初めてのロードバイク。アイテムは「必須」と「あると便利」に分けるのがキモ

ロードバイクを始めるにあたって必要なのは、ロードバイク本体だけではないことは知っておいてほしい。もっとも重要なアイテムは、公道を安全に走るためのヘルメット、ライト、ベルなどの装備。とくに、ヘルメットはイベントに参加する場合には着用が必須となるので、最初に買い揃えておきたいマストアイテムだ。さらにフロアポンプなど、ロードバイクの性能の維持に必要なものだ。そのため、ロードバイク本体の価格に、必要最低限なアイテムの購入金額を含めて予算を決定することが必要だ。

ロードバイクライフを安心・安全に

ロードバイクだけでは安全・安心のロードバイクを送ることはできない。ロードバイク購入時に必ず揃えておかなくてはならないアイテムは以下のとおり。一式揃えるとだいたい5万円程度となる。

ヘルメット、ペダル、フロントライト、グローブ、ロック(鍵)、ベル、リアライト

1-3_y11_hecto_drive-l1

いざというときに安心のアイテム

ロードバイクライフを送るうえで必ず必要になるアイテムも揃えておくと安心。とくに、パンク修理に必要なアイテムは購入時に揃えておくのがおすすめだ。また、サドルバッグは財布などの小物を入れるときのためのコンパクトなものから、ちょっと遠出のサイクリング時に必要なアイテムを入れられるようなものなど、サイズはさまざま。サイズ選びに迷ったら、ショップの人に相談してみよう。

携帯工具、タイヤレバー、スタンド、ボトル、携帯ポンプ、サドルバッグ、フロアポンプ、ボトルケージ、タイヤチューブ

バッグ

ロードバイクライフをさらに充実させよう

ロードバイクでイベントやレースに参加するようになると、プラスαのアイテムが必要となってくる。少々コストはかかるが、買い揃えればロードバイクライフの充実度がアップすることは間違いない。

すそバンド、ウエア上下、アイウエア、輪行バッグ、ケミカル、サイクルコンピュータ

アイウエア

(出典:『大人のロードバイク教科書』
(エイサイト編集部 楠田)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

BiCYCLE CLUB TOPへ

No more pages to load