BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ロードバイクの車載テクニック!クルマに載せて走りに行こう!

PAGE
2 / 3

工夫しだいで意外と積めるロードバイク車載術

屋根の上などにサイクルキャリアを取り付け、ロードバイクを運ぶクルマを最近は多く見かけるようになった。

しかし、シンプルな構造のロードバイクは、前後輪を外せば、キャリアなしでもカンタンに車内に積めてしまうのだ。毛布とホイールバッグがあれば、車内を汚さずにスッキリと収納できる。この方法なら、外に積むより燃費は悪くならないし、雨に濡れることもない。

車載術1|後部座席を倒して、前輪のみ外して積む

ひとりで車載して移動するときに、便利な方法がこれ。後部座席を倒し、スペースを広く使うことで、後輪を外さなくても車載できる。ガチャガチャと車体にぶつかる音もせず、チェーントラブルもなく収納できるのが最大のメリット。

前輪はホイールバッグに入れて、駆動部のメカに触れないようバイクの上に載せておくのがスマートだ。

車載術2|後部座席を倒さず、前後輪を外して積む

後ろに人が乗るときは、後部座席を倒さないでバイクを収納する必要がある。平置きではバイクが入らない場合は、バイクをひっくり返して縦積みする。

ただし、縦積みの場合はチェーンが暴れると、車内を汚す原因になる。キャリパーブレーキに引っかけるなどして、チェーンのたるみを予防しよう。

車載術3|2台積むときはフレームを重ねて積む

2台以上積むときは、間にホイールをはさまずに、バイクどうしを互い違いにしてコンパクトにまとめよう。クランクの角度を水平にして、スペースを最小限にするのも有効な方法。

ホイールバッグが足りない場合、車輪どうしの干渉を少なくするため、バッグとホイールを交互に重ねる手も。ゆっくり確認しながらトランクを閉めれば完了だ。

車載術4|後部座席にそのまま積む

ラゲッジルームには別の荷物を積みたい、という場合に有効な手段。後部座席はそのままの状態で積み込むため、基本は前後ホイールを外して入れる。注意したいのは車内の高さで、入らない場合はサドルを下げるか、外すと入れやすくなる。

サドル高が高いと、すんなり入らないことがあるので、ぶつける前によく確認すること。チェーンやギヤで傷つけないよう、輪行袋に入れるのがおすすめだ。

座席が汚れないように、毛布などを使ってしっかりとカバーしておこう。足元と座席にうまく入れれば、2台載せることもできる。シートベルトで固定すれば、安全性も確保しやすい。

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load