BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

【ファッション用語辞典】迷彩柄(実物)の種類・名称

PAGE
5 / 6

【南アフリカ】トランスカイ軍

南アフリカ共和国にかつて存在した自治区(ホームランド)のひとつ、トランスカイの軍隊が開発した迷彩柄。

【南アフリカ】シスカイ軍

右と同様、ホームランドであったシスカイの迷彩柄。隣り合う両自治区の迷彩柄が異なる点にも注目したい。

【ポルトガル】リザード迷彩

フランス軍のものとは異なる色味の濃いリザード迷彩柄。後の南アフリカ共和国の迷彩に影響を与えたと言われる。

【ブラジル】リザード迷彩

南米・ブラジルのカモフラージュパターンは、濃淡のはっきりしたリザードタイプ。構成の細かさに植生の特異性を見て取れる。

【オーストラリア】DPCU

ダックハンターを彷彿させるクラシカルな迷彩柄を採用。DPCUとは[Disruptive Pattern Camouflage Uniform]の略。

迷彩にまつわる、知っておきたいキーワード8。

1.スノーカモ

迷彩には複数の色を用いる分割迷彩と、オリーブドラブに代表される単色迷彩がある。スノーカモは雪上での迷彩を狙った白一色の単色迷彩。左は’50sのオーバーパンツ。

2.スプレーカモ

迷彩柄の効果が実証されていながら、迷彩服が普及していなかった’40年代ごろ、兵士が独自にスプレーで戦闘服やヘルメットを塗装した迷彩柄。現在でも一部の米軍特殊部隊では、迷彩目的に限り、銃器への塗装が許可されている。

出典

SHARE

PROFILE

2nd 編集部

2nd 編集部

もっと休日服を楽しみたい! そんなコンセプトをもとに身近でリアルなオトナのファッションを提案しています。トラッド、アイビー、アメカジ、ミリタリー、古着にアウトドア、カジュアルスタイルの楽しみ方をウンチクたっぷりにお届けします。

2nd 編集部の記事一覧

もっと休日服を楽しみたい! そんなコンセプトをもとに身近でリアルなオトナのファッションを提案しています。トラッド、アイビー、アメカジ、ミリタリー、古着にアウトドア、カジュアルスタイルの楽しみ方をウンチクたっぷりにお届けします。

2nd 編集部の記事一覧

No more pages to load