BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

東京都渋谷区・レシオ・アンドシー【TOUR de CAFE-サイクルカフェ物語】

さまざまなサイクリストを一杯のコーヒーがつなぐ

「ただのブランディングショップではなく、もっと人と人をつなぐ場所になりたいと思っています」と野村さん。

カフェ部分は都内に5店舗を展開するコーヒーのスペシャリスト集団、「オニバスコーヒー」に委託。マネージャーの田崎将司さんは、「オニバスコーヒーには自転車好きのスタッフが多く、全店舗にサイクルラックがあります。それを知ったブリヂストンサイクルさんに声をかけていただき、このお付き合いが始まりました。僕自身も、気持ち的には自転車サイド。自転車は4 〜 5台持っています。コーヒー好きのお客様には自転車を、自転車の人にはコーヒーを、もっと知っていただきたいですね」と目を輝かせる。

時間の質が変わるような、お客様の思い出に残るような場所にしたいんです。田崎さんの何気ないその言葉に、この店が目指す姿、そしてスタッフの思いがにじんだ。

店内に入ると、自転車、カフェカウンター、雑貨、本などが、どっと目に飛び込んでくる。「お客様に、ここは何屋さんですか?と聞かれることもあります」と笑うのは、ブリヂストンサイクルの野村麻子さん。

ここはブリヂストンサイクルによる、コミュニティスペース。アンカーのクロモリバイク、ネオコットのオーダーができたり、レンタサイクルが利用できるほか、本や陶器など、自転車に関連するさまざまな展示販売を行っている。またサイクリングツアーや、ワークショップなど、サイクルカフェの枠にとどまらない活動も盛んだ。

東京の青山エリア、おしゃれなショップが軒を連ねる一角に店がある
ネオコットの実物を見ながらオーダーができる。この左奥にはパークツールがズラリと壁にかけられたメンテナンスブースも
取材日は東京オリンピックにちなんで関連した書籍を展示販売中。専門のブックセレクターさんによるチョイスだ
夏はこの水出しコーヒー(500円/税込)、バナナブレッド(380円/税込)が人気。ストローはステンレス製。コーヒー豆は、海外に足を運び仕入れている

RATIO & C
東京都渋谷区神宮前3丁目1-26
TEL. 03-6438-1971
営業時間:08:30(ショップ10:00)〜19:00(土日10:00〜19:00)
定休日:水曜日
席数:20
サイクルラック:4台分(+店内4台)

出典

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load