BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

LOOK(ルック)・795ブレードRSディスク|ニューモデルインプレッション

注目の最新モデルを徹底インプレッション! ルック・795ブレードRSと同時発表されたディスクブレーキモデル、795ブレードRSディスクに副編・山口が乗った!

スピードリリースでホイール交換も簡単になった
795ブレードRSディスク

LOOK 795 BLADE RSと同時発表となったディスクブレーキモデル。基本コンセプトはディスクブレーキモデルも同じだが、ジオメトリーが多少異なる。リアセンターがリムブレーキモデルが405mmなのに対し、ディスクブレーキモデルでは415mmとなっている。アルテグラDi2仕様で7.37kgとなる

ブレーキ台座は前後ともにフラットマウントを採用し、スルーアクスルはマヴィックのスピードリリースで、ホイールの着脱を容易にしている

ディスクブレーキ仕様はシートステーにはもちろんブリッジもなく、路面追従性を高めている

ルック
795ブレードRSディスク

41万円(フレームセット/税抜)
■サイズ:XS、S、M、L、XL

ちょっとハードに感じるディスクブレーキモデル

副編・山口がインプレッション

ディスクブレーキモデルはリムブレーキモデルとほぼ同じデザインとなっており、バイクの傾向もかなり似ている。ただし、このディスクブレーキモデルのほうが、フォークまわりの剛性が高く、ホイールが左右にヨレる感が少ないようだ。このため、踏み出しの軽さや巡航速度の伸びがさらによくなっている。また、ブレーキをかけたときも、フォークの先がヨレないために、コントロールしやすい。
トータルではフレームの剛性は高い。ただし、路面からの突き上げもリムブレーキモデルとは多少感じ方は違うが、レーシングモデルとしては少なく、トラクションを維持しやすい。スルーにはマヴィックのスピードリリースを使うなどレースにも対応する。

TTバイクにも簡単にチェンジ

795 ブレード RS は昨年発表された 795 ライト RS 同様に TT バイクとしても兼用できるコンセプトになっている。インテグレ ーテッドエアロコックピット採用で、ハンドル位置もヘッドチ ューブがトップチューブから下がったデザイン。薄いADS を使うことでハンドル位置を下げることができる。このため TT ポジションもとりやすくなっている。さらにシートポストはヤグラを反転すること前乗りポジションにも対応、シートポスト に取り付け台座があり、ボトルも取り付けられる。

インプレッションライダー
山口博久

35歳からロードレースに復帰し、Jプロツアーで走った経験をもつ編集者。シクロクロスではC1カテゴリーで走るレース好きなホビーライダー。ただし、パワーが低く、スプリントを苦手とする。

ニューモデルインプレッション
一覧はこちらから

副編・山口のその他の記事は
こちらから

問:ユーロスポーツインテグレーション www.eurosports.co.jp

SHARE

PROFILE

山口

BiCYCLE CLUB / 副編集長

山口

バイシクルクラブ副編集長。かつてはマウンテンサイクリングin乗鞍で 入賞。ロード、シクロクロスで日本選手権出場経験をもつ。ただ、44歳を迎えた現在では体力の衰えをカバーしつつも、ロードレースやグランフォンドを楽しむため機材や身体のケアを研究している。

山口の記事一覧

バイシクルクラブ副編集長。かつてはマウンテンサイクリングin乗鞍で 入賞。ロード、シクロクロスで日本選手権出場経験をもつ。ただ、44歳を迎えた現在では体力の衰えをカバーしつつも、ロードレースやグランフォンドを楽しむため機材や身体のケアを研究している。

山口の記事一覧

No more pages to load