【TEAM ユキヤ通信 2019 №22】リーダーチームとして走りレースをコントロール

7月24日から、イタリアのヴェネト州(ヴェネチィア県)を舞台に開催中の『アドリアティカ イオニカレース』に出場している新城幸也選手。

総合成績1位の選手を擁するリーダーチームとして走った第4stageは200kmを超える長丁場。新城選手は50km以上に渡り先頭を牽き、レースをコントロールし、リーダーを守り、自身も無事にフィニッシュしている。

スタート地点で笑顔を見せる新城選手 Photo Bettini Photo

以下、新城選手のレポートとコメント。

「下り基調の前半で少人数(5人)を逃がす事に成功し、その中で最も総合成績が良かった選手がリーダーのマークより10分遅れだったので、チームメイトのドメンと2人でタイム差を最大6分まででコントロール。自分達は逃げ切ってもらっても、総合が逆転されることはないので余裕があるので、ステージ優勝を狙いたいチームの助けを待ちながらレースを進めました。

90km地点からドゥクーニンクの1名がペースアップしその後トレックが1人続いた。120km地点から2チームから2人づつ先頭を引いてくれ、みるみる前との差は縮まり、自分の今日の任務はほぼ終わったが、それでも何が起こるか分からないので可能な限り集団に留まり、残り40kmの山岳賞ポイントで遅れてグルペットでゴールを目指した。

今日は調子良く先頭を引き続ける事が出来た。リーダーしっかり守れたし。最終日の第5stageは予定は130kmだが、100kmのレースになるかもしれない。

ツールドフランス同様にこちらイタリアも天気がおかしく、レースが左右される。今日も雷の鳴ってる中でのレースだった。とにかく、最終日もリーダーを守り、無事にレース終えたいと思う。」

 

公式WEBサイト https://airace.it/

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB TOPへ

No more pages to load