BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

リムブレーキ完成車は5.67kg!「アルティメット CF EVO 2020モデル」が登場

「Canyon(キャニオン)」から、新製品が登場。「アルティメット CF EVO 2020モデル」がラインナップに加わった。以下、プレスリリースより。

リムブレーキ完成車5.67kg、ディスクブレーキ完成車6.00kgを実現

キャニオンは、最先端の技術と高い品質を、これまでにない価格で提供することをモットーとしています。それによりさらに多くのサイクリストが高性能な製品を使用でき、サイクルスポーツの素晴らしさをもっと体感できるようになるのです。しかし価格設定に制限を設けずバイクを開発できるとしたら、どんな製品を創り上げることができるのでしょうか?そこで本当の意味で究極のバイクを生み出すために、キャニオンエンジニアチームに自由な手綱を与えました。その結果が究極(=アルティメット)をその名に持つアルティメットシリーズの頂点、アルティメット CF EVOなのです。

アルティメットは、世界最高峰のロードレースシーンで長年に渡り成功した歴史を持つ、オールラウンドレースバイクの系譜です。2度の世界選手権(2009, 2018)と3つのグランツール(ジロ・デ・イタリア2014, 2019、ブエルタ・ア・エスパーニャ2016)総合優勝をはじめとした、数多の勝利を挙げてきました。これらレースでプロ選手たちへ供給されてきたのはアルティメット CF SLXクラスですが、そのネクストレベルとしてアルティメット CF EVOが開発されました。耐久性、剛性、快適性、使い勝手の面で妥協することなく、そしてさらにSLXクラスよりも圧倒的に軽量です。さらにアルティメット CF EVOはツール・ド・フランス2019でチームカチューシャのイルヌール・ザカリンにより全ステージで使用されており、実戦における信頼性が証明されています。

EVOはそのユニークなカーボンレイアップとエンジニアの経験、専門知識、情熱により、ごく少量のみが生産されます。その重量は、リムブレーキ仕様はフレーム665g、フォーク270g。ディスクブレーキ仕様はフレーム675g、フォーク285g(いずれもMサイズ平均重量)です。

しかし、EVOの魅力は単なる数値上の軽さだけではありません。フレームは、カーボン素材そのものの美しさを引き出すため、ごくミニマルなアートワークを施しました。そして、その完成車仕様はプロダクトマネジャーが厳選したパーツを採用。最先端、また超軽量で最高品質のパーツのみがアルティメット CF Evoに搭載されます。また自分でパーツを選び、夢の軽量バイクを組み上げたいサイクリストのために、フレームセットでの販売も行います。

アルティメット CF EVO完成車仕様

アルティメット CF EVOフレームセット仕様

 

完成車平均重量5.67kg、アルティメット CF EVO 10.0 SL
完成車平均重量6.00kg、アルティメット CF EVO Disc 10.0 SL
アルティメット CF EVO Discと同時開発された、CP20 Evocockpit CF
カーボン素材そのものの美しさを引き出すため、また軽量化のためごくミニマルなアートワークを採用
2020モデル完成車は、Quarq DZeroパワーメーターを標準装備
61gのSelle Italia SLR C59サドル、120gのSchmolke TLO UD Carbonを採用

 

キャニオン公式ストア「アルティメット CF EVO」特設ページ
https://www.canyon.com/ja-jp/road-bikes/race/ultimate/ultimate-cf-evo/

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load