オリジナルウエアをオーダーしよう!

着るだけで楽しくなる
オリジナルジャージ

イベントやレース、走りに行くときなど、仲間と走るときは、同じウエアを着るだけで一体感が増し、テンションが上がるもの。バイクライフをさらに楽しくするアイテムがオーダーウエアだ。
ロードバイクブームとともにオーダーウエアのブランドも増えた。現在では最低数や予算だけではなく、素材やパーツなど細部にこだわった商品を選べるほどだ。
もちろん、カタチだけではなく、レーサーや上級サイクリストからホビーユースまで、それぞれが納得する素材や機能性、価格でラインナップされている。
そして、各ブランドのデザイン体制は充実。テンプレートで作成するセミオーダーから、プロのデザイナーにフルオーダーできるものまで、オリジナルを制作すると聞くと、尻込みをしてしまうサイクリストでも、簡単にオーダーできるようになっている。
また、アクセサリー類が充実しているブランドも多い。
各ブランドで発注の方法が若干異なるが、おおまかには上に記したとおり、①商品を決める ②デザインを考える ③デザインの修正をして確定する ④試着サンプルでサイズを確認する ⑤注文をして支払いをする ⑥納品だ。
春のイベントやレースの前に新しいオリジナルウエアをオーダーしておこう!

{ オーダーの流れ }

  • 商品を決める

    商品を決める

    目的やニーズによって選べる

    ベースとなる商品はレース向きのスマートなウエアから、サイクリング向きのゆったりとしたウエアなど、パターンや素材、価格もさまざまにある。目的に合ったジャージを選ぼう

  • デザインを考える

    デザインを考える

    手書きやPCソフトを使用する

    各ブランドでデザインプレートを用意しているので、手書きやPCソフトを使用して制作する。テンプレートを使用したセミオーダーやプロのデザイナーへお任せできるサービスもある

  • デザインの修正をして確定する

    デザインの修正をして確定する

    デザインを確認してオーダー!

    デザイン案を入稿すると、メーカーからデザイン見本(多くはPDF)が送られてくるので、柄やロゴの配置、色などをチェックする。ミニプリントを出してくれるブランドもある

  • サンプルでサイズを確認する

    サンプルでサイズを確認する

    サンプルを取り寄せて試着しよう

    多くのブランドはサイズサンプルの貸し出しを行っている。ジャストサイズでオーダーできるよう、試着する。同じブランドでも商品によってフィット感やサイズ感が違うモデルもある

  • 注文・支払

    注文・支払

    注文を確定したら支払いをすませる

    オーダーするジャージのサイズや数量のほか、グローブやアームカバーなどの小物の発注など、漏れがないか最終チェックをして、指定口座に支払う。数週間後に商品が届く

  • 納品

    納品

    納期までは10日〜1カ月かかる

    多くは約1カ月で納品される。アップチャージを支払えば、納期が短くなるサービスを展開しているブランドもある。商品が到着したら、サイズと数量、仕上がりを早めにチェックする

{ ORDER WEAR }

  • CHAMPION SYSTEM

    CHAMPION SYSTEM

    豊富なバリエーションをそろえ用途と予算に合わせ小ロットからオーダー可能

    詳しく見る

  • SUNVOLT

    SUNVOLT

    ウエアにも一切妥協したくないレーサーも納得の高品質

    詳しく見る

  • VALETTE

    VALETTE

    高機能でセンスがいいジャージを数日で作れる

    詳しく見る

その他のブランドはコチラ

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

BiCYCLE CLUB TOPへ

No more pages to load