BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

短めクランク最大のメリット【西山自転車商会】

編集部員は表の顔 じつは旧車好きのレストアラー
全国各地で古いパーツを漁る自転車マニアの日記

先日、フィッティングを行ったらサドル高を1cmも下げられてしまった。mm単位のフルオーダーフレームに乗っているのに、1cmのサドル高マイナスは致命的だ。作り上げた美学が根本から崩されてしまう。

そこで短めクランクだ。ペダル下死点が上がればサドルは上げられる。170mmを160mmにすれば、1cmサドルが上げられる。これは、ラクに回せることより自分にとってはデカい。短いクランクは、美学的にカッコ悪いというところは、この際無視。

さて、先日次男の自転車をクルマで踏みつぶしてしまった。よって次男は長男が乗っていたバイクにやや早めのデビューとなった(長男は押し出しを食らって、いまはダホン)。やっぱりちょっと身長が足らないようで、シートポストが埋没している。

8月号の編集後記にも書いたが、死角に止まっており、誤ってクルマで轢いてしまった次男の愛車
棒のところが埋没してシートクランプで固定できない。サドルもすでに薄いものを使っているのでどうしたものか

そこで短めクランクだ。もとは165mmのところ、154mmのクランクを入れて下死点11mmアップ。シートポストの棒がようやく顔を出した。

そこで短めクランクを導入。もとは165mmを154mmに。次男の身長は150cmなのでフィッティング的にもよい

自転車美学でいうと美しいシートポストの出しろを演出するために、昔はサドルの厚みやシートポストのヤグラ形状で調節していたのを思い出す。

クランク長でも調節できるなんて、今まで思いもよらなかったなあ。トレンドアイテムが生んだ福音だ。それで、ペダリングが上手く感じられるのだから、なおいい。

ステムも突き出し70mmを50mmに変更。スレッドステムは、バーテープやレバーも外さなきゃならないので面倒
なんとか乗れるようになった650Cロード

 

西山自転車商会の記事はコチラから。

「西山自転車商会」 一覧

出典

SHARE

PROFILE

ニシヤマ

編集部員

ニシヤマ

新元号は令和じゃなくて東叡がいいと密かに思っていた非レーサー系オヤジ編集部員。中学2年で茶色いランドナーをオーダーしていた過去をもつ、生粋のヲタクランドナー乗り。

ニシヤマの記事一覧

新元号は令和じゃなくて東叡がいいと密かに思っていた非レーサー系オヤジ編集部員。中学2年で茶色いランドナーをオーダーしていた過去をもつ、生粋のヲタクランドナー乗り。

ニシヤマの記事一覧

No more pages to load