ロードバイクを始めるなら、いま! ビギナーも安心、間違えない自転車ショップ選び [ロードバイク]

昨今の自転車ブームや、漫画「弱虫ペダル」などの影響もあり、ロードバイクを乗ってみたいというエントリーユーザーが増えている。とはいえ、ママチャリほど気軽に始められないのも事実で、最初の一歩はけっこう勇気がいる。そこで、自分にとって最適の一台を見つけるための心強い味方になる、自転車ショップの選び方についてご紹介しよう。

ロードバイクはどこで買えばいいの?

ロードバイクを始めるなら、いま! ビギナーも安心、間違えない自転車ショップ選び [ロードバイク]|03
ロードバイクを買ったことがない人にとって、どの自転車ショップに行けばいいのかは最初に悩むポイント。そこで、大まかに4つのタイプに分けてみたので、自分に合うのはどのタイプか当てはめてみよう。

○エントリー中心の品ぞろえ
「総合自転車店」
ショッピングモールなどに入っているので、気軽に立ち寄れる雰囲気がうれしい。立地がらエントリーモデルを中心に取りそろえ、手頃な価格のヘルメットやウェアなどが置いてあるのもポイント。

○とにかく豊富な品ぞろえ
「大規模プロショップ」
スポーツバイク全般を扱う大規模プロショップの魅力はなんといっても、多くの商品から選べること。取り扱いメーカーも多く、自転車本体だけでなく、ウエアやパーツまで、初級者から上級者まで何でもそろう。

○得意なジャンルに特化
「独立プロショップ」
ロードバイクを扱うショップで一番多いのがこの「独立プロショップ」。品ぞろえより、ショップ独自の厳選された商品が並ぶ。細かなサポート、カスタムにも応じてくれるので本気で取り組みたい人には心強い存在。

○好きなブランドがあるなら直行!
「ワンブランドショップ」
クルマでいうところのディーラーにあたるので、好きなブランドがあればもっとも適した選択肢。エントリーモデルから、プロが乗る上級モデルまでを網羅する。そのブランドに精通したスタッフによるサービスも◎

ショップに行く前に聞いておきたい、あんなコト・こんなコト

いざショップに行くとなると「何を質問すればいいんだろう」とちょっとドキドキする。実際にロードバイクを購入するとなれば、懐具合も重要だ。そこで、よりスムーズに相談が進むよう、ちょっと聞きにくいことも含めて自転車ショップに質問をぶつけてみた。
ロードバイクを始めるなら、いま! ビギナーも安心、間違えない自転車ショップ選び [ロードバイク]|04
Q.買うときは何を伝えればいいですか?
A.「ロードバイクは自転車本体だけでなく用品にもお金がかかります。予算と用途(通勤、ツーリング、レースなど)を教えてくだい」

Q.ネットで安いロードバイクを見つけたんだけど……
A.「適正なサイズのチェックができなかったり、アフターサービスが受けにくかったりと、ネットならではのデメリットがあります。自分できちんと整備ができる人以外はやめておいた方がいいでしょう」

Q.試乗はできますか?
A.「ショップによっては試乗車を用意しています。買いたいモデルの適正サイズがあればラッキーですが、そうではない場合でも、同じフレームサイズならサイズチェックができますし、何よりロードバイクがどういうものかを体験できますので、試乗車があったら積極的に乗せてもらいましょう」

Q.注文してからどれくらいで手元に届く?
A.「店頭に在庫がなければ、メーカー取り寄せになります。在庫があれば、1~2週間ほどで入荷します。そこから、納車整備をするので、乗る予定日が決まっている場合は余裕を持って来店してください」

さあ、出掛けよう!理想のロードバイクを求めて自転車ショップへ

エントリーユーザーの増加とともに、ロードバイクの入り口も大きく広がっている。スポーツやレースのためでなく、通勤・通学、ファッション性を重視するユーザーのニーズにも応えるモデルが取り揃ういま、この流れを逃すのは実はとてももったいないことだ。
「ロードバイクに乗ってみたい!」という気持ちを大切に、いまこそロードバイクライフへ漕ぎだそう。

【厳選! ビギナーに優しい全国自転車ショップマップ】

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

BiCYCLE CLUB TOPへ

No more pages to load