BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ハイパフォーマンス・コンポーネントブランド「CADEX」誕生

高品質なバイク、コンポーネントを展開するGIANTから、ホイールシステム・タイヤ・サドルを含む新たなプレミアムプロダクトが登場。
2016年からワールドクラスのプロレーサーが監修し、作り上げられた商品群が、ついに市場投入される。

ハイパフォーマンス製品の新たな可能性を追求するために、エンジニア、バイオメカニクスの専門家、プロチーム、そしてプロアスリート達を結集させ、数年間を掛けた開発段階を経て、CADEXコンポーネントが市場に投入される。ツール・ド・フランス 2019開幕直前にベルギー・ブリュッセルで開催されたグローバル発表会で、CADEX製品が発表された。

CADEXプロジェクト

このプロジェクトは、プロレーサー向けの最高のサイクリングコンポーネントを開発するという野心的な試みとして、2016年に開始。CARDEXというブランド名は、1985年にGIANTが大量生産可能なカーボンファイバーロードバイクを開発するために着手した先駆的なプロジェクトに由来しており、 数十年を経た現在、最先端コンポーネントブランドとして生まれ変わった。

プロジェクトを開始するため、エンジニア、バイオメカニクスの専門家、CCCチームのオリンピックチャンピオン「Greg Van Avermaet」、オーストラリアのアイアンマンプロの「Tim Van Berkel」、「Sam Appleton」、そしてロード世界選手権を3度制している「Marianne Vos」を含むCCC-Livのロードレーサー達プロアスリートが開発チームとして集結。ミッションとして「運動中のバイクとライダーの動作研究」、「次世代のマテリアル技術の探求」、「 画期的な製造プロセスへの投資」という3つのテーマに焦点を合わせ、新しいホイールシステム、サドル、タイヤがテストされ、開発が続けられてきた。

CCCチームのライダーGreg Van Avermaetは、春のクラシックシーズンを通して#overachieveというブランド名で、量産試作品のCADEX ホイールシステムでレースを戦った

「CADEXのスタッフは、私たちのフィードバックや提案に対して非常にオープンだ」とVan Avermaetはいう。「冬に初めてのCCCチームトレーニングキャンプがあり、そして春のクラシックから今日のツール・ド・フランスに至るまで、私たちは最も過酷な条件下のトレーニングやレースにおいて、最高のパフォーマンスを発揮するために、これらの製品を開発し改良してきた」

また、CADEXのプロダクトおよびマーケティング責任者であるJeff Schneiderは、プロチームやプロレーサーと協力することが、開発プロセスにおいて不可欠な役割を果たしているという。「このプロジェクトの最初から、トッププロアスリートやそのメカニック、そして技術スタッフから貴重なフィードバックを得ることができました。私たちはすべてを一から再考し、ホイールシステム、サドル、タイヤなどのコンポーネントが、新しい素材や製造技術によって、いかに劇的に改善されるかを研究するための新しい方法を見つけることから始めました。 そこから私達はラボ、そして厳しいトレーニングとレースの条件下で、プロトタイプの数々をテストしてきました」

これらの経緯から、優れたプレミアムプロダクトであることは間違いなく、2020年の注目アイテムといえる。

現在発表されているCADEXコンポーネントは、ホイールシステム、タイヤ、サドルというラインナップ。9月下旬以降に市場で入手可能になる予定で、2020年モデルのGIANT、およびLivバイクのプレミアムモデルに採用される予定となっている。

CADEX製品ラインナップ

CADEX 42/65 WheelSystems
CCCチームのプロレーサーによりトレーニングとレースという双方のシーンで開発・テストされたカーボンホイールシステムは、全く新しい素材と製造技術で生産され、より軽量で優れたパワー伝達、反応性および空力性能を提供する。CADEX 42(リムハイト42mm)はさまざまなレース状況下において、オールラウンドな性能を発揮、一方CADEX 65は変化する風の動きに対する安定性を妥協することなく、最上のエアロ性能のためのより高いリムハイトを特徴とする。どちらも新型のフックレスカーボンリムを採用し、エアロカーボンスポークとカスタム・チューンド・ダイナミック・バランスド・レーシング(DBL)テクノロジーにより、パワー伝達効率を向上させている。また、精密機械加工されたハブ内部構造により、ベアリングの摩擦を最小にしてさらに効率を向上。どちらのモデルも、チューブレスとチューブラー仕様、リムブレーキとディスクブレーキ仕様をラインナップする。

最大のパワー効率を維持するための低摩擦ハブと、エアロダイナミクスと耐久性を高めるための超軽量フックレスリムデザインにより、CADEX 42 WheelSystemは、多様な地形で最高のオールラウンダー性と軽量性能を発揮する
CADEX 65 WheelSystemは、エアロダイナミクスを最大限に引き出すためのフックレスリムデザインと超軽量エアロカーボンスポークを備え、かつ低摩擦ハブによりパワーロスを大幅に削減します。軽量性を妥協することなく、究極のエアロ性能と変化する風の動きに対する安定性を提供する

CADEX Aero WheelSystems
コンマ数秒でも確実に短縮することを課せられたエアロホイールシステムは、フランスのAero Concept Engineering(ACE)の空力専門家によるCFD研究と風洞試験、および実際の路上テストによって開発。CADEXのパートナーチームとアスリートは、過去1年間のプロタイムトライアルとアイアンマンレースにおける、優勝と表彰台獲得を目指してこれらのホイールを使用した。このシリーズには、4スポークモデルとフルディスクモデルの2種類があり、どちらもクラス最高のねじれ剛性と空力性能を備え、精密に機械加工されたハブ内部構造によりベアリング摩擦を低減し、最大効率を実現している。CADEX 4-Spoke AeroとCADEX Aero Disc Wheelsystemともに、チューブレスとチューブラータイヤ仕様をラインナップしている。

