【トラックワールドカップ第1戦】男子ケイリンで松井宏佑が銅メダル

東欧ベラルーシ・ミンスクで開催の『2019-2020トラックワールドカップ第1戦』で、11月2日に男子ケイリン決勝が行われ日本勢は松井宏佑が3位に入り銅メダルを獲得した。世界の強豪が揃ったワールドカップのシーズン初戦ながら、 ワールドカップデビュー戦の松井が見事な走りで日本のケイリン種目における層の厚さを見せつけた。

トラックワールドカップは今大会が2019-2020シーズンの初戦。2020年1月までに全6戦が行われ、世界選手権、東京オリンピックへ向けた最後の出場枠争いとなる。

■松井宏佑のコメント
レース前は優勝を目指すと言っていましたが、まさか銅メダルを獲得できると思っていませんでした。僕は初めてのワールドカップなので、失うものは何も無く、アピールできればと思って戦ったのが良い結果にへ繋がったのではないかと思います。

レース結果(日本人参加種目のみ掲載)

男子ケイリン
優勝:ハリー・ラブレイセン(オランダ)
2位:デニス・ドミトリエフ(ロシア)
3位:松井宏佑(日本)
9位:小原佑太(日本)
https://www.tissottiming.com/File/0003110103010304FFFFFFFFFFFFFF02

女子スプリント
23位:太田りゆ(日本)
https://www.tissottiming.com/File/0003110103020106FFFFFFFFFFFFFF02

*その他種目結果
https://www.tissottiming.com/2019/ctrwcI/en-us/default/pdf

 

JCF Twitter (速報配信中)
https://twitter.com/JCF_cycling

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

BiCYCLE CLUB TOPへ

No more pages to load