BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

東京オリンピック自転車ロードレース競技大会の応援イベントを多摩市で開催

多摩市のパルテノン多摩市民ギャラリーにおいて7月13日(土)、東京 2020 オリンピック大会の自転車競技ロードレースをより楽しむための応援イベントが開催される。

同大会において、都内最長となる11.8kmが市内コースとなった多摩市では、大会の成功に向け、「たましい込めて応援しよう!PROJECT」を進めている。

イベント当日は、市内コースの一部をバーチャルで走行体験できるコーナーや、元ロードレース選手の栗村修氏によるトークショーなど、初心者でも楽しめる内容を実施。また、来場者には、東京 2020 オリンピック競技大会「自転車ロードレース」を楽しむためのルールや魅力を紹介する観戦ガイドブックをプレゼントする。ぜひ、足を運んでみよう。

日 時 : 7月13日(土) 午前10時~午後6時 (入場無料:時間内の入退場自由)
会 場 : パルテノン多摩 市民ギャラリー (東京都多摩市落合2-35)
内 容 : 元ロードレース選手 栗村修氏によるトークショー(上記時間内に複数回実施)、固定自転車による市内コース(一部)の仮想走行体験、パネル展示 など(予定)

■栗村修氏
一般財団法人日本自転車普及協会 主幹調査役/元自転車ロードレース選手
1971 年神奈川県生まれ。中学生のときに TV で観たツール・ド・フランスに魅せられロードレースの世界へ。17 歳で高校を中退し本場フランスへロードレース留学。その後ヨーロッパのプロチームと契約するなど 29 歳で現役を引退するまで内外で活躍した。引退後は国内プロチームの監督を務める一方で J SPORTS サイクルロードレース解説者としても精力的に活動。豊富な経験を生かしたユニークな解説で多くの人たちをロードレースの世界に引きずり込む。現在はツアー・オブ・ジャパン大会ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。

■展示内容について
1964 年東京オリンピック時の日本代表のロードレーサー車両、コース図、写真などを展示予定。

問:多摩市 イベント事務局
http://www.city.tama.lg.jp

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

No more pages to load