BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

DE ROSA・MERAK【ハシケンのロードバイクエクスプローラー】

スポーツバイクジャーナリスのハシケンが、今もっとも気になる最新モデルをピックアップ。
テクノロジーの詳細はもちろん、前モデルとの比較など徹底的に掘り下げて紹介。
100km走行から感じたライドフィールを明らかにする。

由緒ある風格を宿し、新たな一歩を刻んだ新生メラク

あらゆる性能が数値によって語られる風潮にある時代においても、慈愛にあふれる歴史により紡がれたブランドが色あせることはない。むしろ稀有な存在として輝きを放つときでもある。

クオーレことハートマークのブランドが誕生したのは1953年のことだ。イタリアで自転車競技が隆盛をみせていた当時、地元の英雄であるファウスト・コッピに憧れていた18歳の少年がいた。デローザ生みの親であるウーゴ・デ・ローザだ。ビルダーとして歩みだしたウーゴは、その後エディ・メルクスへフレームを供給するなど腕を磨き、世界的なブランドへと成長させていった。

現在、北イタリアのミラノ県にある体育館2つ分ほどの本社工場で、ウーゴの想いを共有した20名弱のスタッフたちが日夜バイク造りに精を出す。会社としての正式名称は、ウーゴ・デ・ローザ・エ・フィーリ。「ウーゴ・デローザと子供たち」という意味だ。まさにイタリアの自転車製造文化を家族経営によって粛々と継承する。

その情熱は、息子のクリスティアーノとダニーロ、そして孫たちへと受け継がれる。デローザ誕生66年めの、これまでの歴史を未来へ投影する「レトロ・フューチャー」の新コンセプトを体現するブランドロゴへと刷新。今回は、このメモリアルイヤーに誕生したメラクをインプレッションする。

 

TECHNOLOGY 【テクノロジー詳細】

デローザにとって節目の年に誕生した新型モデル「メラク」。
オールラウンダーとしての位置付けになるメラクのテクノロジーを見ていこう

トレンドを採用しつつ伝統を融合したイタリアンテクノロジーの結晶

新たなブランドロゴとともに、未来への第一歩を踏み出したデローザが送り出したニューモデル「メラク」。軽量モデルとして開発されたメラクは、生粋のオールラウンダーとなるキングやプロトス、エアロロードのSKピンニファリーナとともに新時代を牽引するモデルとして期待される。

ディスクブレーキを搭載し、ハンドル&ステムにはFSAのACRシステムを採用し、ケーブルのフルインターナル化を実現。ディスクブレーキ専用設計となり、スタイリッシュさを向上させる。

素材には30トンや46トンカーボンをブレンドし、ワールドツアーレベルに耐えうる剛性を約束しつつも、フレーム重量800gの軽量化を追求。

今シーズンよりプロコンチネンタルチームのコフィディスへのサポートが決定し、メラクは3大グランツールなどの山岳ステージでの活躍が期待される。ピンニファリーナが作り上げた新ロゴデザインはじめ、カンパニョーロ、セライタリア、エリートの地元イタリアンブランドと強固なパートナーシップを組んでいることも特徴。これらが性能と美しさを融合したコンプリートバイクとしての魅力を高めている点も忘れてはならない。

家族経営で大切な伝統を継承していく

1953年の創業以来、決して大きくない下町工房で数々の名車を生み出してきたデローザ。ウーゴ・デ・ローザのDNAを継いだ3世代にわたるファミリーが、伝統のイタリア自転車製造文化を守り続ける。ウーゴが手塩にかけて育てた職人の手によってていねいに作業されたバイクは、マスプロメーカーにはまねできない魂を宿していく

ACRシステムを採用しケーブル完全内装化

FSAが開発したエアロダイナミックインテグレーテッドケーブルルーティング(ACR)システムは、ケーブル類をフル内装し、美しく機能的なコクピットまわりを実現する。電動コンポのジャンクション等もステム内に格納される。FSA の軽量ハンドルやヴィジョンのエアロハンドルであるメトロン5D ACRハンドルバー/ステムと互換性がある

ディスクブレーキ化により磨きがかかったフロントセクション

クオーレのシンボルマークが輝くヘッドチューブは、上下1-1.5インチのヘッドチューブベアリングを採用。ディスクブレーキ専用設計により、スッキリとしたフロントフォークを実現する

優美さを兼ね備えたシンプルなダウンチューブ

新しいロゴを大胆にあしらったダウンチューブ。ボリュームを出した丸型断面基調としながらも、わずかにエッジを利かせ剛性をコントロールする。バイク全体をスタイリッシュに引き締めている

トレンドをくんだコンパクトなリア設計

シートチューブとD型断面のエアロシートチューブとのクロスセクションを下げることでコンパクトなリア設計を実現。やや横扁平させたシートチューブは路面からの振動を吸収し快適性を追求。タイヤクリアランスも十分に確保される

プレスフィット式BB86で軽量化を実現

フレームに直接ベアリングを圧入するプレスフィットタイプを採用することで、軽量化とBB幅の最大化による剛性向上を実現する。シンプルなBBまわりの設計は、素直なペダリングフィールを生み出す

D型断面の独自のエアロシートチューブを採用

空力性能に優れるD型断面のエアロシートチューブは、ペイントにもこだわりをみせ、トータルバイクとしての美しさを追求。内蔵クランプには臼式機構を採用。サドルはデローザロゴの入ったセライタリア製だ

