【速報】増田成幸選手がツール・ド・おきなわ優勝!

11月10日、沖縄県北部にて開催されたツール・ド・おきなわにて、増田成幸選手(宇都宮ブリッツェン)が独走で優勝した。

前半はリックバンブレッダが15分差の逃げ

レーズ前半、積極的に動いた山本元喜(キナン)、リックバンブレッダ(WTC アムステルダム)ら3名が先行し、メイン集団とのタイム差は15分ほどとなり、そこからリックバンブレッダが独走で3分差をキープしながら170km地点の慶佐次まで先行した。

これに対して追走は宇都宮ブリッツェン、チームブリヂストンサイクリング、チームUKYOが中心となりリックバンブレッダを吸収。羽地ダムまで40名程の集団となった。

増田が羽地ダムから単独でアタック

最後の上りとなる羽地ダムで動いたのは増田だ。

このモーションで集団は分解し、追走できたのはチームUKYOの2人地元沖縄の内間、ベンジャミンと石橋(チームブリヂストンサイクル)のみ。そのまま増田は3人に追いつかれずに独走を続け見事優勝を飾った。

増田を追走する石橋と内間

「チームメイトの力で東京2020へ向けポイントを獲得できた」

レース後の増田のコメント

「一度のミスで台無しにしてしまう場面で鈴木譲や鈴木龍がしっかりと展開してくれました。脚がちぎれても踏み切りたかった ほかチームの選手から本命と野次られながらの出走でしたが、独走でまわりを納得させる勝利だったと思っています。独走中に支えてくれたチームメイトに感謝をしながらペダルを踏み続けた このコースは最後のイオン坂まで気が抜けないコースです。そこを抜けたときに勝ちを確信しました。 ブリッツェンはUCIレースに参加できる機会がそこまでないので、オリンピックにむけて貴重なポイントを獲れたことは正直嬉しいです」

リザルト 国際ロードレース男子

優勝 増田成幸(宇都宮ブリッツェン)
2 位 内間康平(チーム UKYO)
3 位 ベンジャミン・プラデス(チーム UKYO)

ツール・ド・おきなわ 公式サイト
www.tour-de-okinawa.jp

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

BiCYCLE CLUB TOPへ

No more pages to load