BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

新型アルティメット CF EVO Disc発売!実車をCROSS COFFEEにて日本初公開

「CANYON(キャニオン)」から新製品が登場。油圧ディスクブレーキロードバイク完成車としてキャニオン史上最軽量市販モデルとなる、アルティメット CF EVO Discが発表された。以下、プレスリリースより。

油圧ディスクブレーキロードバイク完成車で6kg切り

軽さは正義。それは今までも、そしてこれからも変わることのない、ロードバイクの最もシンプルな価値基準でしょう。軽さを実現するためには、その時代における最先端の革新技術が要求されます。工業大国ドイツの名にかけて、キャニオンはこの技術競争において常に時代の最先端を切り開いてきました。その象徴が、2002年に発表した完成車重量3.7kgの「Projekt 3.7」や、2006年に発表した油圧ディスクブレーキ仕様で6.8kgを下回る「Projekt 6.8」といったコンセプトバイクです。

そして2019年、キャニオンがその革新技術の全てを注ぎ込み発表するのが、油圧ディスクブレーキロードバイク完成車としてキャニオン史上最軽量市販モデルとなる、アルティメット CF EVO Discです。その完成車平均重量(Mサイズ・ペダル無し)は、6kg切り(Sub-6kg)を達成しました。

 

▼2002年に発表した完成車重量3.7kgの「Projekt 3.7」Copyright: Tino Pohlmann / Canyon Bicycles
▼2006年に発表した油圧ディスクブレーキ仕様で6.8kgを下回る「Projekt 6.8」Copyright: Tino

アルティメット CF EVO Discのフレーム素材は、ウルトラハイモジュラスカーボン(UHM)、ウルトラハイテンション(UHT)カーボンを採用。さらに先進的な製造手法により超軽量を達成しながら、重量比剛性、空力性能、乗り心地にも一切抜かりはありません。キャニオンの他のロードバイクと同じ厳格な耐久テストをクリアし、まったく通常のロードバイクとして使用できるモデルとして開発。これにより、フレーム重量641g(スモールパーツ除く)、フォーク重量285gを達成しました。

完成車仕様として、フレーム・フォークにとどまらず、ステム一体型ハンドルはアルティメット CF SLXに採用されるCP10 Aerocockpitよりも15%軽量化を実現したCP20 Evocockpit(270g)を開発。また完成車で6kg切りを達成するためにSRAM RED eTap AXS 2×12ドライブトレイン、DT Swiss PRC 1100 Dicut DB 25Y Edition、Schmolke 1K Carbonシートポスト、Selle Italia SLR C59サドルといった選りすぐりの超軽量パーツを採用しています。

▼270gのステム一体型ハンドル CP20 Evocockpit Copyright: Tino Pohlmann / Canyon Bicycles
▼軽量化のための、ミニマルなペイント Copyright: Tino Pohlmann / Canyon Bicycles
▼61gのSELLE ITALIA SLR C59サドル、120gのSCHMOLKE 1K Carbonシートポスト Copyright: Tino Pohlmann / Canyon Bicycles
▼1,283g のDT SWISS PRC 1100 DICUT DB 25Y Edition Copyright: Tino Pohlmann / Canyon Bicycles

 

カチューシャ・アルペシンのライダーがツール・ド・フランスで使用中

 

現在開催中のツール・ド・フランス2019では、チームプレゼンテーションからカチューシャ・アルペシンの総合エース、イルヌール・ザカリン、そしてリック・ザベルがアルティメット CF EVO Discを使用しています(リック・ザベルについては平坦ステージではエアロード CF SLX Discを使用)。

 

■「アルティメット CF EVO Disc 10.0 SL」完成車仕様

フレーム:Canyon Ultimate CF EVO Disc 641g
フォーク:Canhyon One One Four EVO Disc 285g
ステム一体型ハンドル:CP20 Evocockpit 270g
グループセット:SRAM RED eTap AXS HRD 12S 48/35 – 10-28 2,518g
ホイール:DT SWISS PRC 1100 DICUT DB 25Y Edition 1,283g
タイヤ:CONTINENTAL Grand Prix TT 25mm 190g
サドル:SELLE ITALIA SLR C59 61g
シートポスト:SCHMOLKE 1K CARBON 120g
完成車平均重量(Mサイズ):Sub-6kg
完成車価格:1,139,000円(税・送料別)

 

「アルティメット CF EVO Disc 10.0 SL」をCROSS COFFEEにて日本初公開

7月13日(土)〜15日(月)の3日間、東京・稲城市のCROSS COFFEE -chocolate & sandwiches- にアルティメット CF EVO Disc 10.0 SL実車(XSサイズ)を展示します。またドリンク・フードをご注文いただいたお客様には、キャニオンステッカーと缶バッヂをプレゼント。CROSS COFFEE は多摩川サイクリングロード、尾根幹至近というサイクリングのメッカに立地しておりますので、ぜひこの機会に美味しいドリンク・フードを味わいながら、間近で実車をご覧ください。

CROSS COFFEE -chocolate & sandwiches-
場所:〒206-0812 東京都稲城市 矢野口227−1 グランツドルフ 1階
入場料:カフェのご利用をお願い致します。
営業時間:7:00-18:00
展示期間:7月13日(土)〜15日(月)※期間中はこの1台のみ展示となります。

 

新型アルティメット CF EVO DISC 特設ウェブサイト
https://www.canyon.com/ja-jp/collections/evo-collection.html

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

No more pages to load