BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

MAVIC・コスミック・ アルチメイト【TEST ME】

編集部が気になるパーツやアクセサリーをインプレッション! 今回は、アッパー素材にケブラーと高張度ポリアミドを編み合わせた特許取得テクノロジー「マトリックス」を採用したハイエンドロードシューズ、MAVIC・コスミック・ アルチメイトを編集部・ハマダがテスト!

縫い目や補強パーツを省略! マヴィックの最上級シューズ

特許取得テクノロジー「マトリックス」を採用した、マヴィックロードシューズの最新にして最高峰の一足。
マトリックスとは、素材としてはケブラーと高張度ポリアミドを編み合わせたもの。ポリアミドメッシュの伸びに対し、非常に強靭なケブラーを自在に編み混むことで、部分的な強度調整が可能となり、最適なポジションへのフットマッピングサポートが可能に。合成素材アッパーの5倍、ニット素材アッパーの10倍の耐摩耗性で強靭、かつ軽量に仕上がっている。
またアウトソールにはエナジーフルカーボンSLを採用。「軽い、硬い、薄い」と3拍子そろったソールが、踏力をダイレクトにペダルへと伝達する。さらに最新のボアIP1ダイヤルをふたつ搭載することで、個人の足に応じた最後の微調整を行える。

マヴィックの最新ハイエンドロードシューズ

アッパー素材にケブラーと高張度ポリアミドを編み合わせた特許取得テクノロジー「マトリックス」を採用。縫い目の段差がなく、擦れや痛みの防止になる
くるぶしが当たる部分にクッションがある。じつはこれ、けっこう珍しい。もちろんフィット感がよくなる
「ブラック」はすでに発売中。象徴的なカラーである「イエローマヴィック」は2020年2月発売予定

MAVIC・コスミック・ アルチメイト

5万円(税抜)
●アッパー素材:マトリックス ●ソール素材:エナジーフルカーボンSL ●サイズ:24-29㎝(0.5㎝刻み) ●重量:200g(27㎝) ●カラー:ブラック、イエローマヴィック

さすが5万円のハイエンド! 長く使えそうな点を高評価

ハイエンドだけあって価格的に高い! だが、これは「イイ物」だ……。まずアッパー素材のマトリックスは編み込みの密度が非常に高い。細い糸をていねいに組み合わせ、しなやかなのに「ほんの少し硬い」。これまで履いてきたシューズのなかでも絶妙の好感触。薄くて軽いシューズは一度落車するとすぐ破れる(過去2度経験あり)が、おそらくこれは大丈夫そう。またフィット感も◎。タンの裏側、くるぶしのパッド、つま先部分の強化など……そこだよね!という部分がきっちり作られている。踏力伝達うんぬん以上に、とにかく履き物として素晴らしい。浜田史上No.1シューズ認定!

TESTER/ハマダ

元ショップ店員の編集部員。足のサイズは27~27.5㎝(ブランドにより異なる)。高機能でかっこいいシューズはもちろん好きだが、まず何よりもサイズとフィット感が大事だと考えている

問:マヴィックジャパン www.mavic.com/ja-jp

出典

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load