【DOWNHILL SERIES】ダウンヒルレースに参戦!

下りコースを走ってタイムを競うダウンヒルレース!

ダウンヒルと聞くと少し怖そう、危なそう、といったイメージがあるかもしれませんが、しっかりとコントロールできるスピードで走れれば、じつはダウンヒルバイクでなくても楽しめます。

プロの世界ではコンマ数秒を競う世界ですが、レースはレベル毎にカテゴリーが分かれていますので、ライバルと切磋琢磨して上のカテゴリーを目指すのもおもしろいんです。

ダウンヒルレースは2日間開催が通常!

ダウンヒルレースは1日目に試走&タイムドセッション、2日目に本戦というレースが通常の流れです。

タイムドセッションとは本戦と同じようにスタートしてタイム計測をします。

自分の調子やライバルとの差を確認することができますので、本番へ向けてのペース配分やライン選択などが試せるいい機会となります。

そして、各カテゴリーのなかでこのときのタイムが遅い順から、本戦を走ります。

どうしてもスケジュールがとれないという人でも、2日目も受付を行っているようなレースでは、タイムドセッションなしで当日に試走&本戦一発勝負!もありです。

レースによって異なるのでスケジュールなどをチェックするといいです。

ダウンヒルレースを楽しもう!

今回は8月12~13日に開催されたDHシリーズ第3戦ウイングヒルズに参戦です。

DHシリーズは、全7戦。とくに事前登録等も必要なく、誰でも気軽にダウンヒルレースに参加することができる国内シリーズ戦です!

ウイングヒルズは長年に渡り国内公式シリーズやこのDHシリーズを開催し、コースも専属のディガーたちが作り上げた、この場所でしかない設計です。

幅広いゲレンデセクションからシングルトラック、ジャンプまでバリエーションに富んでいて、お盆休みシーズンの始まりでもあり遠方からの参加者も多かったです。

 

1日目も2日目も晴天でコースもスーパードライコンディション!絶好のレース日和となりました。

 

スタート地点までは、ゴンドラに自転車を載せて向かいます。

※今シーズンは大会期間中と9月7-8日、14-15日しか稼働しない予定。

山頂はかなり景色がいいのでリラックスできます。

スタート台もしっかりと組まれていて、レースに向けてモチベーションも上がります!

それぞれがコースの攻略を楽しみながら真剣に、練習時間を使っていました。

このDHシリーズは練習時間が長めに設定されていますので、レース当日しかスケジュールが空いていない!というライダーでもしっかりと準備してレースに臨むことができるんです。

もちろん難セクションには迂回ルートもありますので、これは難しいかな~と思ったらムリせず迂回をしましょう。

ケガなく楽しくレースを終えることが一番です!!!

 

午前中一杯の練習時間を終えて、昼過ぎにいよいよレースが始まります。

各カテゴリーごとにレースは進行し、最後には大注目のプロクラス。

ビックリするようなスピードでジャンプを飛び、難セクションを下るトップライダーたちにギャラリーも大盛り上がりでした!

 

DHシリーズは毎戦「プロクラス優勝ライダーは誰だ?!」の投票ボックスを用意しており、憧れのライダーや地元出身ライダーなど自分の好きなライダーへ投票できます。

見事に当たると、抽選で「次回以降の1レースエントリー費無料券が当たる!」んです。

PHOTO&TEXT:黒沢大介

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

BiCYCLE CLUB TOPへ

No more pages to load