の定番からレアものまで人気革靴6選。|名靴カタログ

2020年06月29日

20.LEATHER & SILVER MOTO(レザー&シルバー モト)|日本|1971年創業

レザーアーティストの本池秀夫を父に持ち、幼い頃ら革に慣れ親しんで育った本池大介、作人兄弟によって始まったブランドが「レザーアンドシルバー モト」だ。

このブランドが作る靴の特徴は、革のオーソリティらしいオリジナリティ溢れる素材と、職人的で繊細な縫製の美しさにある。履くほどに足に馴染んでいくような味わいがあり、シューレースまで徹底したこだわりを感じさせる。そのすべてがこの革靴を唯一無二の存在にする。

写真はコードバン プレーントゥ オックスフォードシューズ #2100。素材は、オリジナルで仕上げたコードバン。あえてグレージングという作業を省いて、素上げのままオイルを調整することでマットな質感に仕立てた。ブラックコードバンなので、仕事用の靴としても使え、グッドイヤーウェルテッド製法を採用。

【問い合わせ】
MOTO 青山店
☎ 03-3407-5836
http://www.motostyle.jp/

▼詳しくはこちらの記事をチェック!

LEATHER & SILVER MOTO(レザー&シルバー モト)の定番からレアものまで人気革靴6選。|名靴カタログ

LEATHER & SILVER MOTO(レザー&シルバー モト)の定番からレアものまで人気革靴6選。|名靴カタログ

2020年07月01日

21.OLD PORT MOCCASIN(オールドポートモカシン)|アメリカ|1990年創業

Made in U.S.A.のローファー専業ブランドとして名高いオールドポートモカシン。ブランド名の由来は、誕生の地
であるアメリカはメイン州の港町・オールドポートから。有名シューメーカーの靴を数多く手がけるメイン州においても、現在は数社しか残っていないファクトリー。そこでハンドメイドで丁寧に生産されているのが、オールドポートモカシンのローファーなのだ。

2枚の革を目分量だけで縫い上げていく“モカ縫い”こそが、このオールドポートモカシンの象徴であり、熟練の職人ならではの技。事前に目印も穴もない状態から、2本の針と糸だけで縫い上げられたローファーは、デザイン性と履き心地が融合した傑作と呼べる。

写真はBIT LOAFER(ビットローファー)/クレープソール。底面にクレープソールを採用し、ノーブルさとカジュアルさを併せ持たせたにルックスに。品格を醸し出しながらも、履きやすさを実現した他に類を見ない逸品だ。

【問い合わせ】
エクスプローラー
☎052-806-8851
http://www.explorer-out.co.jp/

▼詳しくはこちらの記事をチェック!

OLD PORT MOCCASIN(オールドポートモカシン)の定番からレアものまで人気革靴5選。|名靴カタログ

OLD PORT MOCCASIN(オールドポートモカシン)の定番からレアものまで人気革靴5選。|名靴カタログ

2020年07月03日

22.CARMINA(カルミナ)|スペイン|1866年創業

欧州高級靴の産地は、英国やイタリア、フランスからスペインやポルトガルまで拡大しているが、「カルミナ」は
スペインを代表するブランドのひとつ。そのルーツは1866年、スぺインのマヨルカ島でマティアス・プハーダスが始めたオーダーで靴を作る工房にある。

デザインの特徴は、英国靴の流れを汲みながら、エレガントな雰囲気を放つスタイルにある。仕上げの美しさ、履き心地も英国靴に引けを取らず、コストパフォーマンスにも優れている点は嬉しい限り。スペインきっての人気靴で、しかも折り紙付きの実力派シューズだ。

写真は人気急上昇のダブルモンクストラップ。稀代の伊達男であるウィンザー公が履いたことでも知られるデザイン。グッドイヤーウェルテッド製法で、既成靴の領域を超えた立体的なラストが生み出す、極上のフィット感も魅力のひとつといえる。

【問い合わせ】
トレーディングポスト青山本店
☎03-5474-8725
https://www.tradingpost-online.jp/fs/tradingpost/c/carmina

▼詳しくはこちらの記事をチェック!

