ロードバイクビギナー必見!! 賢いショップ選びのポイント

ロードバイクというと、ちょっと敷居が高く感じる人も多いだろう。でも、ロードバイクの魅力は無限大。通勤に使えば、満員電車のストレスとは無縁になれるし、簡単にスリムな身体を手に入れることもできる。さらに、ヒルクライム、ロングライド、耐久レースなど、さまざまなイベントにもチャレンジできる。

ただし、ロードバイクはママチャリなどよりも動きがシビアなこともあり、身体のサイズやスキルに合ったものを選ぶことが重要となる。そのため、ショップ選びは慎重にすべき。ベストマッチな一台を手に入れるためのショップ選びのポイントを知ることが、快適で安全なロードバイクライフを送るための第一歩といえる。

自分が重視したいポイントに合ったショップを選ぼう

ロードバイクを扱うショップには、さまざまなタイプがある。まずは、自分がどんな点を重視してロードバイクを購入したいのかを検討してからショップ選びをすることが必要だ。

たとえば、より多くのラインナップを一気に見て、比較検討したいなら、大規模ショップを。いっぽう、ロードバイクに関して右も左もわからない……といったビギナーなら、ロードバイク専門店や小規模なショップがおすすめ。体型、スキルに合ったロードバイク選びのアドバイスから、サイクルライフの提案、ノウハウまで、丁寧に教えてもらえるからだ。

すでに欲しいブランドが決まっている場合、ひとつのブランドのバイクだけを扱う、ワンブランドショップがおすすめ。メーカー直営店の場合、ほかのショップよりもサイズ展開も豊富なので、自分の身体のサイズにぴったりの一台を見つけやすい。

また、販売するだけではなく、フィッティングサービスや、カフェ、ワークショップなどをメインに行う体験型ショップも増加中だ。ロードバイクは欲しいけれど、乗りこなせるかが不安に感じているような人は、体験型ショップに足を運んでみるのも手だ。

ちなみに、ショップまで足を運ぶことが面倒という人には通販を……と言いたいところだが、通販はロードバイクに乗り慣れた人向け。初めてロードバイクを手に入れるなら、ショップで購入するほうがいいだろう。

ロードバイク購入から納車までの流れを把握しよう

ロードバイクは身体のサイズにしっかりと合ったものを選ぶことが鉄則。そのため、必ずしもぴったりサイズの在庫がショップにあるとは限らない。メーカーにある在庫を取り寄せることが多いことから、納車までの期間は平均で1週間程度となる。

ただし、海外ブランドの場合には、国内に在庫がないと1カ月程度かかることもある。ではここで、簡単に購入から納車までの手順を紹介しよう。

STEP1
使用目的をイメージする

通勤をメインにしたい、イベントに参加したいなど、ロードバイクで自分がどんなことをしたいのかイメージしてショップへ行こう。もちろん、予算も事前に決めておくことも忘れずに。初めてのロードバイクの場合の平均予算の目安は、15万~30万円。どのバイクがイメージに合うのかなどがわからなければ、臆さずスタッフに質問を!

イラスト1

STEP2
サイズ計測

ロードバイクには、ママチャリなどよりも細かいサイズ設定があるため、身長、股下の長さなどを計測して、適切なサイズを選択することは必須だ。自分で計測しておいてもいいが、ビギナーであればショップスタッフに計測してもらうほうが安心だ。

イラスト2

STEP3
注文

ショップのおすすめやカタログを吟味して最終ジャッジを。在庫があれば、即納車となるが、サイズまでピッタリということは少ないため、その日は発注のみ、後日に納車というケースが多い。

STEP4
納車

納車されたら、購入したショップへ行ってフィッティングを行おう。注文時にサイズを計測しているが、このときには、実際にバイクにまたがってサドルやハンドルの高さなどをしっかりと調節する。このとき、乗り方も教えてもらえる。また、ヘルメットなど、必要なアクセサリーなども同時に購入しておこう。

イラスト3

(出典:『大人のロードバイク教科書』
(エイサイト編集部 楠田)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

BiCYCLE CLUB TOPへ

No more pages to load