フランスのAero Concept Engineering(ACE)での広範な風洞試験で開発されたCADEX Aero WheelSystemは、4スポークモデルとフルエアロディスクモデルをラインナップ

CADEX Boost Saddle
軽量化を念頭にパワー伝達と快適性を向上するというCCCチームの高い要望を満たすため、最新のカーボン製造技術を駆使して最先端のサドルを製造。ベースには新しいAdvanced Forged Compositeフレームを使用することで、不要なたわみを排除し、パワー伝達を最大化している。ベースと一体デザインのレールは、接続部をライダーの体重がかかる場所ではなく、後方のベース部に配置することで、一般的なプレッシャーポイントを解消しており、先端が切り取られたベース形状は、CCCチームのバイオメカニクスの専門家とプロレーサーによって開発・微調整され、長時間のトレーニングとレースにおいて完璧なフィット感と快適さを提供する。最後に、コンタクトポイントの2つの独立したポケットには、流動的な粒子が含まれており、ライダーの独自の骨盤接触状態に成形されることで、プレッシャーポイントをさらに緩和し、しっかりした快適な感触をも提供している。

CADEX Boost Saddleは、一般的なプレッシャーポイントを緩和し、不要なたわみを排除する独自の設計。CCCチームのライダーとの広範なテストを経て、優れたパワー伝達と驚くほど快適なフィット感を実現した

CADEX Race Tubeless Tires
比類ない転がり効率と確かなハンドリングを実現するために、全く新しいシリカベースのコンパウンドから研究を始め、我々は最終解に到達するために多数のブレンド、タイヤ形状、トレッドデザインをテスト。ラボテストとCCCチームライダーによるテストを経て生まれたCADEX Race Tubeless Tireは、妥協のない高性能と信頼性を提供する。単層の超しなやかなケーシングは、チューブラーとほぼ同じ感覚と思えるほどで、加えて、Race Shield Kevlar素材による優れた耐パンク性能と転がり効率がよいことから、より低い空気圧で走行することを可能にしておる。

ラボ内およびCCCチームのライダーによってテストされたCADEX Race Tubeless Tireは、耐パンク性能と使いやすさを備え、かつ単層式の超柔軟なケーシングによって、チューブラータイヤと同様のロードフィールを提供する

SPEC

CADEX 42
タイプ:フックレスクリンチャー(チューブレス)、チューブラー
対応ブレーキ:リム、ディスク(センターロック)
リムハイト:42mm
リム幅(外):23mm
リム素材:カーボン
スポーク:エアロカーボン(ストレートプル)
ハブ:CADEXアロイ
対応カセット:シマノ・11、スラム・XDR12
重量:1163g(リムブレーキ用チューブラー)

CADEX 65
タイプ:フックレスクリンチャー(チューブレス)、チューブラー
対応ブレーキ:リム、ディスク(センターロック)
リムハイト:65mm
リム幅(外):26mm
リム素材:カーボン
スポーク:エアロカーボン(ストレートプル)
ハブ:CADEXアロイ
対応カセット:シマノ・11、スラム・XDR12
重量:1367g(リムブレーキ用チューブラー)

CADEX 4-SPOKE AERO(フロント)
タイプ:クリンチャー、チューブラー
対応ブレーキ:リム
リム幅(外):27.6mm(クリンチャー)、27.3mm(チューブラー)
リム素材:ウルトラライト18Kフルコンポジット
ハブ:CADEXアロイ
重量:760g(チューブラー)

CADEX AERO DISC(リア)
タイプ:クリンチャー、チューブラー
対応ブレーキ:リム
リム幅(外):27.6mm(クリンチャー)、27.3mm(チューブラー)
リム素材:ウルトラライト18Kフルコンポジット
ハブ:CADEXアロイ
重量:1000g(チューブラー)

CADEX BOOST SADDLE
表皮:マイクロファイバー
レール素材:アドバンスド フォージド コンポジット
パッド:EVA+ETPU パーティクルプロー
サイズ:249×149mm
レールサイズ:9mm
カラー:ブラック
重量:138g

CADEX Race TIRE
サイズ:700×23、25、28C
タイプ:チューブレス
ケーシング:170TPI
空気圧:85〜125PSI
ビード:ケブラー、カーボンコンポジット(フォールディング)
重量:255g(23C)、270g(25C)、325g(28C)

About CADEX

CADEXは、ホイールシステム、タイヤ、サドル、その他のコンポーネントを含む高性能サイクリングコンポーネントブランドで、新製品の開発・改良に参加するワールドクラスのトップアスリートがCADEX製品を実際にレースで使用する。

CADEXコンポーネントは、2年間の保証と5年間のクラッシュリプレイスメントプログラムを含む「White Glove Serviceプログラム」によって保証されており、製品情報や品質保証に関する詳しい内容は、CADEXウェブサイトwww.cadex-cycling.comにて確認することができる。

CADEX CYCLING(英語サイト)
www.cadex-cycling.com

※なお、日本国内でのラインナップや価格については、8月末に発表を予定している

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

No more pages to load