CARMINA(カルミナ)の定番からレアものまで人気革靴6選。|名靴カタログ

CARMINA(カルミナ)の定番からレアものまで人気革靴6選。|名靴カタログ

2020年07月05日

23.Chausser(ショセ)|日本|2000年創業

ショセのデザイナーでありオーナーの前田洋一氏。彼の父はオーダーで靴を作る職人だった。靴の販売からスタートし、バイヤーなどを経験した後、企画に携わり靴作りのすべてを学び、2000年にショセを立ち上げる。ショセとはフランス語で「履く」という意味だ。

伝統的なデザインをベースにしながらも、革の表情やフォルムにもどこか温かみが感じられるのが「ショセ」の特徴。1930〜50年代に描かれたアメリカの画家ノーマン・ロックウェルの絵に影響を受けたと前田氏は語る。デザインにアメリカの昔懐かしい匂いが薫るのはそのため。東京・恵比寿に旗艦店を構え、海外でも販売されるほど、多くのファンを持つ靴だ。

写真はクラシックラインの「C-7930」。ベーシックになり過ぎないように、つま先のシルエットにボリュームを持たせているのが特徴。国産のコードバンを使用している。

【問い合わせ】
ショセ ル コワン
☎03-5734-1633
http://chausser.net/

▼詳しくはこちらの記事をチェック!

Chausser(ショセ)の定番からレアものまで人気革靴7選。|名靴カタログ

Chausser(ショセ)の定番からレアものまで人気革靴7選。|名靴カタログ

2020年07月06日

24.HARUTA(ハルタ)|日本|1917年創業

日本の古参シューメーカーであるハルタは、大正6年(1917年)に、東京都荒川区南千住にて開業、製造販売を始めた「春田製靴店」が起源。その後、1948年にハルタ製靴株式会社を設立。エポックメイキングとなったのは、男子靴のセメント式製法を日本で最初で採り入れた1957年。この製法による紳士ローファー(#804)の発表である。以来、生産を増やし続け、輸出を開始して海外にも進出。’60年代には年間100万足を達成している。

その後は、中学生や高校生などの学校制定靴を作るメーカーとして、国内トップシェアを誇る企業として君臨。近年では、その高い品質とリーズナブルな価格帯が再注目され、写真のような上品なガラスレザーのアッパーにビブラムソールを合わせたポストマンシューズなど人気を集めている。

【問い合わせ】
ハルタ 販売部
☎03-3874-3317
https://store.haruta-shoes.co.jp/

▼詳しくはこちらの記事をチェック!

HARUTA(ハルタ)の定番からレアものまで人気革靴7選。|名靴カタログ

HARUTA(ハルタ)の定番からレアものまで人気革靴7選。|名靴カタログ

2020年07月08日

25.WHEELROBE(ウィールローブ)|日本|2015年創業

2015年に立ち上げられた新鋭の日本のブランド、「WHEELROBE(ウィールローブ)」の「WHEEL」は車輪の意
味し、車輪が描く「軌跡」を表現する。革靴はたくさんの人の手で作られ、様々な人の想いが込められている。

靴作りで「ウィールローブ」が重視するのが日本人の足型を研究し、出来上がった木型だ。つり込んだ際の造形美、履き心地、歩きやすさに多くの影響を受けるのが木型。その上で修理して繰り返し履けるようにと、製法はグッドイヤーウェルテッド製法を採用している。

写真のPLAIN TOE BLUCHER(プレーントゥブルーチャー)はハギを入れず、贅沢にクロムエクセルを使用した1足。ラストはノーズを長く、ワイズEで考えたオリジナルで、クロムエクセルのオイリーな素材と相まって、ボリュームある靴に仕上がっている。

【問い合わせ】
トライ・アップ
☎03-5824-3190
https://wheelrobe.com/

▼詳しくはこちらの記事をチェック!

