BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

【令和元年度 第3回自転車セミナー】地方活性化を担う自転車イベントなどがテーマ

日本自転車普及協会が、11月21日(木)に、東京都品川区の自転車総合ビルにて令和元年度 第3回自転車セミナーを開催する。詳細は以下のとおりだ。

令和元年度 第3回自転車セミナー

「地方活性化を担ったサイクルスポーツイベントとサイクルツーリズムについて」

★講 師:山口文知 氏(サイクルアドバイザー・自転車文化センター勤務)
★講師からの自己紹介:
1990年初頭、マウンテンバイク大会の黎明期に中部山岳のスキー場を中心に、ゲレンデにコースを造り、参加者と共に手探りで開催しましたが、競技の経験や知識不足、ゲレンデの地形に変更を加えられない制約などから怪我人が続出しました。その他、日本初の本格ヒルクライムイベントであり、今年で34回もの開催をした乗鞍ハイランドフェスティバル(現マウンテンサイクリングin乗鞍)の初期から中期までの開催を担い、第1回の開催では参加者300人足らずでしたが、乗鞍高原のロケーションやヒルクライムブームが後押しし、瞬く間に4000人超える程にもなりました。しかし、本来「ヒルクライムイベントでは怪我人は出ない」と言われていたにも関わらず、怪我人と共に死者が出てしまいました。

この痛ましい事態に対処し向き合うため、痛切に感じたのは、地元民をはじめとした大会関係者とのコミュニケーションであり、リスクマネジメントでした。私は当時それらを肌身で感じながら経験し、培ってきました。今回、サイクルスポーツイベントに対する思いと共に、私の自転車の原点であるランドナー(小旅行車)での旅の経験と培ったコミュニケーションとリスクマネジメント通じてサイクルツーリズムについて語りたいと思います。

◆ 2019年 11月21日(木) 18時~21時(懇親会は19:40~)
◆会場:自転車総合ビル6階 601会議室
◆住所:東京都品川区上大崎3-3-1(※目黒駅下車)
◆参加費:セミナーのみ1,000円/セミナー&懇親会2,000円
◆定員:60名
◆お申込み・詳細はこちらより:http://www.bpaj.or.jp/?tid=101468

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load