BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

フォーアイ・フライトスマートトレーナー【TEST ME】

編集部が気になるパーツやアクセサリーをインプレッション! 今回は静かで振動が少なく、バッテリー式だから屋外でも使えるフォーアイ・フライトスマートトレーナーを編集部・山口がテスト!

非接触式だから静か!

パワーメーターブランドとして知られる4iiii(フォーアイ)から、画期的なスマートトレーナーが発売される。マグネットを利用した非接触式なのでタイヤの摩耗もなく、さらに音も振動も少ないのが特徴だ。従来のタイヤ接地式のホームトレーナーならばタイヤを押し付けたりするが、このスマートトレーナーはタイヤやリムとスマートトレーナーが接することなく、リニアモーターカーのようにリムにマグネットを近づけることで抵抗を生じるしくみだ。このため機械的な摩擦音はなく、あくまでもディレイラーやチェーンの駆動音がするのみ。静かで振動も少ない。

バッテリー内蔵なので屋外でも2時間使える

ケーブルをつなげば普通のスマートローラーとして使えるほか、バッテリー内蔵なので屋外でも使えるので便利だ。さらに折りたため、重量も軽いためレース会場でも使うことができるのだ。内蔵バッテリーでの持続時間は2時間もつので、十分といえるだろう。

組み立て時の大きさ

コンパクトに折りたたむことができるので、遠征にも便利だ。折りたたんだときのサイズは56×51×10㎝(実測)

バーチャルライドにも対応

また、ブルートゥースによる双方向通信になっているため、ZWIFTなどのバーチャルライドでの自動負荷設定にも対応する。6万円代でバーチャルライドの自動負荷に対応するのは破格ともいえるだろう。さらに負荷調整はスマホのアプリを使うと負荷調整もできる。

フォーアイ・フライトスマートトレーナー

6万2000円(税抜)
最大負荷/2200W 再現最大斜度/ 7% 通信/ ANT+、Bluetooth ワイヤレス駆動時間/2時間対応リム/アルミ合金リム(650C-700C、26 ~ 29インチ)

実際に使ってみると「これは静かだ!」

バイクをセットし、電源を入れてみると自動的にマグネット位置が修正される。そして、漕ぎ出してみるとマグネットが位置を自動的に変えなら負荷を調整していく。聞こえる音は、チェーン、プーリーやスプロケットが回る音、そしてスマートトレーナー本体のマグネットの位置を調整するためのサーボの作動音のみで、一般的なホームトレーナーにある回転による振動や音はホントどない。これならば室内で使っても階下の部屋にいれば気にならない。スマホを使って負荷調整ができるほか、ブルートゥースを使った双方向通信機能を備えるためバーチャルライドにも対応する。

TESTER/ヤマグチ

かつてはマウンテンサイクリングin乗鞍で入賞。ロード、シクロクロスで日本選手権出場経験をもつ。44歳を迎えた現在、体力の衰えをカバーしつつもロードレースやグランフォンドを楽しむため機材や身体のケアを研究する

問:トライスポーツ www.trisports.jp

 

その他のTEST MEの記事はコチラから。

「TEST ME」一覧

SHARE

PROFILE

山口

BiCYCLE CLUB / 副編集長

山口

バイシクルクラブ副編集長。かつてはマウンテンサイクリングin乗鞍で 入賞。ロード、シクロクロスで日本選手権出場経験をもつ。ただ、44歳を迎えた現在では体力の衰えをカバーしつつも、ロードレースやグランフォンドを楽しむため機材や身体のケアを研究している。

山口の記事一覧

バイシクルクラブ副編集長。かつてはマウンテンサイクリングin乗鞍で 入賞。ロード、シクロクロスで日本選手権出場経験をもつ。ただ、44歳を迎えた現在では体力の衰えをカバーしつつも、ロードレースやグランフォンドを楽しむため機材や身体のケアを研究している。

山口の記事一覧

No more pages to load