BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

2nd編集部がおすすめ! この冬手に入れたい、おしゃれに見える大人な眼鏡4選。

いままで経験したことのない様々な出来事が巻き起った、2020年。そんなときでも、物欲ってやつは毎年変わらず湧いてくるわけで……(笑)。そろそろ一年の労をねぎらうべく、“自分へのご褒美”でも吟味しますか。セカンド編集部のメンバーが最近注目している眼鏡ブランドのカッコいいモデルを紹介します!

▼こちらの記事も合わせてチェック!

サウナー必見のカッコいいサウナハットから古着好き納得のウエアまで、2nd編集部のこの冬のマストバイ。

サウナー必見のカッコいいサウナハットから古着好き納得のウエアまで、2nd編集部のこの冬のマストバイ。

2020年11月16日

1.【TJ/Continuer CRW】メガネ好きこそ気になっている多角形シェイプの意欲作。

アイウエアを通してそれぞれの個性にあったスタイルを提案してくれる信頼のセレクトショップ「コンティニュエ」が、単なる別注ではなく、作り手とともにさらに踏み込んだ共作を展開する「/コンティニュエ」プロジェクト。今回はメガネ作りにおけるほとんどの工程をひとりで行い、年間に350本程しか生産できないというこだわりで愛好家には知られている12ホームメイドの土屋潤氏とタッグを組んだ。

図面を元に土屋氏がゼロから製作した一本は、フレンチヴィンテージを彷彿とさせるリム上のクラウンを軸としたバランスの良い多角形のシェイプが秀逸。これだけエッジがあるにも関わらず柔らかな印象を与えるのは、手作業で丁寧に仕上げているからこそ。お陰でこのボリューム感が全くもって嫌味にはならない。なお、12月5日より店頭で受注会が開始される。4万7300円(コンティニュエ☎03-3792-8978)

詳しくはこちら!

2.【NATIVE SONS HARPER】ミニマムなラウンドシェイプに込められた細部へのこだわり。

数々の世界的ブランドでデザインや生産に関わってきた業界の重要人物タミー・オガラ氏が自ら指揮を執り、自社アトリエでわずかな職人たちと丁寧に作り込まれるネイティブサンズのアイウエア。デザインの多くが氏のフリーハンドにより生まれ、近年ではコレクションブランド、サカイとの共作でも話題になるなど、そのクリエイティビティは服好きにこそ支持されている。

ラウンド型の[ハーパー]も、最もクラシックかつミニマムなシェイプながら、太すぎず細すぎない絶妙なフレーム幅と美しいカーブでモダンな香りさえも醸し出す意欲作だ。テンプルに通される羽模様の芯金やシャープなスクープ型のヒンジなど、パーツに至るまで自社生産にこだわった一本の魅力は色褪せない。長年愛したい眼鏡とはきっとこういうものだ。3万8500円(プライベートアイズ&トラッカーズ☎070-1577-2666)

詳しくはこちら!

3.【Jacques Durand PAQUES 106-002】フレンチの巨匠渾身の静かなるクールネス。

1978年にアランミクリの立ち上げに参画し、プロダクトマネージャーとして数々のヒット作を世に送り出したフレンチアイウエアのレジェンド、ジャック・デュラン。2008年には満を持して自らの名を冠したブランドを始動した。

こちらの[パック106-002]は現代建築の巨匠ル・コルビュジエを連想させる肉厚セルのクラシックなパント型だが、エッジの立った流麗なフォルムにただならぬ知性とクールネスを漂わせ、キーホールブリッジやリムの両端が僅かに反り上がる細部にブランドの個性が伺える。

また特筆すべきはフレーム表面に施されたヘアライン仕上げのような美しい艶消し加工。これは自社工房にて、ジュエリー製作出身の職人が金属加工用のブラシでひとつひとつ手作業で行われている特別な工程であり、他にはない魅力として目元に静かな存在感を与えている。4万4000円(ジャックデュランジャパン☎03-6321-1501)

詳しくはこちら!

4.【TITANIKA by Y CONCEPT TN-222 TS11】独自開発のヒンジが生み出す唯一無二のミニマルフレーム。

国産アイウエアブランドとして2013年に誕生したYコンセプトがかねてより開発を進めてきた、ネジを使わない独自構造のヒンジ。その開発が見事成功したことを機に始動したのが別コレクションの「チタニカ」だ。極小のピンだけを使用するというミニマルかつ画期的なヒンジは特許を取得しており、ブランドコンセプトである“Less is More” なアイウエアを存分に体現する、文字通り唯一無二のデザインとなっている。

また、すべてのフレームには高品質なβチタンを使用し、一切の溶接を行わない立体成型によって単純にシンプルなだけではない、強靭さとしなやかさも手に入れた。それにより実現できたエアリーな軽い掛け心地もぜひ体感したい。シャープで洗練されたコンビフレームは、装飾過多にならず、素材にこだわる大人のベーシックな装いにこそ相性が良さそうだ。4万7300円(ワイコンセプト☎03-6356-8766)

詳しくはこちら!

出典

SHARE

PROFILE

2nd 編集部

2nd 編集部

もっと休日服を楽しみたい! そんなコンセプトをもとに身近でリアルなオトナのファッションを提案しています。トラッド、アイビー、アメカジ、ミリタリー、古着にアウトドア、カジュアルスタイルの楽しみ方をウンチクたっぷりにお届けします。

2nd 編集部の記事一覧

もっと休日服を楽しみたい! そんなコンセプトをもとに身近でリアルなオトナのファッションを提案しています。トラッド、アイビー、アメカジ、ミリタリー、古着にアウトドア、カジュアルスタイルの楽しみ方をウンチクたっぷりにお届けします。

2nd 編集部の記事一覧

No more pages to load