BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

【保存版】スカーフ&バンダナの結び方。

カジュアルファッションに取り入れたい巻きものといえば、タイのほかにスカーフやバンダナがある。しかし、意外と巻き方を知らない人も多いのでは? そこで基本の巻き方を、スカーフとバンダナの豆知識とともに紹介しよう。

スカーフの基本素材はシルク。バンダナはコットンが王道。

1994年の開店以来、実用品衣料の魅力を発信し続ける「Pt. アル フレッド」オリジナルシルクスカーフ。1万1000円(Pt.アルフレ ッド☎03-3477-7952)

もとは、性別問わず目印として使われていた布のことを指し、同時に防寒具としての役割も果たしていたのではないかとされているスカーフ。メンズファッションにおける巻きものとして最も“お固い” 存在であるタイも、原型はスカーフと言われている。

そんなスカーフで主流となる素材はシルク。ヴィンテージのスカーフにもよく見られる素材で、色づかいの美しいものが多い。また、使いこむほどにアジが出るのも魅力のひとつである。

一方バンダナは、ヒンディー語の「バンドゥヌ」が語源で、17世紀後半ごろに誕生。スカーフに比べてボリューム感が少なく、Tシャツなど軽快な装いに適している。

また、巻きものとしてだけでなく、パンツのヒップポケットから少し見せてアクセントにしたり、頭に巻いたりと、自在に活用できる。そんなバンダナの王道素材はコットン。洗いざらしのクタっと感もコットンだからこそ出せるアジだ。

スカーフ&バンダナの結び方。

1.基本の「バイアス折り」。

【1】まずは裏面を上にして広げ、対角となるふたつの角を、頂点が少し重なる程度、内側に折り込む。

【2】両方の折り目を、同じくもう一度内側に折りたたんでいく。およそ半分の位置で折り返せばいい。

【3】最後にもう一度、内側に折りたたむ。この時、若干片側を深めに折りたたんで形を整えるべし。

【4】首に巻く前の準備は完了。位置によって柄が異なるスカーフの場合、位置を気にしながら折っていこう。

2.シンプルで簡単な「2回固結び」。

【1】まずは一度固結びをする。説明のため平面に置いているが、実際はちゃんと首に巻いて行うように!

【2】続いて、【1】で結んだ先端同士を、もう一度固結びするだけ。説明する必要もないぐらい簡単である。

【3】締める際の力加減によっても、印象は若干変わってくる。その日のスタイリングによって使い分けるべし。

【4】さて、締め終えたら最後の調整。鏡を見ながら、柄の見え方やノットの形をしっかり整えよう。

完成! シンプルイズベスト!

これは、70mm×70mm のスカーフを使用した際の例。シルクの場合は、滑ってしまうこともあるため2回固結びすべきだが、サイズの小さいバンダナなどを巻く際は、1回固結びするだけでも問題ない。

達人に聞く、巻きものの楽しみ方。

様々な服の魅力を発信し続けているPt.アルフレッド/店主・本江浩二さん。カジュアルに巻きものを使いこなすスペシャリストとしても、小誌をはじめ多方面で活躍中だ。そんな本江さんに巻きものの楽しみ方を聞いた。

「巻きものを楽しむうえで、一番大切なのはオンとオフの使い分け。西部劇などで活躍した名優、ゲイリー・クーパーの写真を見てみると、オンはタイ、オフはスカーフでしっかりと使い分けをしていて、当時から実にカッコいい着こなしを体現していたんです。オンはピシッと、オフはユルっと、というメリハリさえ心得ていれば、あとはどれだけ自由に楽しんでもいいと思います。あえてB.D. シャツのボタンを外したり、ユルユルで巻いてみたり。緩くなったTシャツの首元をごまかすために巻いたっていいんです。もっと自由な考え方で楽しみましょう!」

ゲイリー・クーパーのオンからオフまでを捉えた『Enduring Style』では、巻きものを使い分ける彼の着こなしの妙を堪能できる。

出典

SHARE

PROFILE

パピー

パピー

家の近所にある大盛カレーショップの名を、あだ名として拝借。現代っ子らしく最近の口ぐせは「モノよりコト」。キャンプに、クラブに、セミナーにと、なんだか無駄に忙しそう

パピーの記事一覧

家の近所にある大盛カレーショップの名を、あだ名として拝借。現代っ子らしく最近の口ぐせは「モノよりコト」。キャンプに、クラブに、セミナーにと、なんだか無駄に忙しそう

パピーの記事一覧

No more pages to load