【DOWNHILL SERIES】#2 PROクラスで秋元拓海が優勝

8月10日~11日、2019年シーズンDOWNHILL SERIES、#2 ウイングヒルズ白鳥リゾート(岐阜県)が開催された。

PROクラスでは、タイムドセッションに引き続き秋元拓海選手(KONA RACING TEAM)が優勝。去年のニセコ大会以来2度目の優勝となった。

地元スタッフでもめずしいというほどの晴天続きにより、コースは土ぼこりが舞うくらいのドライコンディション。

開催両日ともに快晴で気温も35度の夏らしい暑さの中、キッズライダーからトッププロまで約60人のエントリーとなった。

翌月9月14-15日(土-日)には国内公式シリーズ「Coupe du Japon」(クップ ドゥ ジャポン)も開催されるとあって、それに向けて参加するライダーも目立った。

乾きすぎて逆に滑りやすくなった難しいコンディションの中、土曜日のタイムドセッションで最速タイム2分41秒766をマークしたのは若手有望株の秋元拓海(KONA RACING TEAM)、2.897秒遅れの2位にはチームメイトの井手川直樹(KONA RACING TEAM/STRIDER)、3位には4.022秒遅れで金子匠選手(&stream…小川輪業)だった。

レース本戦となる11日も朝から快晴の真夏日、コースはさらに乾き、荒れているセクションが目立ち始めていた。

ファーストタイマークラスから始まり、レースは順調に進行、全日本選手権のような顔ぶれのオープン女子クラスは中川弘佳が2位に4秒004の差をつけ勝利を掴んだ。

大注目の男子プロクラスは下剋上勝ち上がりシステムにより、エリートクラスで優勝しプロクラス参戦となった山田ルーカス淳一(SANTA CRUZ/重力技研/Body architect)が2分35秒004の好タイムを出すものの、その後開幕戦の優勝者である泉野龍雅(自転車道)が2分34秒945で更新。

そして最終走者は秋元。前日トップタイムをマークした秋元はこれまたコンマ差となる2分34秒484をたたきだし、タイムを更新!!見事に勝利した!!

大興奮のままレースは幕を閉じた。

タイムドセッションリザルト
https://drive.google.com/open?id=1uLSU_YlxcXLa2mA9L_n-KKLgzmCr659I

タイムドセッション総合リザルト
https://drive.google.com/open?id=1ubRJ249ravHBgEyHRtWLKRe05D7X1rte

本戦リザルト
https://drive.google.com/open?id=1l-9OtfeUAGmkPdZtrDBJt01IDRvwFmpU

本戦総合リザルト(参考)
https://drive.google.com/open?id=17bsNxHzQg1jaahcU_LpL1wrCHPqsBFp_

PHOTO&REPORT:黒沢大介

 

次戦は8月31-9月1日NISEKO Grand HIRAFU(北海道)。エントリー受付中!

DOWNHILL SERIES
http://dhseries.jp

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB TOPへ

No more pages to load