BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

今年は団体表彰も!「2days race in 木島平村」5月16-17日に開催決定

2020年5月16,17日に『2days race in 木島平村』が開催される。

同大会は、2days race in 木祖村と同じ構成で、土曜日は6.8㎞の個人タイムトライアルと81㎞のロードレース、日曜日は120㎞のロードレースを行う2日間で3ステージある本格的なステージレースだ。アマチュア選手やこれからトップを目指す若手選手たちに本格的なステージレースを経験してもらいたいという思いから、ツアー・オブ・ジャパンと意図的に日程を重ねており、UCIコンチネンタル登録以上の有力チームは原則的には出場しない。以下、プレスリリースより。

アマチュアライダーのための本格ステージレース

コース途中に周回賞やスプリント賞を設けるだけでなく、ボーナスタイムも付与され、ステージレースの醍醐味が味わえる日本でも数少ない本格ステージレースとなっています。5人~4人の選手から構成されるチームでの出場が必須となっており、リーダージャージを狙うチームは必然的にチームプレーが重要となっています。今年から団体総合成績を導入します

ステージレースなので、リーダージャージもあり、総合トップのリーダージャージは黄、スプリント賞ジャージは緑、新人賞は白、そして40歳以上のオーバー40はピンクが与えられます。ステージレースにより新人賞の年齢が異なります。木島平村では22歳以下の選手のために白色のリーダージャージを提供しています。リーダージャージは最大4種類と決められています。

新人賞のホワイトジャージ Photo by IKanbe

今年からUCI規則に準拠して 団体総合賞を導入します。そうです、ツールドフランスで黄色いゼッケンをつけているチームは団体総合1位のチームなのです。各ステージでチームごとの上位3選手の成績で競う団体成績の ステージ全体を通しての総合成績です。最終日に黄色いゼッケンを獲得したチームが 団体総合1位として表彰されます。私たちもこれに習います。

4賞ジャージが正面から ことしはこの後ろに団体総合が並びます Photo by IKanbe

土曜日の個人タイムトライアルは、スタート台からの本格的なスタートで、暫定上位3名はホットシートが準備されており、トップカテゴリーの個人タイムトライアルと同じことが楽しめます。そして何より、6.8kmという距離は国内ステージレースのタイムトライアルでは最長となっています。6.8kmで国内最長となっている現状を気にしてはいけません。

ステージ1A 個人タイムトライアル6.8km Photo by IKanbe

土曜日午後からは81km、日曜日は120kmのロードレースが行われます。短い上り坂もありますが、コースの大部分は公園隣接でほぼ平坦。集団にぶら下がっているだけならば、タイムトライアルで先頭から2分以上遅れた選手も完走でき、集団走行が上手いと完走できるコースになっています。

ただ、集団にいて最後の運だけで勝てると言うわけではないのがこのレースの面白いところです。ステージレースというのは、個人タイムトライアルの力、集団走行の技術、短いながらも繰り返される登坂力、2日間戦える持久力、個人総合成績を計算する戦略など選手の総合力が問われる大会であり、毎年なにかしらのドラマが生まれています。

そして、2015からこのレースの総合上位選手には、全日本選手権自転車競技大会ロードレースの参加の資格が与えられています。2018はエリートとU-23 そしてジュニアもは個人総合上位3名でした。

全日本選手権の参加資格を取得できる大会の半数はUCI国際競技会か国民体育大会のような都道府県代表の形で参加する大会です。実業団、クラブチームの選手たちにとって、数少ない参加資格を取得できる一つのチャンスです。

ステージレースの経験の少ない実業団の選手やジュニア選手たちには、ぜひこの本格風ステージレースを経験して、本当のロードレースの駆け引きや辛さ、楽しさを味わってもらいたいと思います。

参加締め切りは4月15日まで、詳細はオフィシャルサイトをご覧下さい。(2020年1月末掲載予定)

【オフィシャルサイト】
http://kisomura2days.com/

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load