BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

災害時の備えとしてもおススメ!あさひ「エマージェンシーバイクシリーズ」

株式会社あさひは、8月下旬より、災害時の備えからアウトドアなど多目的なシーンで活躍する「エマージェンシーバイクシリーズ」の販売を、全国のサイクルベースあさひ各店舗、あさひ公式オンラインショップ、あさひ楽天市場、あさひYahoo!店にて開始する。以下、プレスリリースより。

「備える」「積載する」「移動する」を解決

災害時は様々な物資を備える必要があり、そして物資を避難所等に運ぶ場面も多くあります。災害時は交通集中により車での移動が困難となることが多くあり、自転車での移動は有効的となります。エマージェンシーバイクシリーズは「備える」「積載する」「移動する」の3つの要素を解決するために開発しました。パンクの原因となる釘やガラス片などが落ちているような悪路でも自転車もトレーラーも「パンクしないタイヤ」で安全に走行が可能です。「パンクしないタイヤ」にはチューブを使用していないため乗車せずに長期保管しても空気が抜けてしまうこともありません。

また、災害時以外であってもキャンプやバーベキューなどアウトドア、資材や機材の運搬など、多目的な用途で活躍する自転車です。

■走行性能
パンクの原因となる釘やガラス片などが落ちているような悪路でも、自転車もトレーラーも「パンクしないタイヤ」を採用し安全に走行が可能です。また、チューブを使用していないので乗車せずに長期保管をしていてもタイヤから空気が抜けてしまうこともありません。

■積載力
普通の自転車では積載できない重たい荷物を安心して運ぶことができるサイクルトレーラー。災害時に運搬が必要な物資や大きな荷物なども「エマージェンシーバイク」「サイクルトレーラー」「収納ケース」を組み合わせることで簡単、安心、安全に最大で250リットル(30kg)まで積載・運搬が可能です。

■収納性
エマージェンシーの自転車とトレーラーは、どちらもコンパクトに折りたたむことができ、まとめて収納ケース内に収めて保管が可能です。収納ケースは軽量で耐久性の高いプラスチック製で長期間の保管でも問題ありません。

▼エマージェンシーバイク
販売価格 :29,980円(税込)
カラー  :レッド、カーキ
タイヤ  :16型
適応身長 :140cm~180cm
重量   :13.7kg
変速   :なし
折りたたみ時サイズ:730×430×630mm(全長×横幅×高さ)
フレーム・フロントフォーク:スチール
発売日:2019年8月下旬より販売開始予定
購入方法:サイクルベースあさひ各店舗、あさひ公式オンラインショップ、あさひ楽天市場、あさひYahoo!店
※一部の店舗では、取り寄せ対応となる店舗もございます。

 

▼エマージェンシーバイク用トレーラー
販売価格 :19,980円(税込)
カラー  :ブラック
タイヤ  :16型
重量   :10.4kg
サイズ  :1,370×710×530mm(全長×横幅×高さ)
折りたたみ時サイズ:770×585×160mm(全長×横幅×高さ)
最大積載重量:30kg

▼エマージェンシーバイク用収納ケース
販売価格  :9,980円(税込)
カラー   :ブラック
材質    :プラスチック
重量    :2.7kg
サイズ   :695×500×810mm(全長×横幅×高さ)
最大積載容量:250リットル

エマージェンシーバイクシリーズの詳細はこちらをチェックしよう。
https://www.cb-asahi.co.jp/lp/products/ownbrand/emergency

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load