BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

パンク修理完全ガイド!ロードバイク(自転車)乗りが覚えておきたい基本テクニック

PAGE
5 / 6

覚えておきたいチューブのパッチ修理

ロードバイクのパンク修理ではチューブ交換が一般的といったが、何度もパンクしてしまってチューブがなくなってしまった場合は、パッチを貼って対応するしかない。最終手段的なテクニックだが、しっかり覚えておこう。また、これはママチャリの修理などでも役立つ。

まず覚えておきたいのがパッチのサイズだ。そして、ゴム糊はしっかり乾かしてから貼るということ。パンクしたからといって焦るとしっかり修理できず、スローパンクしてしまう可能性もある。ここまですべてできるようになれば、パンク修理マスターだ!

パッチ修理で使うアイテム

パンク修理キット

ロードバイクのチューブに合ったパッチとゴム糊、紙ヤスリを用意しよう。それぞれ単品で購入すか、すべてを同梱したパンク修理キットもあるので1セットは持っておきたい。なくなったら随時補充しておこう。

接着剤とは違う? パッチ修理のメカニズム

ゴム糊は接着材ではなく加硫剤で、ゴム同士を溶かして一体化させるというメカニズム。乾かす=時間を置くことでゴムが溶け、パッチが付きやすくなるのがポイントだ。そのため、焦って貼ると逆にパッチが付かなくなってしまう。

チューブに合ったパッチの選び方

修理キットを買うといくつかのサイズのパッチが入っているので、チューブの幅に合ったものを選ぼう。選ぶときの目安はチューブからパッチがはみ出ないことで、上の場合は左が正解だ。

パッチを使ったパンク修理の方法

チューブの穴を確認する

前術の手順に従って、チューブの穴位置を確認する。穴が複数開いている場合もあるので、この段階で全周をくまなくチェックしておこう 。

紙ヤスリでチューブ表面を荒らす

穴周辺の油汚れや水気を除去し、パッチよりも大きい範囲を紙ヤスリで荒らす。

荒らした部分には触らず、ゴミが付かないように注意しよう。紙ヤスリをかけた箇所は光沢が消え、マットな質感になる。

穴付近ゴム糊を均等に塗る

穴を中心にゴム糊を塗り、パッチよりも大きい範囲になるように指で伸ばす。

ゴミが付かないように注意し、ツヤがなくなるまでしっかりと待つ。

パッチの台紙(裏紙)をはがす

台紙(銀紙)をゆっくりはがす。オレンジの面がチューブに貼る面なので、ここにもゴミが付かないように注意しよう。

パッチをチューブに圧着する

ゴム糊を塗った面にパッチを当て、上から指でしっかりと押しつける。

中心から外側に押し出すようにして力をかけるのがコツだ。タイヤレバーを使ってもいい。

フィルムをはがして完成

十分に圧着したら、フィルムをゆっくりとはがそう。縁までしっかり貼れていれば写真のようにキレイにはがせるはず。空気を入れて漏れがないかを確認し、問題がなければタイヤにはめて作業完了だ。

出典

SHARE

PROFILE

トモヒロ

Bicycle Club / DIY系自転車ビルダー

トモヒロ

メッセンジャー⇒自転車屋⇒BiCYCLE CLUB編集部⇒ホビービルダーという、自転車についてだけ遠距離パワー型のFUNQディレクター。休日の楽しみは娘と自転車で散歩、文房具屋巡り。

トモヒロの記事一覧

メッセンジャー⇒自転車屋⇒BiCYCLE CLUB編集部⇒ホビービルダーという、自転車についてだけ遠距離パワー型のFUNQディレクター。休日の楽しみは娘と自転車で散歩、文房具屋巡り。

トモヒロの記事一覧

No more pages to load