BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

直撃インタビュー! 入部選手NTT・プロサイクリング移籍&今後

11月15日午前8時、入部正太朗選手の緊急記者会見が東京・六本木にあるANAインターナショナルホテルで開催、NTT・プロサイクリングのチーム監督ダグ・ライダー氏も同席のもとおこなわれた。

じつは11月14日午後7時30分に発表されたシマノレーシング入部正太朗選手の、NTT・プロサイクリングへの移籍は昨日急遽サインにいたったという。チームからリリースされたジャージ姿もじつは昨晩六本木で撮影したというからそのスピードには驚く。

とにかくしゃべることでチームとコミュニケーション

関係者によると全日本選手権を獲得してから、その前段となるコンタクトはあったものの、その決定は本当に直前だったという。このため、入部選手としては今後の動きはまだわかっていないという。

また、海外の経験についてはシマノレーシング時代にオランダを拠点に1カ月ほどのレース活動をしてきた入部選手。また、英語の勉強はしてきたという。

「英語のレベルはまだまだですが、とにかく話すのは好きなんで、昨日もはじめてボアッソンバーゲン選手など、自分にとってあこがれの存在でもある選手と夕食をともにして、楽しいヤツだ! ということは伝わった思います」という。その明るいキャラクターを生かしてチーム内でコミュニケーションをとっていきたいという。確かに記者会見の最中、ダグ監督の冗談を笑って返す余裕をみせたので、その実力はなかなかのようだ。

ナショナルチャンピオンジャージを背負って走る覚悟

「ナショナルチャンピオンジャージを着て、プロツアーレースを走れることはすごくうれしいことですし、責任あることだと思います。さすがにレベルの高い世界なので、どこどこに勝つ! みたいな気軽に目標を挙げることはできませんが、選手ならだれでもあこがれる、3大ツール、ジロ、ツール、ブエルタは走りたいと思いますけど。

年内にはチームと合流するため、これからあわただしい日々が続きます。急に決まったことなので、亡くなった父のことなど実家のこともいろいろあり、やらないといけないことはいろいろありますからね。家族と一緒というわけにはいかず単身赴任ですね」と入部選手。

ダグ監督によるとチームで合流し、スペインで合宿しながら参加レースをチームのプログラムにのっとって決めていくという。1デイレースを走る実力はダグ監督も認めているが、ステージレースの経験はこれからということで、短いステージレースから経験を踏んでいく見通しだという。

発表当日に六本木で撮影されたジャージ姿 PHOTO:NTTプロサイクリングチーム

ナショナルジャージのデザインは?

編集部ではダグ監督に、入部選手のナショナルチャンピオンジャージのデザインについて聞いてみた。

「入部選手が着るナショナルチャンピオンジャージについてはこれからデザインを考えるところなんです。日本の国旗のデザイン、赤いボールを使ったデザインができたら素敵だと思います。そのナショナルチャンピオンジャージがワールドツアーのペロトンを走るのは楽しみだよね。デザインをたのしみにしてください」

これからの入部選手の活躍、そしてナショナルチャンピオンジャージを着た姿が発表されるのが楽しみだ。

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load