イタリアンメーカーとの強固なパートナーシップ

デローザのラインナップ中で完成車パッケージが用意されるのは6モデルのみ。そのひとつがメラクだ。伝統的にイタリアンメーカーとの結びつきが強く、メラクの完成車にはカンパニョーロ・コーラスのディスクブレーキをアッセンブルする

GEOMETRY

 

100km IMPRESSION 【100km徹底乗り込みインプレッション

実走派ライター・ハシケンが、軽量オールランダーとして7年ぶりに復権を果たした
新生メラクを100km徹底インプレッション

レーシーなソリッド感と軽快さが至上の喜びに変わる万能レーサー

シャープで直線基調のフレーム設計は、軽量化を開発コンセプトに掲げたことをうかがわせる。さらに、メラクはケーブルのフル内装化とディスクブレーキ専用設計とすることで、ロードバイクのトレンドをくむことに成功した。スタイリッシュなロゴデザインを含め、それは一見すると過去との決別のようにも感じてしまうが、100kmにおよぶインプレッションを終えたとき、それは無礼な先入観であったことに気付かされた。具体的に何が違ったのか!?

まず、ファーストインプレッションとしては、ソリッドさと軽やかさの融合だ。過去のデローザに共通するピュアレーシングバイクらしい芯の強さは新型メラクにも強く感じられる。これはスルーアクスル化したことも影響している。路面を捉える感覚はダイレクトでソリッドだ。

一方で、ペダリングに対してはマイルドなフィーリングを残し、レーシングバイクながらサクサクと軽快にペダルを踏み込むめる。路面のつかみはシャープでありながら、ストレスを感じさせない剛性感がライダーのパフォーマンスを素直に引き出してくれる。それが新型メラクの印象だ。そこにはデローザらしい芯が通っており、それは高速域やハイパワー域でバイクの安定した挙動を導いてくれる。

コーナーや下りのシチュエーションでは、ヘッドまわりの剛性がしっかりと役割を果たしていることを実感できた。ステアリング性能は機敏であり、ライダー主導で操縦性を楽しめる味付けといえる。そこに軽量フレームにありがちな剛性不足や不安定性といったネガティブな印象は皆無だった。

フレーム重量800gの軽さの恩恵は登坂シーンで生かされてくる。断りを入れておくと、テストバイクのホイールは完成車スペックであるフルクラムのレーシング7のため、どちらかといえば登坂よりも巡航を得意とするモデルだ。それでも、坂道での軽快な走りは新型メラクの特筆すべきストロングポイント。

ペダルの入力に対して素直にパワーが伝達されサクサクと進んでいく印象が強く、ヒルクライムをしていて楽しくなった。さらに、スプリントで激しくもがいても、高い追従性とともに推進力を得られる万能性を確認できた。ヒルクライムレースに挑むのであれば、足まわりだけより軽量なモデルへとチェンジすることで、さらなる軽快さを約束してくれるだろう。

キビキビとした運動性能はピュアレーシングモデルそのものだが、そこにデローザらしい芯の通った安定性が加味されている新型メラク。軽さを主眼に置きつつも、エアロダイナミクス性能にも気を配っており、結果的に山岳に強い万能オールラウンダーとしての強みを獲得している。

最後に、デローザの魅力は性能だけでは語れないことも伝えたい。性能至上主義だけでなく、ブランドやモデル一つひとつにサイドストリーがある点も伝統のイタリアンレーサーの魅力だ。

それは、トレンドの最新機構を完全武装した新型メラクにも確かに宿っており、所有する喜びでオーナーの心を満たしてくれるに違いない。

INFO

デローザ/メラク
カンパニョーロ コーラスディスク12s完成車価格:67万円(税抜)
フレームセット価格:48万5000円(税抜)
■フレーム材質:カーボン(30トンT800+三菱46JB)
■コンポーネント:カンパニョーロ・コーラスディスク12s
■■ハンドル:FSA・SL-KコンパクトACR
■ステム:FSA・NS ACR
■ホイール:フルクラム・レーシング7 DB
■サイズ:43、46、48、50、52、54、56
■カラー:ブラックグロッシー、ブルーマット、ホワイトグロッシー
■完成車実測重量:7.3kg(50サイズ・ペダルなし)

 

IMPRESSION RIDER

ハシケン

ロードバイクに造詣が深いスポーツジャーナリスト。国内外のレースやロングライドイベントを数多く経験。Mt.富士ヒルクライムの一般クラス優勝、ツールド宮古島優勝。UCIグランフォンド世界大会への出場経験あり。身長171cm、体重62kg

問:日直商会 www.derosa.jp

 

ハシケンのロードバイクエクスプローラーの記事はコチラから。

「ハシケンのロードバイクエクスプローラー」一覧

出典

SHARE

PROFILE

ハシケン

BiCYCLE CLUB / スポーツジャーナリスト

ハシケン

ロードバイクに造詣が深いスポーツジャーナリスト。国内外のレースやロングライドイベントを数多く経験。Mt.富士ヒルクライムの一般クラス優勝、ツールド宮古島優勝。UCIグランフォンド世界大会への出場経験あり。

ハシケンの記事一覧

ロードバイクに造詣が深いスポーツジャーナリスト。国内外のレースやロングライドイベントを数多く経験。Mt.富士ヒルクライムの一般クラス優勝、ツールド宮古島優勝。UCIグランフォンド世界大会への出場経験あり。

ハシケンの記事一覧

No more pages to load