WHEELROBE(ウィールローブ)の定番からレアものまで人気革靴5選。|名靴カタログ

WHEELROBE(ウィールローブ)の定番からレアものまで人気革靴5選。|名靴カタログ

2020年07月10日

26.Mark Boots(マークブーツ)|日本|2001年創業

靴業界の重鎮であるシューズプロデューサー、長嶋正樹が手がけるマークブーツ。長嶋さんはインポートシューズ専門店・トレーディングポストの設立や日本のシューズブランド・三陽山長を立ち上げてきた、言わば紳士靴ブームの仕掛人。そのプラット式グッドイヤーウェルト製法は唯一無二の履き心地を誇る。履きやすさを追求した日本生まれの革靴、一度履けばその魅力が伝わるはずだ。

写真の「チャッカブーツ」をはじめ、パターンオーダーで素材やソールを選び、自分仕様に仕上げられるマークブーツ。こちらのモデルは、デザインやディテールはそのままに、稀少なブライドルコードバンをアッパーに使用した、イセタンメンズにラインナップしたもの。

【問い合わせ】
ブリットハウス
☎03-5806-3405
https://www.brithouse.co.jp/

▼詳しくはこちらの記事をチェック!

Mark Boots(マークブーツ)の定番からレアものまで人気革靴5選。|名靴カタログ

Mark Boots(マークブーツ)の定番からレアものまで人気革靴5選。|名靴カタログ

2020年07月13日

27.RED WING(レッド・ウィング)|アメリカ|1905年創業

1905年、アメリカ中西部ミネソタのレッド・ウィング・シティに誕生した一軒の靴工場がこのブランドの始まり。その名前はレッド・ウィング・シューカンパニーで、創業者はドイツからの移民であるチャールズ・ベックマン。彼の靴への情熱と、より良い靴を客に届けたいという想いからメーカーを創業した。以来、「アイリッシュセッター」や「エンジニア」、「ペコス」など、多くの名作を世に送り出し続けているキング・オブ・ワークブーツだ。

写真は1900年代~1930年代ぐらいまでの靴が醸し出す、クラシックドレスらしさをチャッカブーツに落とし込んだモデル「キャバリー チャッカ #9095」。RW創業期に製作された、当時の趣きを踏襲した逸品。

【問い合わせ】
レッド・ウィング・ジャパン
☎ 03-5791-3280
http://www.redwingshoe.co.jp/

▼詳しくはこちらの記事をチェック!

RED WING(レッド・ウィング)の定番からレアものまで人気革靴13選。|名靴カタログ

RED WING(レッド・ウィング)の定番からレアものまで人気革靴13選。|名靴カタログ

2020年07月15日

28.CROCKETT& JONES(クロケット&ジョーンズ)|イギリス|1879年創業

クロケット&ジョーンズは、英国高級靴の聖地とされるノーザンプトンで1879年に誕生した。チャールズ・ジョーンズと義理の兄弟であるジェームズ・クロケットのふたりが創業者となり、彼らの名前がシューメーカーの名称にもなった。世界中で最も多く木型の種類を持っているとされ、デザインのバリエーションやマテリアルのセレクトにおいて優れたノウハウを有しているところが大きな特徴だ。

定番のひとつ写真の「キャベンディッシュ3」は、従来の木型をベースに踵周りやアーチ部分のサイズを小さくした新開発のラスト375を採用して、ホールド感を上昇させたもの。デザインアイコンのタッセルは、職人が手作りで仕上げる。

【問い合わせ】
グリフィンインターナショナル
☎03-5754-3561
https://griffin.cx/crockett-and-jones/

▼詳しくはこちらの記事をチェック!

CROCKETT& JONES(クロケット&ジョーンズ)の定番からレアものまで人気革靴14選。|名靴カタログ

CROCKETT& JONES(クロケット&ジョーンズ)の定番からレアものまで人気革靴14選。|名靴カタログ

2020年07月17日

出典

SHARE

PROFILE

2nd 編集部

2nd 編集部

もっと休日服を楽しみたい! そんなコンセプトをもとに身近でリアルなオトナのファッションを提案しています。トラッド、アイビー、アメカジ、ミリタリー、古着にアウトドア、カジュアルスタイルの楽しみ方をウンチクたっぷりにお届けします。

2nd 編集部の記事一覧

もっと休日服を楽しみたい! そんなコンセプトをもとに身近でリアルなオトナのファッションを提案しています。トラッド、アイビー、アメカジ、ミリタリー、古着にアウトドア、カジュアルスタイルの楽しみ方をウンチクたっぷりにお届けします。

2nd 編集部の記事一覧

No more pages to load