BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

2nd別注「Bandol(バンドール)」のフランス製コットンアンサンブル登場!

メンズファッションカルチャー誌「2nd(セカンド)」では、これまでに数々のブランドとコラボし、別注アイテムをリリースしてきた。現在も、さまざまなブランドとのコラボ企画が絶賛進行中。

今回紹介するのは、フランスの老舗ブランド「バンドール」とのコラボで誕生した、上品且つ手軽に楽しめるカットソーのアンサンブル。今年の秋冬には大活躍すること間違いなし!

フランス製の良質なカーディガン&バスクシャツ。

アンサンブルと聞くと、ニットカーディガンとニットソーの組み合わせが一般的だが、ニット素材は女性的なスタイリングになってしまいがち。そこで今回の別注では、素材に「カットソー」を採用。カラーも着回しの効くネイビーとメイド・イン・フランスを更に感じさせてくれる色鮮やかなマスタングをご用意。

実際着用してみた感想は、定番のネイビーカラーは普段着用しているアイテムに気兼ねなく合わせられ、それぞれ単体でもかなり着回しやすい。絶妙な色味のマスタングは、フレンチなコーデが楽しくなってしまう2ndイチオシのカラーだ。ヨーロッパスタイル好きにはたまらないはず。各2万1220円

編集担当のパピー高野が、仲良しスタイリストとバンドール着てお散歩。

2nd編集部パピー高野(左)|ヨーロッパファッションが好きな 若手編集部員。「すこしでも上品 さがあるかどうか」がコーディネイトを選ぶ際のポイント。スタイリスト 吉村祥吾さん(右)|2ndでもお馴染みのスタイリスト。普段からベーシックなアイテムが好きで、気に入ると同じものを何着も購入するタイプ。

高野 すみません、付き合ってもらっちゃって。

吉村 とんでもない。でもいいですね、これ。こういうベーシックで長く着られそうなアイテム好きですよ。

高野 アンサンブルって着方の提案そのものが、今は新しいと思うんですよね。

吉村 確かに。そもそもバンドールってブランドの存在は知ってたんですか?

高野 もちろん! 1970年代にフランスで創業した老舗で、年を追うごとに評価が高まっているファクトリーブランドです。もちろんこのアンサンブルも、フランス産の生地を使ったフランス製です。

吉村 さすが肌触りも抜群にいいですね。

高野 でしょ。柔らかいんですけど、インターロックという製法で作られていて、丈夫かつ弾力性に富んでいるんです。

吉村 しかもコットン生地だからウールのカーディガンと違って、気軽に洗える、というわけですね。見た目の上品さに反して、ガシガシ着倒せると。

高野 そうなんです。そこも大事なポイントなんですよね。さすが吉村さん、バンドールが似合ってるだけあってよく分かってるなあ(笑)

吉村 いつものチノパンに革靴履いてるだけなんですけどね。ネイビーで、フランス製で作りもよくて、これだけベーシックなアイテム、たぶんどんな服着てても合いますよ(笑)

高野 ボクが着ている”マスタング”というカラーもすごくいいんですよ。ヨーロッパファッションが好きなので、このフレンチっぽい絶妙な色味はたまらないですね。

吉村 あと僕が気に入っているのは、この見返し(ボタンが付いている部分)の幅。ここと袖口のリブが狭いぶん、上品かつシャープに見えますよね。

高野 なるほど。それはスタイリストさんだからこそ気づけるポイントですね。

吉村 あと、カーディガンの首元がやや狭いですよね?

高野 お! よく分かりましたね。タイドアップした時に、ほどよくタイが見えるぐらいの開き具合を目指しました。

吉村 2ndと言えばタイドアップですからね。

高野 あともうひとつ、吉村さんでも気づけていないポイントがあるんですよ……。

吉村 え、なんですか?(笑)

高野 カットソーの上からカーディガンを羽織った瞬間、カットソーの袖がくるくるって捲れていっちゃって戻すのが大変ってこと、よくありません?

吉村 あー! あるある(笑)高野 このカットソーは九分丈なんで、重ね着した時に袖を引っ張りながら上手く重ね着できるようになってるんですよ。

吉村 それはさすがに細かすぎる(笑)

高野 実はここが一番のこだわりポイントかもしれません(笑)

吉村 いや! 他にもいっぱいあるでしょ!

バスクシャツ単体でも様になる!
中にシャツを着ても、もちろん合わないはずがない

購入はこちらから!

完全受注生産で2万1120円のグッドプライス! 7月21日(水)12時から受注開始!

もちろん、この一着が買えるのは今回のみ。しかも完全受注生産なので買い逃しは禁物です。価格もお手頃価格に抑えることができました! すでに到着が待ち遠しい!!

【価格】
2万1120円( 消費税、送料込み)

※カーディガンとバスクシャツのセット販売のみになります。

【サイズ展開】
[Mサイズ]
カーディガン: 着丈69×肩幅44×身幅53×袖丈62cm
バスクシャツ: 着丈68×肩幅44×身幅53×袖丈57cm
[Lサイズ]
カーディガン: 着丈71×肩幅46×身幅55×袖丈63cm
バスクシャツ: 着丈70×肩幅46×身幅55×袖丈59cm

【完全受注発注・ご購入スケジュール】
購入応募期間/2021年7月21日(水)12:00~9月27日(月)19:00まで
ご配送/2022年1月中旬頃
※制作都合によりお届けが遅れる場合があることをご了承ください。

購入はこちらから!

お問合せ/株式会社ヘリテージ 2nd 営業部 03-3528-9794

SHARE

PROFILE

パピー

パピー

家の近所にある大盛カレーショップの名を、あだ名として拝借。現代っ子らしく最近の口ぐせは「モノよりコト」。キャンプに、クラブに、セミナーにと、なんだか無駄に忙しそう

パピーの記事一覧

家の近所にある大盛カレーショップの名を、あだ名として拝借。現代っ子らしく最近の口ぐせは「モノよりコト」。キャンプに、クラブに、セミナーにと、なんだか無駄に忙しそう

パピーの記事一覧

No more pages to load