BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

【ファッション用語辞典】迷彩柄(実物)の種類・名称

PAGE
2 / 6

【アメリカ】

古着市場でも見かけることの多い米軍の迷彩柄だが、’40年代の登場を皮切りに、活動環境の変化や迷彩効果の向上のため幅広く発展を続けてきた。米軍の迷彩は、その変遷と一緒に紹介する。

【イギリス】DPM

[Disruptive Pattern Material(分裂模様素材)]の略。評価の高い迷彩柄であり、この生地自体を他国がそのまま採用することも。

【フランス】中央ヨーロッパ迷彩

オーソドックスなウッドランドとデザートパターン。汎用性が高く、諸外国が参考とするあたりに完成度の高さを垣間見れる。

【ドイツ】フレック迷彩

大戦中のナチスに端を発するドットで構成される迷彩。別称、フレクター迷彩。フレック[Fleck]とは独語で「染み」の意。

【フランス】リザード迷彩

ブラッシュパターンの代表格インドシナ紛争で採用された迷彩柄。後に登場するタイガーストライプの開発に影響を与えた。

出典

SHARE

PROFILE

2nd 編集部

2nd 編集部

もっと休日服を楽しみたい! そんなコンセプトをもとに身近でリアルなオトナのファッションを提案しています。トラッド、アイビー、アメカジ、ミリタリー、古着にアウトドア、カジュアルスタイルの楽しみ方をウンチクたっぷりにお届けします。

2nd 編集部の記事一覧

もっと休日服を楽しみたい! そんなコンセプトをもとに身近でリアルなオトナのファッションを提案しています。トラッド、アイビー、アメカジ、ミリタリー、古着にアウトドア、カジュアルスタイルの楽しみ方をウンチクたっぷりにお届けします。

2nd 編集部の記事一覧

No more pages to load